各運動の主働筋群

頭部と頚椎の運動
頭部伸展
56.大後頭直筋 57.小後頭直筋 58.上頭斜筋 59.下頭斜筋 60.頭最長筋 61.頭板状筋 62.頭半棘筋 63.頭棘筋
83.胸鎖乳突筋(後部) 124.僧帽筋
頭前屈
72.前頭直筋 73.外側頭直筋 74.頭長筋 75.顎舌骨筋 76.茎突舌骨筋 77.オトガイ舌骨筋 78.顎二腹筋(前腹・後腹)
頚部伸展
64.頚最長筋 65.頚半棘筋 66.頚腸肋筋 67.頚板状筋 69.頚棘間筋 68.頚棘筋 124.僧帽筋 70.頚横突間筋
 71.頚回旋筋 94.多裂筋
頚椎屈曲
79.頚長筋 80.前斜角筋 81.中斜角筋 82.後斜角筋 83.胸鎖乳突筋 84.胸骨甲状筋 85.甲状舌骨筋 86.胸骨舌骨筋
 87.肩甲舌骨筋 88.広頚筋
頚椎側屈
同側の頭部伸筋・屈筋、頚部伸筋・屈筋
回旋(同側回旋)
 56.大後頭直筋 59.下頭斜筋 60.頭最長筋 61.頭板状筋 67.頚板状筋 74.頭長筋 127.肩甲挙筋
回旋(反側回旋)
124.僧帽筋(上部) 62.頭半棘筋 65.頚半棘筋 71.頚回旋筋 79.頚長筋(下斜部) 80.前斜角筋 81.中斜角筋 
82.後斜角筋 83.胸鎖乳突筋 94.多裂筋
胸椎の運動
胸椎伸展
89.胸腸肋筋 91.胸最長筋 92.胸棘筋 93.胸半棘筋 94.多裂筋 95.胸回旋筋 97.胸棘間筋 99.胸横突間筋
腰椎および骨盤の運動
腰椎前屈
110.外腹斜筋(両側共同) 111.内腹斜筋(両側共同) 113.腹直筋(両側共同) 174.大腰筋 175.小腰筋 176.腸骨筋
腰椎伸展
90.腰腸肋筋(両側共同) 94.多裂筋 96.腰回旋筋(両側共同) 98.腰棘間筋 100.腰方形筋
腰椎側屈
90.腰腸肋筋 99.腰横突間筋 100.腰方形筋 110.外腹斜筋 111.内腹斜筋 174.大腰筋
回旋(同側回旋)
111.内腹斜筋
回旋(反側回旋)
94.多裂筋群 96.腰回旋筋 110.外腹斜筋
上肢の運動
肩甲骨
挙上
124.僧帽筋(上部) 127.肩甲挙筋 125.大菱形筋
下制
124.僧帽筋(下部)
外転
128.前鋸筋 129.小胸筋
内転
124.僧帽筋(中部・下部) 125.大菱形筋 126.小菱形筋
上方回旋
124.僧帽筋(上部・下部) 128.前鋸筋
下方回旋
125.大菱形筋 126.小菱形筋 127.肩甲挙筋 129.小胸筋
肩関節
外転
133.三角筋 135.棘上筋
内転
130.広背筋 131.大胸筋 (137.小円筋) 138.大円筋 139.烏口腕筋
内旋
130.広背筋 131.大胸筋 134.肩甲下筋 138.大円筋 133.三角筋(前部)
外旋
133.三角筋(後部) 136.棘下筋 137.小円筋
屈曲
133.三角筋(前部) 131.大胸筋(鎖骨部) 139.烏口腕筋 (140.上腕二頭筋)
伸展
130.広背筋 133.三角筋(後部) 138.大円筋 142.上腕三頭筋(長頭)
肘関節および前腕の運動
肘関節屈曲
140.上腕二頭筋 141.上腕筋 143.椀橈骨筋 (146.円回内筋) (148.長橈側手根伸筋) (151. 橈側手根屈筋) (152.長掌筋)
(153.尺側手根屈筋)
肘関節伸展
142.上腕三頭筋 (144.肘筋)
前腕回内
146.円回内筋 147.方形回内筋
前腕回外
145.回外筋 140.上腕二頭筋
手関節および手の運動
手関節屈曲
151.橈側手根屈筋 153.尺側手根屈筋 (152.長掌筋) (166.長母指外転筋) (156.浅指屈筋) (169.長母指屈筋)
(157.深指屈筋)
手関節伸展
148.長橈側手根伸筋 149.短橈側手根伸筋 150.尺側手根伸筋 (154.指伸筋) (158.小指伸筋) (155.示指伸筋)
手関節橈屈
148.長橈側手根伸筋 (149.短橈側手根伸筋) 151. 橈側手根屈筋 (167.長母指伸筋) (168.短母指伸筋) 
166.長母指外転筋
手関節尺屈
150.尺側手根伸筋 153.尺側手根屈筋
母指の運動
母指屈曲
手根中手関節(CMC:carpometacarpal)
169.長母指屈筋 172.母指対立筋 170.短母指屈筋
中手指節関節(MP:metacarpal phalanges)
170.短母指屈筋 169.長母指屈筋 173.母指内転筋
指節間関節(IP:interphalangeal)
169.長母指屈筋
母指伸展
手根中手関節(CMC)
166.長母指外転筋 168.短母指伸筋 167.長母指伸筋
中手指節関節(MP)
168.短母指伸筋 167.長母指伸筋
指節間関節(IP)
167.長母指伸筋 171.短母指外転筋
母指外転
手根中手関節(CMC)
166.長母指外転筋 168.短母指伸筋 171.短母指外転筋 172.母指対立筋
中手指節関節(MP)
171.短母指外転筋
母指内転
手根中手関節(CMC)
173.母指内転筋 164.第1背側骨間筋
中手指節関節(MP)
173.母指内転筋
母指対立(内旋・外転・屈曲)
172.母指対立筋 171.短母指外転筋 170.短母指屈筋
指の運動
指屈曲
手根中手関節(CMC)
163.虫様筋(第2・3指→第1・2虫様筋、第4・5指→第3・4虫様筋)
165.掌側骨間筋(第2・4・5指) 164.背側骨間筋(第2〜4指)  156.浅指屈筋 157.深指屈筋
近位指節間関節(PIP:proximal interphalangeal)
156.浅指屈筋 157.深指屈筋
遠位指節間関節(DIP:distal interphalangeal)
157.深指屈筋
指伸展
中手指節関節(MP)
154.指伸筋 155.示指伸筋
近位指節間関節(PIP)と遠位指節間関節(DIP)
154.指伸筋 155.示指伸筋 163.虫様筋(指屈曲CMCと同じ)  165.掌側骨間筋(第2・4・5指)
164.背側骨間筋(第2〜4指)
指外転
164.背側骨間筋(第2・3指→第1・2背側骨間筋、第3・4指→第3、4背側骨間筋)  154.指伸筋(第2・4・5指)
指内転
165.掌側骨間筋(第2・4・5指→第1〜3掌側骨間筋)
小指屈曲
手根中手関節(CMC)
161.小指対立筋
中手指節関節(MP)
160.短小指屈筋 159.小指外転筋 163.第4虫様筋 165.第3掌側骨間筋 156.浅指屈筋 157.深指屈筋
近位指節間関節(PIP)
156.浅指屈筋 157.深指屈筋
遠位指節間関節(DIP)
157.深指屈筋
小指伸転
中手指節関節(MP)
154.指伸筋 158.小指伸筋
近位指節間関節(PIP)と遠位指節間関節(DIP)
154.指伸筋 158.小指伸筋 163.第4虫様筋 165.第3掌側骨間筋
小指外転
158.小指伸筋 159.小指外転筋
小指内転筋
165.第3掌側骨間筋
小指対立
159.小指外転筋 161.小指対立筋 160.短小指屈筋 163.第4虫様筋 165.第3掌側骨間筋
下肢の運動
股関節運動
股関節屈曲
176.腸骨筋 174.大腰筋 196.大腿直筋 195.縫工筋 177.恥骨筋 179.長内転筋 180.短内転筋 181.大内転筋(上部)
185.大腿筋膜張筋 183.中殿筋(前部)
股関節伸展
182.大殿筋 192.大腿二頭筋(長頭)  193.半腱様筋 194.半膜様筋 181.大内転筋(下部)  183.中殿筋(後部)
186.梨状筋(股関節屈曲位で)
股関節外転
183.中殿筋 184.小殿筋 185.大腿筋膜張筋 195.縫工筋 182.大殿筋(上部) 186.梨状筋 189.上双子筋 
187.内閉鎖筋
股関節内転
181.大内転筋(上・中部) 180.短内転筋 179.長内転筋 177.恥骨筋 188.外閉鎖筋 182.大殿筋(下部) 178.薄筋
股関節内旋
183.中殿筋(前部)  184.小殿筋 185.大腿筋膜張筋 194.半膜様筋 193.半腱様筋 181.大内転筋(肢位如何により)
股関節外旋
182.大殿筋 188.外閉鎖筋 191.大腿方形筋 189.上双子筋 190.下双子筋 187.内閉鎖筋 186.梨状筋 195.縫工筋
192.大腿二頭筋(長頭)  183.中殿筋(上部) 174.大腰筋
膝関節運動
膝関節屈曲
194.半膜様筋 193.半腱様筋 192.大腿二頭筋 178.薄筋 195.縫工筋 202.膝窩筋 
185.大腿筋膜張筋(腸脛靱帯を介し) 207.足底筋 205.腓腹筋
膝関節伸展
196.大腿直筋 197.外側広筋 198.中間広筋 199.長内側広筋 200.斜内側広筋
膝関節内旋(膝関節屈曲位で)
194.半膜様筋 193.半腱様筋 195.縫工筋 178.薄筋 202.膝窩筋
膝関節外旋(膝関節屈曲位で)
192.大腿二頭筋 185.大腿筋膜張筋
足関節と足の運動
足関節底屈
205.腓腹筋 206.ヒラメ筋 204.後脛骨筋 208.長腓骨筋 209.短腓骨筋 207.足底筋 222.長母趾屈筋 213.長趾屈筋
足関節背屈
203.前脛骨筋 210.第三腓骨筋 221.長母趾伸筋 211.長趾伸筋
足の内返し
204.後脛骨筋 203.前脛骨筋 221.長母趾伸筋 222.長母趾屈筋 213.長趾屈筋
足の外返し
208.長腓骨筋 209.短腓骨筋 210.第三腓骨筋 211.長趾伸筋
母趾の運動
近位関節(MP)
223.短母趾屈筋 222.長母趾屈筋 224.母趾外転筋 225.母趾内転筋
遠位関節(IP)
222.長母趾屈筋
母趾伸展
近位関節(MP)
212.短趾伸筋 221.長母趾伸筋
遠位関節(IP)
221.長母趾伸筋
母趾外転
224.母趾外転筋
母趾内転
225.母趾内転筋
趾の運動
趾屈曲
近位関節(MP)
218.虫様筋(第2趾→第1虫様筋、第3〜5趾→第2〜4虫様筋) 220.底側骨間筋(第3〜5趾→第1〜3底側骨間筋)
219.背側骨間筋(第2〜5趾→第1〜4背側骨間筋)  214.短趾屈筋 213.長趾屈筋
近位指節間関節(PIP)
214.短趾屈筋 213.長趾屈筋
遠位指節間関節(DIP)
213.長趾屈筋 217.足底方形筋
趾伸展
近位関節(MP)
211.長趾伸筋 212.短趾伸筋
近位指節間関節(PIP)と遠位指節間関節(DIP)
211.長趾伸筋 212.短趾伸筋 218.虫様筋(趾屈曲MPと同じ)  220.底側骨間筋(趾屈曲MPと同じ)
219.背側骨間筋(趾屈曲MPと同じ)
趾外転
219.背側骨間筋(第2〜4趾→第2・3背側骨間筋)
趾内転
220.底側骨間筋(第3〜5趾→第1〜3底側骨間筋)
小趾屈曲
近位関節(MP)
216.短小趾屈筋 218.虫様筋(第4) 220.底側骨間筋(第3) 214.短趾屈筋 213.長趾屈筋
近位指節間関節(PIP)
214.短趾屈筋 213.長趾屈筋 215.小趾外転筋
遠位指節間関節(DIP)
213.長趾屈筋 217.足底方形筋
小趾伸展
近位関節(MP)
211.長趾伸筋
近位指節間関節(PIP)と遠位指節間関節(DIP)
211.長趾伸筋 218.虫様筋(第4) 220.底側骨間筋(第3)
小趾外転
215.小趾外転筋
小趾内転
220.底側骨間筋(第3)
呼吸運動
安静吸気
101.横隔膜 102.外肋間筋 103.内肋間筋 104.最内肋間筋 107.肋骨挙筋 80.前斜角筋 81.中斜角筋 82.後斜角筋
108.上後鋸筋 +深部の背部伸筋
呼気(咳をする努力、ワルサルバテスト、息こらえなど)
110.外腹斜筋 111.内腹斜筋 113.腹直筋 112.腹横筋 106.胸横筋 130.広背筋 102.外肋間筋(支持するデータ少ない)
努力呼気
上記筋群に+
 83.胸鎖乳突筋 88.広頚筋 131.大胸筋 129.小胸筋


顔面
「顔面の諸筋は皮膚筋であり、皮膚の深層に存在し、骨に付着していないことが多い。筋は顔の皮膚に緊張をもたせるために不断に収縮していて、それらの筋が神経支配を失ったり、加齢に伴う萎縮過程が目立つと、顔がだぶついたり、気力の無いたるんだ皮膚になる。」

額の筋

1.後頭前頭筋 顔面神経(前頭筋:側頭枝 後頭筋:後耳介神経) 頭頂部の経穴百会(「百」は多種多様を意味する。頭は「諸陽の会」であり、この経穴は頭の頂点正中に位置する。手足の三陽経、足の蕨陰肝経、督脈の交会穴で「三陽五会」とも呼ばれ、ここで交会するので百会と呼ばれる。清頭散風・開窮醒神・回陽固脱の作用がある)に精神性ストレス・頭痛・眩暈・耳鳴り・鼻寒・中風による言語障害・癲狂・脱肛・陰挺などの際、持続指圧又は置鍼。灸は糸状灸。
後頭筋:[後頭骨(上項線、外側2/3)][側頭骨(乳様突起)] ⇒ [帽状腱膜(後・前頭筋共通)]
前頭筋:[正中部線維は鼻根筋へ続く。中間部線維・側部線維は皺眉筋および眼輪筋と結合する。骨性起始はない。] ⇒ [帽状腱膜]
○後頭筋は帽状筋膜を固定し、後方へ引っ張る(頭皮を後方へ牽く)。前頭筋は眉を挙げ(驚いた表情)、額に皺を寄せる補助的作用を行う。恐怖時は、後頭前頭筋が頭皮を後方へ牽き、髪を逆立たせる。
「頭蓋表筋は頭の両側に4つの薄い分岐を持つ後頭前頭筋;帽状腱膜と呼ばれる幅広い腱膜、および2つの細い分岐を持つ側頭頭頂筋からなる。2つの筋腹の内側縁は鼻の上で結合し、ともに上方かつ額の上へ走る。帽状腱膜は前頭筋と後頭筋の間の頭蓋を被っており、真皮層(頭皮)に密に付着し、頭蓋の上で頭皮が自由に動くようにしている。」
「帽状腱膜は結合組織からなる腱状のシートで、頭蓋骨を前方から後方にかけて被っている。したがって前頭筋もしくは後頭筋、またはその両方が緊張を続けると、頭皮全体が締めつけられているような感じがする。前頭筋は眼輪筋とも部分的につながっている。通常、前頭筋と眼輪筋の緊張は頭痛の一因である。関連痛領域:前頭筋の痛みは局所的で額に放散する。後頭筋の痛みは頭の後面と上面に局限して痛みを発する。また、同側の眼に関連痛を引き起こす。」
2.側頭頭頂筋 顔面神経側頭枝
[側頭筋膜(外耳の上、前方から側頭筋膜の上へ扇状に広がる)]
 ⇒ [帽状腱膜外側縁][頭の外側で少し高いところの皮膚と側頭筋膜]
@頭皮の引き締めAこめかみの上の皮膚を後ろにずらすB耳介挙上C後頭前頭筋と共に眉を挙げ、両眼の間を広げ、額の皮膚に皺を寄らす(驚き・恐れの表情)
「頭の両側にある2つの筋腹を持つ薄く幅広い筋層からなる。極めて変異に富む。」
眼瞼の筋
3.上眼瞼挙筋 動眼神経
[蝶形骨小翼下面] ⇒ [眼窩隔膜][上瞼板][上直筋筋鞘(と共に上結膜円蓋に混合する)]
○上眼瞼挙上
「眼窩の後方かつ上方にある薄く平らな筋で、起始部は腱様でそれの幅が広がり、3層に分かれる幅広い腱膜に終わる。」
4.眼輪筋 顔面神経側頭枝・頬骨枝目の内側、鼻との間に晴明。結膜炎、充血など眼科疾患。眼精疲労時にマッサージ、又は鍼。灸は注意を要する。 
[前頭骨鼻部][上顎骨涙?切痕前の前頭突起][内側眼瞼靱帯]
 ⇒ 眼瞼部:[外側眼瞼縫線] 眼窩部:[完全な楕円を作った後、後頭前頭筋ならびに皺眉筋に合流する。多少の線維は(眉毛下制筋)、眉の皮膚にも付着し、眉の引き下げを行う。] 涙?部:[上・下眼瞼]
○額、こめかみ、頬の皮膚を眼窩内角の方に引き寄せ、強く眼を閉じる。又各部は以下の通り。
眼瞼部:まぶたを閉じる 眼窩部:強くまぶたを閉じる(ウインク等)  涙?部:眼瞼および涙小管を内側に引き寄せ、眼球に押し付けて涙を出させる
「眼瞼を充たし、眼窩の周囲を取り巻く幅広く薄い筋層を作るが、こめかみと頬の上にも広がっている。眼窩部は括約筋のような働きをする。眼を取り巻く眼窩筋は瞬きをする重要な筋で、瞬きにより眼を潤し、結膜の脱水乾燥を防ぐ役割をしている。」「関連痛領域:目の上から鼻の横」
5.皺眉筋 顔面神経側頭枝
[前頭骨眉弓内側端] ⇒ [眼窩上縁中央上の眉の皮膚深層面]
○眉を下方かつ内方に引き寄せ、額に縦皺を作る(眉をひそめる動作)
「この小さな角錐上の筋は、眼窩鼻側から上方かつ外側に向かい、後頭前頭筋の外側面の下の部位に到る。」
眼筋
6.上直筋  7.下直筋  8.内側直筋  9.外側直筋 6.7.8.:動眼神経 9.:外転神経
[蝶形骨(大翼上の結節より共同腱付着部を介し)より、視神経孔()の上、中、下縁を囲む共同輪状腱を作る。輪は下部線維性延長(Zinnの腱)で完全な輪になるが、Zinnの腱は下直筋、内側直筋の一部および外側直筋の起始の下側頭の起始になる。上部線維性拡大部は上直筋、内側直筋の一部、外側直筋の上側頭の起始になる。]
 ⇒ [直筋の各々は、名前の示す位置に前方に向かい、角膜のすぐ近い後方の強膜に腱様拡大部を介して付着する]
○眼筋はその位置的関係の幾何学に従った方向に眼球を回転させ、眼の運動自体によってもその幾何学的関係は変化しうる。眼運動には同時に頭部の運動も伴い、複雑で多種多様な立体視を助ける。筋の1つの緊張に変化が生じると、全ての6つの眼筋の長さ−緊張関係が変化する。4つの直筋と2つの斜筋の間の機能的関係を2つの異なった共同筋系として考えると;上・下・内側直筋は共同で内転筋もしくは輻輳(収斂)筋として働く。外側直筋は2つの斜筋と共同で外転筋もしくは開散(相離)筋として働く。輻輳(収斂)には一般に視軸の挙上を伴い、開散(相離)には視軸の下降を伴う。
「4本の直筋は起始が共通で付着がそれぞれ強膜の別個の部位に終わっている。上直筋は最も小さく、最も薄く、眼窩の屋根の下で強膜の上前方に付着する。下直筋は眼窩底直上で強膜の下前方に付着する。内側直筋は直筋の中で最も幅広い筋で、眼球赤道の十分前方の内側強膜壁に付着する。外側直筋は直筋中最も長い筋で、眼球の外側を回って走り、赤道より十分前方の眼球外側に付く。」
10.上斜筋 滑車神経
[蝶形骨管および上直筋より上方かつ内側]
⇒ [前頭骨滑車(軟骨性環)を通って付着する丸い腱を介す][強膜眼球赤道より後方の上外側面]
○上斜筋は眼球に上の方から作用するが、下斜筋は眼球に直接下から作用する。上斜筋は眼球の後方部分を持ち上げ、下斜筋はそれを引き下げる。それにより上斜筋は視軸を下方に回転させ、下斜筋は視軸を上方に回転させる。この両運動は横軸の周りに起こる。「上斜筋は眼窩内の上内方に存在する。筋は前方に向かい丸い腱となり、滑車をくぐってループとなり、滑車窩に付着する。そこで急に後外側に向きを変え強膜に向かい、上直筋と外側直筋の間の強膜に終わる。」鍼・灸・マッサージ、特効
11.下斜筋 動眼神経
[上顎骨眼窩面、涙?切痕より外側部分]
 ⇒ [強膜外側の上直筋と外側直筋の付着部分の間とその近く、上斜筋付着部の後方]
(上斜筋項に記載)
「眼窩下壁の前縁近くに存在し、外側に向かい眼球の下で下直筋と骨性眼窩の間を走る。ついで眼球の外側面の上を上方に向かい、外側直筋の下を通ってその筋の下にある強膜に付着する。」
11.下斜筋 動眼神経
[上顎骨眼窩面、涙?切痕より外側部分]
 ⇒ [強膜外側の上直筋と外側直筋の付着部分の間とその近く、上斜筋付着部の後方]
(上斜筋項に記載)
「眼窩下壁の前縁近くに存在し、外側に向かい眼球の下で下直筋と骨性眼窩の間を走る。ついで眼球の外側面の上を上方に向かい、外側直筋の下を通ってその筋の下にある強膜に付着する。」
鼻の諸筋
 12.鼻根筋 顔面神経頬筋枝
[鼻骨鼻背下方部分][鼻軟骨外側方、上方部分] ⇒ [眉の間の額の下方を被う皮膚][後頭前頭筋と連結]
@鼻梁の上の皮膚に横皺を作るA眉の下方牽引
「鼻梁の起始よりまっすぐ上方に伸び、前頭筋と結合する。」
13.鼻筋 顔面神経頬筋枝
横部(鼻孔収縮筋)[上顎骨切歯窩の上方かつ外側方] ⇒ [鼻梁の上の腱膜で、反側の筋と合体]
鼻翼部(鼻孔拡大筋)[上顎骨外側切歯上方][鼻翼軟骨] ⇒ [鼻翼][鼻尖部の皮膚]
○横部:鼻の軟骨部分を低くし、鼻翼を中隔の方に引き寄せる○鼻翼部:鼻孔を広げる(呼吸に際しては大気圧により鼻孔が閉じようとする傾向に対抗する。)怒った時や、労働後の呼吸時にはっきりする
「この筋は鼻の遠位と内側面を被う2つの部分よりなる。両側からの筋線維は上方かつ内側方に上がり、鼻梁付近の狭い腱膜で合体する。」
14.鼻中隔下制筋 顔面神経頬筋枝
[上顎骨切歯窩、正中側切歯上方かつ側方] ⇒ [鼻中隔可動部分と鼻翼軟骨]
○鼻翼の下方牽引(鼻孔収縮)
「筋線維は上顎骨中央の起始部より、垂直に上昇する。筋は上唇粘膜の深部にある。この筋は鼻孔拡大筋(鼻筋)の一部と考えられることも多い。」
口の諸筋
 15.上唇挙筋 顔面神経頬筋枝
[眼窩下縁][上顎骨][頬骨] ⇒ [上唇]
○上唇を持ち上げ、前に突き出す
「眼窩下方の幅広い起始部より起こり、上唇の他の挙筋と小頬骨筋の間に向かって下り、集まり付着する。」
 16.上唇鼻翼挙筋 顔面神経頬筋枝
[上顎骨前頭突起] ⇒ [鼻翼および上唇]
@鼻孔拡大A上唇持ち上げ
「この筋線維は外側方に斜めに向かって下り、2つの筋索に分かれる。その1つは鼻の大鼻翼軟骨につき、他の1つは上唇挙筋ならびに口輪筋に混じり合う。そのため車軸点 (Modiolus)に付くことになる。」
車軸点(Modiolus)=ラテン語で車輪の中心にある穀(こしき)を意味する
顔面の筋の配列は混乱と誤解を招きやすい。種々な方向に向かって走る14個の小さな筋線維の束が存在し、長い名前を持ち、機能についても見解の一致を見ないものがあるので無理はない。
混乱を招く大きな原因の1つは、口の周囲の筋同士の間の相互関係にある。口輪筋は多くの図には完全な楕円として描かれているが、1つの完全な楕円を囲んでいるのではなく、頬の角の所に集まってくる大きな外在筋(extrinsic muscles)からの線維と同時に内在筋線維(intrinsic fibers)も含んでいるのである。
多方向から1点に集まってくる線維と多方向に向かって出て行く線維が強く密集する場所は、顔面のうちでも口角のすぐ外側でわずかに上に寄ったところにある。母指と示指を口の外の皮膚の上と口の中に置いて、その間に組織をはさみ圧迫すると、容易に車軸点(Modiolus)と呼ばれる箇所が結節状になっているのを見つけることができる。
Modiolusは、筋あるいは腱の結節で、いわば多数の筋が集中して付着する部分の名称である。その基本的な形は単純化した表現をすると円錐状で、約1cmの厚みを有し、たいていの人では頬角の1cm外側のところにある。形・大きさは人により異なる。筋線維は浅い・深い種々異なる面上で集合・離散し、多少螺旋状も呈するが、基本的には3次元の複雑な構造からなっている。
Modiolusを構成するのは、9又は10個の顔面筋である。筋線維を放散する筋群:口角挙筋、口輪筋、口角下制筋、大頬骨筋、頬筋。上唇牽引筋群:上唇挙筋、上唇鼻翼挙筋、小頬骨筋。下唇牽引かつ挙上筋群:オトガイ筋、下唇下制筋。
共同することが多いのは、口輪筋の特殊線維群(上顎切歯部、下顎切歯部)、広頚筋および笑筋(笑筋は顔面筋として常に存在するとはいえない)
口輪筋と頬筋はほとんど連続した筋層を作り、大頬骨筋、口角挙筋、口角下制筋によって多くの位置に固定されうるようになっている。(大頬骨筋、口角挙筋、口角下制筋はModiolusをどの位置にでも固定不動化するための「支索、支え綱」として役立つ)
Modiolusがしっかり固定されていれば、頬筋は頬部の歯に力を加えるような収縮ができる。また口輪筋は前方歯列弓に対し力を加えるような収縮ができる。それにより、上下の唇を硬くくっけ合い、口をつよく結ぶことができる。同様にModiolusを動かしたり、固定したりする筋群の調節によって、唇の動きの正確で細かいコントロールおよび発語の際の圧を加減できる。
17.口角挙筋 顔面神経頬筋枝
[上顎骨犬歯窩] ⇒ [車軸点(Modiolus)][口角皮膚]
@口角を持ち上げ、それにより笑う時に歯が外に見えるようにするA鼻唇溝(鼻の側面から上唇の角までの溝)を作る。悲しい表情・加齢により深くなる。
「この筋は、上顎骨の眼窩下外側から下に車軸点に向かって走る。部分的には小頬筋骨の下を通る。」
 18.大頬骨筋 顔面神経頬筋枝
[頬骨側頭頬骨縫合の前方] ⇒ [車軸点]
○口角を外側方かつ上方に牽く(笑う時のように)
「斜め外側方に下り、他の車軸点構成筋と混じり合う。小さな変異の多い浅在性の筋索群は、M.malaris(頬の筋)とよばれるが、この筋の一部と考えられる。」
19.小頬骨筋 顔面神経頬筋枝
[頬骨(頬面)の大頬骨筋起始より内方] ⇒ [上唇;上唇挙筋と混じり合う][車軸点]
@上唇を持ち上げ、かつ巻き上げる。それにより上顎歯列を露出させる(軽蔑・冷笑・微笑など)。A鼻唇溝を深くする。
「はじめは大頬骨筋と共に下るが、上唇挙筋の頂点で内方に向かい、上唇挙筋と混じり合う。」
 20.笑筋 顔面神経頬筋枝
[咬筋筋膜] ⇒ [車軸点]
○口角を後ろに牽く
「この筋はきわめて変異が多く、はっきりとした1つの筋とは言えない。存在する場合にはほとんど水平に前方に向かう。わずかな線維しか無いこともあれば、幅広く薄い、表在性の扇状の筋層を作ることもある。一般に「笑い」の筋と呼ばれるが、他の車軸点に集まるいずれの筋よりも「笑い」に関与している特別な筋とは言えない。」
 21.オトガイ筋 顔面神経下顎縁枝
[下顎骨切歯窩] ⇒ [オトガイを被う皮膚]
@オトガイ上の皮膚に皺を寄せるA下唇を前に突き出す(拗ねた表情)
「下唇小帯のすぐ側方の起始からオトガイの外皮中央へ向けて内下方に走る。」
 22.オトガイ横筋 顔面神経下顎縁枝
[オトガイの側方の皮膚] ⇒ [オトガイの皮膚][反対側の筋と混じり合う]
@口角を引き下げるAオトガイの皮膚を支える
「存在・欠如が同じ頻度である。非常に小さな筋でオトガイの下方を横に走り、オトガイ吊り紐(mental sling)とも呼ばれる。口角下制筋と連続することが多い。」
 23.口角下制筋 顔面神経下顎縁枝
[下顎骨斜線] ⇒ [車軸点]
@下唇を引き下げるA口の頬の角を下げる(悲しい表情)
「オトガイ結節の下の幅広い起始からカーブを作って上に向かい、幅狭い筋束となって車軸点に達する。下方では広頚筋と連続することが多い。」
24.下唇下制筋 顔面神経下顎縁枝
[下顎骨結合部からオトガイ孔までの間] ⇒ [下唇][口角][車軸点]
○下唇を下方かつ外側方に牽く(皮肉・悲哀・憂鬱の表情の際働く)
「幅広い起始から上内方に向かって走る。ついで幅が狭くなり口輪筋および反対側の下唇下制筋と交じり合う。」
 25.口輪筋 顔面神経頬筋枝(一側の顔面神経が茎乳突孔より遠位で損傷すると、口輪筋の半分が麻痺する。この現象はBell麻痺のように口が垂れ下がり、損傷側で内方に引っ張られる。)
[車軸点を除いて顔面に筋膜性結合部はない。この筋は口の他の筋からも線維が加わった複合筋で、複雑な括約筋様構造を作っている(真の活約筋ではない)。門歯部分を介してこの筋は上顎骨に付着しており(上唇門歯筋)、また下顎骨にも付着している(下唇門歯筋)] ⇒ [車軸点]
@上下の唇を合わせ閉じる・前に突き出す・歯に向けて強く押し付けるA唇を表情・用途に適した形に変える
「この筋は口を取り囲む完全な楕円を作るわけではない。筋線維は実際には4つの別個の機能部分を各側に形成し、それによって口の動きの非常に大きな多種多様性を可能にしている。4つの部分の間には(上下左右)機能の重なりがある。筋は外側と内側の付属筋によって上顎骨および鼻中隔と結合している。上唇門歯筋は口輪筋中で上唇の外側付属筋、下唇門歯筋は下唇の付属筋である。これらの筋は上顎の切歯() 窩の底および下顎切歯() 窩に骨性付着を持っている。これらの筋はそれぞれの唇の口輪筋線維の間で外側にアーチを作り、頬角を通り過ぎた後、車軸点に付着する。車軸点はそれに付着する筋から唇へ力を伝える機構として働く。口輪筋には他の付属筋として鼻唇筋があり、正中側にあって、上唇を鼻中隔に結び付けている(反対側の鼻唇筋との間の部分が人中にあたり、鼻中隔のすぐ下にある上唇の窪みがそれである)。」
26.頬筋 顔面神経頬筋枝
[上顎骨ならびに下顎骨の歯槽突起外側面] ⇒ [車軸点]
@頬を歯に向けて圧縮する・ふくらませた後空気を吹き出すA食物摂取・咀嚼の際食べ物の通り方を調節する
「頬の主要な筋であり、咀嚼に果たす役割が大きいが、顔面筋として分類されている(神経支配のため)。頬筋は口腔の外側壁を形成し、他の顔面筋の深部にあり、上顎骨と下顎骨の間の間隙を満たしている。」
耳の外在筋
 27.耳介筋群 顔面神経後耳介神経
前耳介筋:[側頭部前部筋膜(頭蓋表筋腱膜外側縁)] ⇒ [耳輪棘]
上耳介筋:[側頭筋膜] ⇒ [耳介頭蓋面]
後耳介筋:[短い腱膜を介して、側頭骨乳様突起] ⇒ [耳介頭蓋面甲介]
○前耳介筋は耳介を立たせ前方に動かし、上耳介筋は軽く耳介をそばだたせ、後耳介筋は後ろに牽く。聴覚刺激はこれらの筋からわずかながら反射的収縮を引き起こすことがある。
顎と咀嚼に関する筋群
28.咬筋 三叉神経下顎神経の咬筋神経枝
浅部:[上顎骨腱膜を介して頬骨突起][頬骨上顎突起と頬骨弓の下縁] ⇒ [下顎骨角と下顎枝の外側面の下半分]
中間部:[頬骨弓前方2/3内側面] ⇒ [下顎骨下顎枝中央部分]
深部:[頬骨弓後方1/3で中間部と連続する] ⇒ [下顎骨下顎上方半分と筋突起]
@下顎骨挙上(咀嚼の際の歯の咬合)A上下に動かして咬む動作を行う
「上顎骨と下顎骨を連結する分厚い筋で、三層からなり、前方では混じり合っている。浅層は後方に向け下顎角の部と下顎枝下部に下る(中間層と深層は解剖学用語中の深部といわれる部分を作っている)。この筋は容易に触知できて、後方では耳下腺の下に存在し、前縁は頬筋の上に重なる。」
「関連痛領域:上下顎、顔側面、耳、眉上。耳鳴りの原因にもなる。」
29.側頭筋 三叉神経下顎神経枝
[側頭骨側頭窩全体][側頭筋膜深層面]
 ⇒ [下顎骨筋突起、内側面、尖端、および前縁;下顎枝の前縁でほとんど第3大臼歯まで]
@下顎骨を挙上し、顎を閉じ(口を閉ざし)、歯と歯を接触させる(咬む動作)A下顎を後退させる(後方線維)。顎を後方および外側に動かすB側方に歯を軋らせるC側頭部と下顎骨をつなぐ
「側頭骨側頭窩のほぼ全体から起こり、頭の側面に筋線維が扇状に広がる幅広い筋で、下方に向かい下顎骨の筋突起に集まる。下降線維は頬骨弓と頭蓋壁の間を通る腱に収束する。前方よりの線維は垂直に下がるが、後方よりの線維は斜め方向に向きを変え、最も後方の線維はほとんど水平に走る。」
「頭痛または顎関節の具合がおかしいと訴える患者には、前部・中間部と共に後部にも注意を払うこと。関連痛領域:側頭部、眉部、頬、門歯および臼歯の一部または全部」
30.外側翼突筋 三叉神経下顎神経枝
上頭:[蝶形骨大翼側頭下稜と面] 下頭:[下顎骨外側翼突筋窩外側面]
 ⇒ [下顎骨下顎頚前方部分凹み][顎関節関節包前縁と関節円板]
上部:[上顎骨側頭下面][蝶形骨大翼の側頭下稜] ⇒ [顎関節円板](『クリニカルマッサージ』定義)
下部:[蝶形骨翼状突起の外側枝外側面の翼状突起] ⇒ [下顎骨関節突起翼突筋窩][関節真下の下顎顆頚と下顎枝の斜め上方][下顎頚][関節円板][側頭下顎骨関節包] (『クリニカルマッサージ』定義)
@下顎の上下、前後、横の動きに関与A下顎を下げ、かつ前方移動させるB左右交互に働くと、下顎骨は横に動いて臼磨り運動をする。C下顎頭と下顎関節円板を前方に突き出し、他方下顎頭を円板の上で回旋する(口の開口を助ける)。外側翼突筋は、下顎骨挙上筋と共同して顎を前に突き出し、歯と歯の咬合を不正にする(下の歯列を上の歯列の前に出すなど)。同側の外側翼突筋と内側翼突筋が共同して働くと、下顎骨と顎(オトガイ)が反体側に回転する(食べ物を咬む動作)
「短く分厚い筋で、2つの筋頭があり、後外側方に向かい下顎頭、頚、下顎関節円板に達する。上頭の筋線維は下方かつ外側方に向かい、下頭の筋線維は水平に走る。筋は下顎枝の下にある。」
「外側翼突筋は上部と下部に分かれ、互いの拮抗筋になる。またごく一部は口外から触れることができるが、内側翼突筋はできない。顎、顔面、耳の痛みは往々にして翼突筋に起因している。また、顎関節症の重要な要因でもある。関連痛領域:TMJ(側頭下顎関節)、頬骨周辺」
31.内側翼突筋 三叉神経下顎神経内側翼突筋神経
[蝶形骨翼状突起外側板の内側][蝶形骨翼突筋窩][口蓋骨錐体突起有溝面][上顎骨上顎結節と口蓋骨錐体突起外側面を筋索が結ぶ] ⇒ [下顎骨(下顎結節内側面へ強靭な腱を介して付着し、下顎孔の高さに達する)]
@下顎骨を持ち上げ、顎を閉じる(咬む動作)A(外側翼突筋と共に)下顎を突き出す(前方移動)B一側の内側と外側翼突筋が一緒に働くと、下顎骨を前方かつ反対側に回転させる。この交互運動が咬む動作である。左右の下顎骨を交互に引っ張ると、下顎骨は横に動いて臼磨り運動をする。内側翼突筋と咬筋は下顎を吊るすスリングの形のような位置を占めている。このスリングは顎関節が主導する機能的な関節機構といってよい。口を開けたり閉じたりする際、下顎骨はスリングと蝶下顎靱帯が作る回転中心の周りを動く。
「この短く厚い筋は、下顎枝の内側面に位置し、咬筋は外側面に位置している。内側翼突筋は外側翼突筋によって下顎枝から隔てられている。深部線維は口蓋骨から起こり、より表在の線維は上顎骨から起こり、外側翼突筋の表層に位置する。筋線維は後外側方に下り、下顎枝に達する。」
「関連痛領域:顎の耳の前部分。顎の両側(口内、口外共に)
舌の諸筋
外在性舌筋
 32.オトガイ舌筋 舌下神経
[下顎骨(オトガイの線維結合で上オトガイ棘内側面)] ⇒ 上部線維:[舌の下面、内在性舌筋と全長にわたり混じり合う] 中間部線維:[中咽頭収縮筋] 下部線維:[薄い腱膜を介して舌骨へ]
@舌の前方突き出し(舌尖を口から外へ出す)A舌の中央部分の引き下げ(窪ませる)
「舌は舌中隔によって片側半分ずつに分けられているが、舌中隔は舌の全長にわたっており、下方で舌骨に付着している。外在性舌筋は舌の外側に伸びている。オトガイ舌筋は薄く平たい筋で、下顎骨の起始部から後方に向かって扇状に広がり、中央線に平行かつ近接して走る。下部線維は下方に舌骨に向けて走る。中部線維は後方に走り、中咽頭収縮筋と合体する。上部線維は上方に向けて走り、舌の下面の全長にわたり付着する。両側の筋は前方では混じり合い、後方では正中舌中隔によって分け隔てられている。」
33.舌骨舌筋 舌下神経
[舌骨(舌骨体側面と大角の全長にわたる)] ⇒ [舌側面]
○舌の引き下げ
「薄い四辺形の形で、その筋線維はほとんど垂直に走る。」
 34.小角舌筋 舌下神経
[舌骨小角内側面と底] ⇒ [(舌骨舌筋とオトガイ舌筋の間の)舌内在筋(と混じり合う)]
○舌の引き下げ(補助的作用)
「非常に小さな筋(長さ約2cm)で、ときには舌骨舌筋の一部と考えられる。」
35.茎突舌筋 舌下神経
[側頭骨茎状突起尖端][茎突下顎靱帯茎突端]
 ⇒ 縦走部:[(舌の背面に近い側面で)舌内在筋(と混じり合う)] 斜走部:[舌骨舌筋と重なり合い、それと混じり合う]
○舌を上・下方に牽く
「外在性の筋のうち最も短く、最も小さい。筋は前方で下方にカーブを描いて下り、縦走部と斜走部に分かれる。内頚動脈と外頚動脈の間に存在する。」
36.口蓋舌筋 舌下神経
[軟口蓋前面] ⇒ [(舌の側面で)内在性舌筋(と混じり合う)]
@舌根の挙上A口蓋舌アーチを寄せ合わせて、口腔を口咽頭腔から閉鎖する
「解剖技術からは舌の外在筋に入るが、機能的には口蓋筋により近い。この筋は小さな筋束で、両端より中央が細くなっている。前後方向かつ扁桃の前で外側に向けて走り、舌の側面に達する。それを被う粘膜と共に口蓋舌筋は口蓋舌アーチあるいは口蓋舌ひだを形成する。」
内在性舌筋 舌下神経
「これらの筋は舌の形や輪郭を変える働きを持ち、縦筋は舌を短くする傾向がある。上縦舌筋は舌尖と舌縁を上方に向かわせ、舌背を凹ませる。下縦舌筋は舌尖と舌縁を下げ、舌背を凸に高まらせる。横舌筋は舌を細く長くする。垂直舌筋は舌を扁平にし、幅広くする。これらの働きで舌は多種多様の会話や嚥下動作に必要な動作・正確さができる。」
 37.上縦舌筋
「斜走線維と縦走線維は舌背面の粘膜直下を走る。喉頭蓋に近い粘膜下線維層ならびに正中舌中隔より起こる。筋線維は前方に走り、舌縁に達する。」
 38.下縦舌筋
「幅狭い筋線維束で舌下面近くを走る。舌根から舌尖に伸び、多少の筋線維は舌骨体に結合している。前方では茎突舌筋と混じり合う。」
39.横舌筋
「正中舌中隔から舌縁に向けて外側方に横切って走る。口蓋咽頭筋と混合する。」
 40.垂直舌筋
「前外側部分のみに存在し、舌の背側面から腹側面にのびている。」
咽頭の諸筋
 41.下咽頭収縮筋 迷走・副・舌咽・外側喉頭神経などにより形成される咽頭神経叢
[輪状軟骨縁][甲状軟骨側面上の斜線ならびに下角] ⇒ [咽頭後正中線維性咽頭縫線、反対側と合体する]
○嚥下時すべての収縮筋は全体的な括約筋として働くと共に、蠕動運動を起こす
「咽頭収縮筋のうちで最も厚く、最も大きい。この筋には2つの部分がある。輪状咽頭部と甲状咽頭部である。両部分は後内方に広がり、線維性正中縫線で反体側の筋と合体する。最下部の線維は水平に走り、咽頭の最も狭い部分を取り囲む。その他の筋線維は斜め上方に向かい、中咽頭収縮筋と重なり合う。嚥下に際し、輪状咽頭部は括約筋のような作用をし、甲状咽頭部は蠕動運動によって食物を下方に押し進める。」
42.中咽頭収縮筋 咽頭神経叢
[舌骨大角の上縁全長][茎突舌骨靱帯] ⇒ [咽頭後正中線維性縫線]
○括約筋として働き、また飲み込み動作の際に蠕動機能を起こす。
「起始部から筋線維は3方向に広がる。下部線維は下って下咽頭収縮筋の下に来る。中部線維は横に走り、上部線維は上に向かって上咽頭収縮筋と重なり合う。その付着部で反対側からの筋と合体する。」
43.上咽頭収縮筋 咽頭神経叢
[蝶形骨翼状突起内側板と翼突鈎][翼突下顎縫線][下顎骨顎舌骨筋線][舌縁]
 ⇒ [正中咽頭線維性縫線][後頭骨底部咽頭結節]
○括約筋として働き、また嚥下時に蠕動機能も示す
「収縮筋のうちで最も小さく、筋線維は後方でカーブし、腱膜による延長部で後頭骨に達する。この筋の付着部は、翼突咽頭・頬咽頭・顎咽頭・舌咽頭部に分かれる。この筋の上縁と頭蓋底の間は、Morgani洞として知られる咽頭頭底板により閉ざされている。口蓋腱膜上面から起こる上咽頭収縮筋と混じり合う小さな筋索は口蓋咽頭括約筋と呼ばれ、軟口蓋が挙上した時には見ることができる。口蓋裂のある患者では、肥大増殖していることが多い。」
44.茎突咽頭筋 舌咽神経
[側頭骨茎状突起底の内側面] ⇒ [甲状軟骨後縁][咽頭収縮筋および口蓋咽頭筋混じり合う]
○嚥下時に上外側咽頭壁を持ち上げる
「長く薄い筋で、咽頭側面に沿って下方に向かい、上および中咽頭収縮筋の間を通り、粘膜下に広がる。」
 45.耳管咽頭筋 咽頭神経叢
[耳管開口部近くの軟骨下面] ⇒ [口蓋咽頭筋と混じり合う]
○咽頭を持ち上げ、食物を運ぶ
「小さな筋で、その筋線維は下方、側方に向かい、口蓋垂に達し、口蓋咽頭筋線維と混じり合う。」
49.口蓋咽頭筋
口蓋の諸筋
 36.口蓋舌筋
 46.口蓋帆挙筋 咽頭神経叢(副神経頭蓋部と迷走神経)
[側頭骨岩様部下面][鼓室筋膜][耳管軟骨] ⇒ [口蓋腱膜(上面、正中で反対側の筋と混じり合う)]
○軟口蓋挙上
「この小さな筋の線維は側頭骨岩様部より下方かつ内方に向かい、上咽頭収縮筋縁の上を通り、耳管咽頭筋の前面に向かう。」
 47.口蓋帆張筋 三叉神経下顎神経枝
[蝶形骨翼状突起舟状窩][耳管軟骨外側板][蝶形骨棘内側部] ⇒ [口蓋腱膜][口蓋骨水平板]
@軟口蓋を一側に引き寄せる(一側の働き)A(反対側の筋と共同で)口蓋を引き締め、引き下げ、そのアーチを扁平にする。○この筋は小さく、薄く、口蓋帆挙筋と耳管の外側にあり、内側翼状筋と内側翼突筋の間を垂直に下り、微細な筋に集中し、内側方に向きを変え、翼突鈎をまわる。
48.口蓋垂筋 咽頭神経叢
[口蓋骨後鼻棘][口蓋腱膜] ⇒ [口蓋垂]
○口蓋垂を持ち上げ、後ろに下げる
「両側から成り、筋線維は口蓋垂粘膜中に下る。」
 49.口蓋咽頭筋 咽頭神経叢(副神経と迷走神経)
前部筋束:[軟口蓋の口蓋腱膜][硬口蓋後縁] 後部筋束:[軟口蓋の咽頭部分口蓋腱膜]
 ⇒ [甲状軟骨後縁][咽頭側面腱膜上]
○咽頭を持ち上げ、かつ前方に引き出し、嚥下の際に咽頭腔を短くする。この筋はまた、口蓋咽頭アーチを互いに近寄せる。「上を被う粘膜と共に、口蓋咽頭アーチを形成する。この筋は口蓋帆挙筋によって分け隔てられた2つの筋束より起こり、いずれもが正中線で反対側の筋と合体する。2つの筋は合流し、耳管咽頭筋も加わって扁桃の後ろに下る。筋は咽頭腔内面に不完全な縦の壁を作る。」
喉頭の諸筋(内在筋)
 50.輪状甲状筋 迷走神経上喉頭神経枝
[輪状軟骨前面および外側面] ⇒ [喉頭下角前縁][甲状軟骨左右板の下縁]
@声帯ヒダの緊張を加減する。A輪状軟骨弓を挙げることにより声帯靱帯を伸長させ、声帯ヒダの緊張を高める。
「この左右対をなす筋の線維は2つのグループに配列している。下方の斜めの群(斜部)は後外側方に傾斜し、下角に向かい、上方の群(直部、または垂直線維)は後方に下って板に達する。」
51.後輪状披裂筋 迷走神経反回神経の喉頭神経
[輪状軟骨(後面の相応する半分にある幅広い陥凹部)] ⇒ [披裂軟骨筋突起後ろ]
@声帯ヒダの緊張を加減するA披裂軟骨を外側方に回旋し、声帯ヒダを離開(外転)させることにより声門を開くB披裂軟骨を後方に下げる(後退させる)。それにより声帯ヒダの緊張を強めるのを助ける。
「筋線維は頭側かつ外側方に向かい、同側の披裂軟骨の後方部分に集まる。最下部の線維はほとんど垂直で次第に斜めになり、上縁ではほとんど横走する。」
 52.外側輪状披裂筋 迷走神経反回神経の喉頭神経
[輪状軟骨弓頭側縁] ⇒ [披裂軟骨筋突起前]
(披裂軟骨を内方に回旋し、声帯ヒダを近寄せ合う(内転)ことにより)声門を閉じる
「筋線維は斜め上方かつ後方に走る。」
53.横披裂筋 迷走神経反回神経の喉頭神経枝
[2つの披裂軟骨の間を横にわたる一個の筋。披裂筋の分枝と考えられることが多い。筋突起の後ろおよび両披裂軟骨の隣接する外側縁に付着する。]
(披裂軟骨を近寄せ(内転))声門を閉ざす
 54.斜披裂筋 迷走神経反回神経の喉頭神経枝
[披裂軟骨筋突起後] ⇒ [披裂軟骨反対側の尖]
(披裂喉頭蓋ヒダを内転させ、披裂軟骨を近寄せることにより)喉頭入り口の括約筋として働く
「横披裂筋の表面にある対をなす筋で、後正中線上で交叉する2つの筋束として配列している。披裂筋の一部と考えられることも多い。披裂軟骨尖をまわって外側方に続く筋線維は、時に披裂喉頭蓋筋と呼ばれる。」
55.甲状披裂筋 声帯筋 甲状喉頭蓋筋 迷走神経反回神経の喉頭神経枝
[甲状軟骨角下半][輪状甲状靱帯中部] ⇒ [披裂軟骨底と前面]
@声帯ヒダの緊張を加減する。A披裂軟骨を甲状軟骨の方に牽く。これにより声帯靱帯を短縮し、弛緩させる。B披露裂軟骨を内方に回旋させ、声帯ヒダを近寄らせる。C声帯筋は後声帯ヒダを弛緩させるが、前声帯ヒダは緊張したままにとどまる。これにより声のピッチが上がる。D甲状喉頭蓋筋は披裂喉頭蓋ヒダに及ぼす作用により咽頭入り口を広げる。
「声帯ヒダの外側に存在し、後外側方に上行する。多数の筋線維が披裂喉頭蓋ヒダに入り込んでいる。内側に位置する下方かつ深部の線維は、披裂軟骨の声帯突起に付着する筋束として区別されるように見える。この筋束はしばしば声帯筋と呼ばれる。これは声帯靱帯に付着しており、声帯靱帯の外側で平行に走る。この筋のその他の筋線維は甲状喉頭蓋筋として連続し、喉頭蓋縁に付着する。その他の筋線維は洞の壁に沿って喉頭蓋の側にまわり、上甲状披裂筋と呼ばれる。」
頚の諸筋
頭部伸展筋群
「この8個の筋群は、環椎、軸椎と、頭蓋の間に張る後頭下筋およびT6からC3までの椎体から上がって頭蓋に達する、大きくまた重なり合った諸筋から成る。頭部伸展筋群は頚椎とは別に頭を一つとしてコントロールするものである。」
 56.大後頭直筋 C1脊髄神経(後頭下神経・後枝)経穴は唖門。「唖」は唖者でしゃべれない状態をいい、「門」は門戸を指す。古くこの経穴に間違って灸をしたところ「唖」になってしまい、鍼で再びしゃべれるようになった。唖を治す重要な門戸であるので、この経穴を唖門と呼ぶ。督脈と陽維脈の交会穴であり、通経絡、開神窮、治失語の作用がある。癲狂、癇症、聾唖、暴暗、中風、舌強不語、後頭部痛、項後部のこわばり、鼻血などを主治とする。鍼は直刺1cm、灸は不可、マッサージ・指圧は可。
[C2棘突起] ⇒ [後頭骨下項線外側部(項線直下の面)]
@頭部伸展A頭部同側回旋B頭部同側側屈
「小さな腱として始まり、上方かつ外側方に昇るに従い幅広くなる。」
「大後頭直筋、上・下頭斜筋が成す三角を後頭下三角と呼び、椎骨動脈を囲む。後頭下三角はしばしば他の後頚筋と共に頭痛を引き起こす。後頭下筋のトリガーポイントとその上を被う筋肉のトリガーポイントと区別することは事実上不可能。後頭下筋の治療には、圧迫・ストレッチが非常に有効。関連痛領域:後頭部、側頭部から目にかけた部分」
57.小後頭直筋 C1脊髄神経(後頭下神経・後枝)
[C1後弓後結節] ⇒ [後頭骨下項線内側部(下項線と大後頭孔の間の面)]
@頭部伸展A頭部側屈(同側稼動)
「細い腱で起こり、次第に幅が増し、上方に昇るに従って幅広い筋索になる。」
 58.上頭斜筋 C1脊髄神経(後頭下神経・後枝)
[C1横突起上面] ⇒ [後頭骨(上・下項線間、頭半棘筋外側)]
@C1の上で頭部伸展A頭部側屈(同側稼動)
「始まりは細い筋で、上方かつ内側方に昇るに従い、幅広くなる。」
「大後頭直筋、上・下頭斜筋が成す三角を後頭下三角と呼び、椎骨動脈を囲む。後頭下三角はしばしば他の後頚筋と共に頭痛を引き起こす。後頭下筋のトリガーポイントとその上を被う筋肉のトリガーポイントと区別することは事実上不可能。後頭下筋の治療には、圧迫・ストレッチが非常に有効。関連痛領域:後頭部、側頭部から目にかけた部分」
59.下頭斜筋 C1脊髄神経(後頭下神経・後枝)
[C2棘突起尖端] ⇒ [C1横突起下方かつ背側部]
@頭部伸展A頭部側屈(同側稼動)B頭部回旋(同側稼動)
「外側方かつ軽く上方に昇る。この筋は2つの斜筋のうち、大きい方である。」
「大後頭直筋、上・下頭斜筋が成す三角を後頭下三角と呼び、椎骨動脈を囲む。後頭下三角はしばしば他の後頚筋と共に頭痛を引き起こす。後頭下筋のトリガーポイントとその上を被う筋肉のトリガーポイントと区別することは事実上不可能。後頭下筋の治療には、圧迫・ストレッチが非常に有効。関連痛領域:後頭部、側頭部から目にかけた部分」
 60.頭最長筋 C3−C8頚髄神経で変異あり(後枝)
[C4−C7関節突起〜T1−T5横突起] ⇒ [側頭骨乳様突起後縁(頭半棘筋外側)]
@頭部伸展A頭部側屈(同側稼動)B頭部回旋(同側稼動)
「頚板状筋の下にあり、いくつかの腱を持つ筋で、上方かつ外側方に広がる。仙棘筋の延長と考えられている。」
「頭半棘筋・頚半棘筋・頭最長筋は頭が前傾した場合、頭を支える。それによりこれらの筋は酷使され、緊張状態から頭痛の原因になる。関連痛領域:側頭部(特に前部)
61.頭板状筋 C3−C6頚髄神経で変異あり(後枝)
[C3−C7項靱帯〜C7−T4棘突起] ⇒ [側頭骨乳様突起、後頭骨上項線外側1/3の下面]
@頭部伸展A頭部側屈(同側稼動)B頭部回旋(同側稼動)但し異論あり
「筋線維は胸鎖乳突筋の深部に幅広い筋索となって上方かつ外側方に向かう。」
「頚部を細かく動かす動作に伴う、姿勢性のストレスで損傷する。」
「関連痛領域:頭頂部」
 62.頭半棘筋 C2−T1脊髄神経(後枝)
[C4−C6関節突起、C7−T6横突起尖端から一連の腱として] ⇒ [後頭骨上・下項線間]
@頭部伸展A頭部側屈(同側稼動)B頭部回旋(反側稼動)但し異論あり
「腱が合流して幅広い筋を頚の上後方に作り、垂直に上方に向かう。」
「頭半棘筋・頚半棘筋・頭最長筋は頭が前傾した場合、頭を支える。それによりこれらの筋は酷使され、緊張状態から頭痛の原因になる。関連痛領域:側頭部(特に前部)
63.頭棘筋 C3−T1脊髄神経(後枝)
[C5−T3棘突起] ⇒ [後頭骨上・下項線間]
○頭部伸展
「脊柱起立筋中最も小さく、最も薄い。これらの筋は脊柱に最も近いところにある。棘筋は不規則で個々を分けることは困難である。」
頚の伸展筋群
 64.頚最長筋 C3−T6脊髄神経(後枝)
[T1−T5横突起尖端] ⇒ [C2−C6横突起後結節]
@頚椎伸展A頚椎側屈(同側稼動)B肋骨下制(副次作用)
「仙棘筋群の連続延長であり、腱は長く薄い。筋は上方かつ軽度内方に向かい上行する。」
65.頚半棘筋 C2−T5脊髄神経(後枝)
[T1−T5横突起] ⇒ [C2−C5棘突起]
@頚椎伸展A頚椎側屈(同側稼動)B頚椎回旋(反側稼動)
「一連の腱から起こり、垂直に上行する幅細く、分厚い筋」
「頭半棘筋・頚半棘筋・頭最長筋は頭が前傾した場合、頭を支える。それによりこれらの筋は酷使され、緊張状態から頭痛の原因になる。関連痛領域:頭部後面(典型的な緊張性頭痛)
66.頚腸肋筋 C4−T6脊髄神経(後枝)
[(第1・2肋骨)第3〜6肋骨肋骨角] ⇒ [C4−C6横突起後結節]
@頚椎伸展A頚椎側屈(同側稼動)B肋骨下制(副次作用)
「扁平な腱が背部の肋骨後面より起こり、上行するに従い筋肉様になり、内側方に向きを変えて頚椎に付着する。この筋は頚最長筋の外側にあり、腸肋筋群は仙棘筋群の外側筋柱を作っている。」
 67.頚板状筋 C4−C8脊髄神経(後枝)
[T3−T6棘突起] ⇒ [C1−C3横突起後結節]
@頚椎伸展A頚椎側屈(同側稼動)B頚椎回旋(同側稼動)C反対側の胸鎖乳突筋と共同作用を営む
「幅細い腱様索が骨と棘間靱帯から起こり、頭板状筋と共に幅広い筋層を作る。筋は僧帽筋と菱形筋の下の外側で、肩甲挙筋の内側を上方に向かう。」
「頚部を細かく動かす動作に伴う、姿勢性のストレスで損傷する。」
「関連痛領域:目、側頭部・耳から後頭部、頚の顎角部」
68.頚棘筋 C3−C8脊髄神経(後枝)
[C6−T2棘突起] ⇒ [C1−C3棘突起]
○頚椎伸展
「脊柱起立筋のうちで最も小さく最も薄い筋で、脊柱に最も近くにある。不規則で区別することが難しい。」
 69.頚棘間筋 C3−C8脊髄神経(後枝)
[相続く頚椎棘突起。C2−T1間に6対の筋が存在する。]
○頚椎伸展
70.頚横突間筋 前頚横突間筋:C3−C8脊髄神経前枝 後頚横突間筋:C3−C8脊髄神経後枝
[各分節に前方筋対と後方筋対が存在する。前方の筋は相続く横突起の前結節同士を結合し、脊髄神経一次前枝で支配されている。後方の筋は相続く横突起の後結節の間を結び脊髄神経一次後枝で支配されている。]
@頚椎伸展A頚椎側屈(同側稼動)
「相続く脊椎の横突起の間に存在する小さな筋索で、このグループの内では頚部のものが最もよく発達している。」
 71.頚回旋筋 C3−C8脊髄神経後枝
[1個の頚椎の横突起] ⇒ [1つ上位の脊椎の棘突起根部]
@頚椎回旋(反側稼動)A頚椎伸展(補助作用)
「この筋は多裂筋の深部にあり、多裂筋の最深部線維から区別することは容易でない。不規則で変異が多い。」
「深層筋で、椎間に位置する小さな筋肉であり、脊柱全体から起こる。頚回旋筋はあまり顕著ではなく、全ての人に存在するとは限らない。動筋として働くより抑制筋として、また多裂筋と共に微調整に働くことが多い。脊柱が大きな筋肉で曲げられる時、個々の脊椎が過屈曲・過回旋しないよう働く。関連痛領域:頭蓋底の下の部分および肩甲棘付け根内側部分、またこれらの間」
124.僧帽筋経穴は天井。肩こり治療に鍼、灸、指圧、マッサージは特効。
回旋筋群
「これらの筋は横突棘筋群のうち最深部の筋で、多裂筋の下にある非常に短い11対の筋として存在する。筋線維は斜めに上方かつ内方に向かうか、ほとんど水平に走る。これら筋は上方に向かう際に1個以上の脊椎を横切ることもあるが、最も多いのは1つ上の脊椎へ着く場合である。脊柱全長に沿って存在が認められるが、はっきり独立した筋として区別できるのは胸椎部のみである。」
 71.頚回旋筋
頭の屈曲筋群
「主な頭部屈曲筋群は環椎と頭蓋の間にある短い直筋と頭長筋である。これらの筋に補助作用を持つのは下顎部からの舌骨上筋群である。」
72.前頭直筋 C1−C2脊髄神経前枝
[C1側方前面] ⇒ [後頭骨頭蓋底部下面]
@頭屈曲A環椎後頭関節の支持固定
「頭長筋のすぐ後にある短く扁平な筋。上方かつ内方に向かう。」
 73.外側頭直筋 C1−C2脊髄神経前枝
[C1横突起上面] ⇒ [後頭骨頚静脈突起]
@頭側屈A頭回旋補助B環椎後頭関節の支持固定
「短く扁平な筋。上方かつ外側方に向かう。」
74.頭長筋 C1−C3脊髄神経前枝
[C3−C6横突起前結節] ⇒ [後頭骨頭蓋底部下面]
@頭屈曲A頭回旋(同側稼動)
「4本の腱策を以って起こり、筋は合流合体、上方に行くに従い幅広く分厚くなり、正中方向に集まり、反対側の同名筋と合体する。」
(以下補助筋群)
 75.顎舌骨筋 三叉神経(下顎神経の下歯槽神経枝)
[下顎骨(顎舌骨筋線の全長にわたり、前方では下顎骨結合から最後方の大臼歯まで)] ⇒ [舌骨体]
@嚥下の為に舌骨と舌を持ち上げるA固定されたときには下顎骨を引き上げる(下制)B頭前屈(弱い副次作用)
「扁平で三角形の筋。両側からの筋は口腔の底を作る。」
76.茎突舌骨筋 顔面神経
[側頭骨茎状突起後外側面] ⇒ [舌骨(体と大角の結合部)]
@嚥下時に舌骨を上方かつ後方に牽くA開口動作補助B頭前屈(弱い副次作用)C咀嚼と発語に関与(役割は不確実)
「細い筋が下方かつ前方に向かい、その遠位付着部近くで、顎二腹筋により貫通されている。この筋は欠如することもある。」
 77.オトガイ舌骨筋 C1−C2脊髄神経(舌下神経を通る線維)
[下顎骨オトガイ結合部下方内側面] ⇒ [舌骨体前面]
@舌骨の挙上と前方へのつき出しA舌を前方に動かすB頭前屈(弱い副次作用)C下顎骨下制の補助
「顎舌骨筋の表面にある細い筋で、後方かつ多少下方に向かう。正中線で反対側の同名筋と接する(又は癒合)
 78.顎ニ腹筋 前腹:三叉神経(下歯槽神経) 後腹:顔面神経
前腹:[下顎骨下縁舌側面] 後腹:[側頭骨乳様突起(乳突切痕)] ⇒ [中間に腱を持ち、その腱から線維性スリングを介して舌骨へ]
@下顎下制(口を開ける)A嚥下時に舌骨挙上B頭前屈(弱い共同筋としての作用)C前腹は舌骨を前方に、後腹は後方に牽く(咳、嚥下、くしゃみ時に舌骨を安定させる)D下顎骨を後方に牽く(引っ込める)
「前後2つの筋腹よりなり、2つの筋腹は丸い中間腱を以って結ばれている。下顎骨の下にあり、乳様突起からオトガイ結合へスリングとして張っている。途中で茎突舌骨筋を貫通し、その貫通部で前後二腹が中間腱により結ばれている。筋電図では両側の筋が常に一緒に働いている。」
「くしゃみや咳を繰り返して、口を急に動かした時に損傷する。」
「顎二腹筋は茎突舌骨筋のすぐ近くにあり、両筋肉は見分けにくい。一腹は乳様突起と舌骨の間にあり、もう一腹は舌骨と下顎骨との間にある。関連痛領域:前腹は下顎の門歯4本、それらの門歯の真下。後腹は下顎角の上下および後方、乳様突起の上、後頭部。」
頚椎前屈筋群
「主な頚椎前屈筋は、頚長筋(脊椎前方筋塊)、3つの斜角筋および胸鎖乳突筋である。表在性の副次的な働きを持つ筋として舌骨下筋と広頚筋がある。」
 79.頚長筋 C2−C6脊髄神経前枝
上斜頭:[C3−C5横突起前結節] ⇒ [C1前弓前結節]
下斜頭:[T1−T3椎体前部] ⇒ [C5−C6横突起前結節]
垂直部:[C5−T3椎体前外側部] ⇒ [C2−C4椎体前部]
@頚椎側屈(上・下斜頭)A頚椎回旋(下斜頭の反側稼動)B頚椎屈曲(弱い働き)
「C2からT3に到る脊柱の前面にあり、円柱状で各端が幅細くなっている。」
「胸鎖乳突筋及び斜角筋の過度の収縮により、頚長筋にトリガーポイントが発生することがある。」
斜角筋
「これらの筋はその解剖の特殊性に非常に変異が多い。そのために細かい機能に関する異論が多いと考えられる。」「急激な頚部後屈の動きを制御しようとして胸鎖乳突筋と共に損傷する(鞭打ち症)。喘息などの呼吸困難を伴う疾患は斜角筋を過度に収縮させることがある。又、頚部前傾姿勢からくる胸鎖乳突筋の緊張と斜角筋の弛緩は筋筋膜のアンバランスにつながる。」
「本来の機能は頭部側屈であるが、胸郭挙上・呼吸補助筋として使うことにより斜角筋は多大な緊張を強いられる。胸郭出口は、斜角筋と第1肋骨、または前斜角筋と中斜角筋との間の部分である。腋窩動脈と腕神経叢は前斜角筋と中斜角筋の間を通り、次に第1肋骨と鎖骨との間を通る。この時、前・中斜角筋に硬結が存在すると、血管や神経が圧迫される。斜角筋の関連痛と腕神経叢圧迫による痛みの識別は難しい場合がある。最小斜角筋[C7横突起前結節][胸膜頂と第1肋骨内縁]はすべての人に存在するわけではなく、また、往々にして片側のみである。治療は前斜角筋の一部として行われる。関連痛領域:肩上部・肩甲骨内側下方、上前胸郭上方、上腕前部下方、前腕橈骨下半分から母指および他指(特に示指)、前腕後面と手背(最小斜角筋)
80.前斜角筋 C4−C6脊髄神経前枝
[C3−C6横突起前結節] ⇒ [第1肋骨内縁上の前斜角筋結節および上面の縁]
@頚椎屈曲A吸気時の第1肋骨の挙上B頚椎回旋(反側稼動)C頚椎側曲(同側稼動)
「胸鎖乳突筋の下で頚の側部深くに存在し、垂直に下降する。付着部は極めて変異に富む。」
 81.中斜角筋 C3−C8脊髄神経前枝経穴は欠盆。「欠」は欠けた、割れたという意味で、「盆」は深く陥凹した所を指す。この経穴は鎖骨上窩にあり、その形が欠けた盆に似ていることからこの名がついた。理気化痰の作用があり、咳漱気喘、鎖骨上窩の痛み、るい痩、水腫などを主治とする。鍼は直刺1cm、灸は10壮、マッサージにて筋硬結をほぐす。
[C2−C7横突起後結節] ⇒ [第1肋骨上外縁(上面に広く及ぶ)]
@頚椎側屈(同側稼動)A吸気時の第1肋骨の挙上B頚椎回旋(反側稼動)C頚椎屈曲(作用は弱い)
「斜角筋中で最長かつ最大の筋。脊椎に沿って垂直に下降する。」
82.後斜角筋 C6−C8脊髄神経前枝
[C4−C6横突起後結節] ⇒ [第2肋骨外側面]
@吸気時の第2肋骨の挙上A頚椎回旋(反側稼動)B頚椎側屈(副次的作用)C頚椎屈曲(作用は弱い)D頚部安定E胸郭挙上により胸郭維持に関与
「斜角筋中最も小さく、最も深部に存在する。付着部は極めて変異に富む。中斜角筋と区別しがたいことも多い。」
83.
胸鎖乳突筋 副神経(脊髄根) C2−C3脊髄神経前枝
経穴は「天窓」。「天」は頭を指し、「窓」は頭部にある七窮(眼・鼻・耳・口の7つの穴)を指す。この経穴は七窮の疾患を治すので、窓を開け気の通りをよくすることからこの名が付いた。耳聾、耳鳴り、音唖、咽喉部の腫れと痛み、項頚部のこわばりと痛みなどを主治とする。鍼は直刺1cm、灸は7〜10壮、マッサージにて筋緊張ほぐす。
胸骨(内側)頭:[胸骨丙前側面] 鎖骨(外側)頭:[鎖骨内側1/3の上および前面]
 ⇒ [側頭骨乳様突起外側面][後頭骨上項線外側半分]
@頚椎前屈A頚椎側屈(同側稼動)B頭回旋(反側稼動)C頭伸展(後部線維の作用)D努力吸気時の胸骨挙上E頭・頚部安定F頚部過伸展と頭部の後方への動き(むち打ち損傷)を阻止する。
「起始の2つの頭は、筋が上外側かつ後方に向かって上がるに従い、頚部で徐々に合流合体する。」
「急激な頚部後屈の動きを制御しようとして斜角筋と共に損傷する(鞭打ち症)。又、持続的・反復的に頚部を前傾する必要のある職業でも負担がかかる。」
「胸骨部は前部、内側にあり浅在していて、鎖骨部は後部、外側にあり深部に存在する。胸鎖乳突筋は肩甲骨の傾きを代償し、姿勢保持にも関与する。関連痛領域:胸骨頭は、後頭部・目の上の弓・頭頂・頬・顎および顎の下 鎖骨頭は、耳および耳の後方・前頭部」
84.胸骨甲状筋 C1−C3脊髄神経(頚神経のワナの枝)
[胸骨丙後側面][第1肋軟骨] ⇒ [甲状軟骨斜線]
@頚椎屈曲(作用は弱い)A舌骨、下顎骨、および舌の下制(挙上動作の後に続く)B嚥下後の喉頭の下制
「深部にある幾分幅広い筋で,垂直ならびに軽度外側方に上向し、甲状腺のすぐ外側に到る。」
 85.甲状舌骨筋 C1脊髄神経(舌下神経へ向かう)
[甲状軟骨斜線] ⇒ [舌骨大角の下縁]
@頚椎屈曲(作用は弱い)A舌骨の下制B喉頭と甲状軟骨の挙上
「胸骨甲状筋の上方への延長の観を呈する。小さく四角形の筋で、甲状軟骨の外側に位置する。」
86.胸骨舌骨筋 C1−C3脊髄神経(頚神経のワナの枝)
[胸骨(内側端、後側面)][胸骨丙後面][胸鎖靱帯] ⇒ [舌骨体下縁]
@頚椎屈曲(作用は弱い)A嚥下後の舌骨の下制
「薄い帯状の筋で、鎖骨から舌骨にかけて軽く内方に上行する。」
87.肩甲舌骨筋 C1−C3脊髄神経(頚神経のワナの枝)
下腹:[肩甲骨上縁][上肩甲横靱帯] ⇒ [胸鎖乳突筋の下にある肩甲舌骨筋の中間腱線維性拡大部を以って鎖骨へ]
上腹:[肩甲舌骨筋中間腱] ⇒ [舌骨体下縁]
@舌骨の挙上後の下制A下顎骨の下制(補助的作用)
「2つの筋腹からなり、中央で腱が結び合わされている。下腹は幅細い索状で、前方かつ軽度上方に向かい、頚の下部前面を横切って走る。上腹は垂直に胸骨舌骨筋の外側を上がる。」
88.広頚筋 顔面神経(頚枝)
[上部大胸筋と三角筋を被う筋膜] ⇒ [下顎骨下縁(斜線の下)][車軸点][下唇の皮膚と皮下組織]
@下唇を下方かつ後下方に下制(驚き・恐怖の表情。恐怖時に頚部の皮膚を緊張させる)A頚椎屈曲(弱い作用。筋電図では強度の努力時や急な深吸気時に大きな活動を示す)B鎖骨部から皮膚を引き上げ、頚の幅を太くするCうなじの部分の皮膚に斜めの皺を作り、頚の凹みを減らせる。D口角を下に、胸部の皮膚を上に引っ張る。
「幅広い筋層で肩から起こり、鎖骨を越え斜め上方かつ内側に上がる。」
「薄く平らな皮下筋。胸鎖乳突筋と平行していて、トリガーポイントも胸鎖乳突筋と一緒に現れやすい。関連痛領域:胸鎖乳突筋(頚部前面)。胸部上部に鋭い痛みを引き起こす場合もある。」
体幹の諸筋
背部の深筋群
板状筋
 67.頚板状筋(のみ)
脊柱起立筋
「このグループの諸筋は大きな筋腱連続体をなし、胸背筋膜ならびに下方では下後鋸筋、上方では菱形筋と板状筋に被われながら脊柱に沿って並んでいる。それらの筋はレベルが異なるに従い大きさと成分が異なる。 仙骨部:幅狭く、腱様で強靭 腰椎部:分厚い筋塊となって広がる(触知可能);外側に目立つ表在性の溝を呈する 胸椎部:表在性の溝は肋骨角に沿い肩甲骨に被われるところまで続く」
(共通起始)[正中および外側仙骨稜前面][T12−L5脊椎棘突起][棘上靱帯][仙結節靱帯][仙腸靱帯][腸骨稜後方部分内側]外側筋柱
66.頚腸肋筋
89.胸腸肋筋 
[第7−12肋骨肋骨角上縁] ⇒ [C7横突起後面、第1−6肋骨肋骨角]
@胸椎伸展A胸椎側屈B胸椎回旋(いずれも『クリニカルマッサージ』から)
「腕や手を持続して使用する、その手を見る方向との姿勢、および習慣的な悪い姿勢のため、胸腸肋筋は肩甲骨下に広がる筋肉にトリガーポイントを活性化させることが多い。肩甲骨の下内側の領域は、トリガーポイントを不活化する必要のある最も一般的な領域の1つである。この部位の痛みは、肩の筋肉の痛みを伴うことが多い。関連痛領域:肩甲骨下角、肩甲骨内側縁の内側から上角にかけて、胸骨角と肋骨弓を被う胸部前面。腰部から側胸部へ、肩甲骨を越えて上方まで、同側下腹部」(『クリニカルマッサージ』から)
90.腰腸肋筋 T7−12脊髄神経後枝
[腸骨稜外唇][仙骨後面] ⇒ [第5・6−12肋骨肋骨角下縁]
@脊柱伸展A脊柱側屈B肋骨の下方引き下げ(腰部)
「この筋は脊柱起立筋の最も外側にある筋柱で、脊柱両側の外側にある溝の部に存在する。腰部の筋が最も大きく、上に行くに従いいくつかに分かれる。」
「関連痛領域:腰部全体、殿部中心まで」
中間筋柱
 60.頭最長筋
 64.頚最長筋
91.胸最長筋 下位頚髄〜胸髄〜腰髄脊髄神経後枝
[仙骨][L1−L5横突起] ⇒ [T1−T12横突起][L1−L3副突起][第2−12肋骨(肋骨結節と肋骨角の間)]
@脊柱伸展A脊柱側屈(同側稼動)B肋骨下制
「これらは脊柱起立筋の中間に位置するものであり、腸肋筋外側と棘筋正中側との間にある。最長筋群は脊柱起立筋を作る3つの筋柱のうち最長かつ最大のもので、胸最長筋は上部腰椎域で腰腸肋筋と胸棘筋に分かれる。」
「関連痛領域:腰部から上殿部にかけて下殿部全体」
内側筋柱
 63.頭棘筋
 68.頚棘筋
92.胸棘筋 脊髄神経後枝
[T11−L2棘突起] ⇒ [T1−T4またはT8棘突起]
○脊柱伸展
「脊柱起立筋のうち最も小さく、最も薄い。脊柱に最も近くにある。棘筋群は不規則で、個々を分けることは難しい。」
横突棘筋群
「この筋群は脊柱起立筋の深部に存在し、棘突筋と横突起の間の凹部を充たしている。脊柱の横突起から斜め正中方向に昇り、隣接およびいくつかの離れた脊椎に向かう。4個から6個の脊椎にまたがることは少なくない。」
 65.頚半棘筋
 93.胸半棘筋 胸髄神経後枝
[T6−T10横突起] ⇒ [C6−T4棘突起]
@胸椎伸展A脊椎回旋(反側稼動)
「このグループは胸椎と頚椎の部分にのみ見られ、頭部に及んでいる。脊柱起立筋の棘筋柱と最長筋柱の深部に存在する。」
94.多裂筋群 脊髄神経後枝、各分節より
[仙骨(下方はS4仙骨孔に到る)][脊柱起立筋腱膜][腸骨(上後腸骨棘およびそれに近い稜部)][仙腸靱帯後方]
[C4−C7関節突起][胸椎横突起][腰椎乳頭突起]
 ⇒ [(C2を含む)上位にある脊椎棘突起へ(2〜4個またぐことあり)]
@脊柱伸展(両側稼動)A脊柱側屈B脊柱の反対側への回旋(1個ずつ)
「これらの筋群は仙骨からC2に及ぶ脊椎棘突起の両側の凹みを充たしている。腰椎域では脊柱起立筋の深部に、それより上では半棘筋の深部に存在する。各筋束は斜めに上行し、2個ないし4個の脊椎の上を越えて正中に向かい、より上位の脊椎棘突起に付着する。」
「頚部から脊柱基部まで、すべて脊柱に沿って存在する。仙骨から腰椎までの下位区分に属する多裂筋は、非常に強力で重要であり、ヨットのマストの支柱に相当する。実際に多裂筋は身体の中で最も強靭な筋肉の1つである。さらに付則すると、多裂筋は深層筋で、椎間に位置する小さな筋肉であり、脊柱全体から起こる。動筋として働くより抑制筋として、また回旋筋と共に微調整に働くことが多い。脊柱が大きな筋肉で曲げられる時、個々の脊椎が過屈曲・過回旋しないよう働く。関連痛領域:脊柱と肩甲骨内側縁の間。第12胸椎と第1腰椎の少し外側の領域、腰部、同側の上腹部。仙骨上、殿裂部、殿部下の大腿後部、同側の下腹部。尾骨周囲」
 71.頚回旋筋
95.胸回旋筋 脊髄神経
[1個の胸椎横突起] ⇒ [直上(または2〜3個上)の脊椎棘突起基部]
@胸椎伸展A固有受容
「3層の棘横筋の中でも最も深部にある、主に胸部で発達した筋肉である。回旋筋には非常に高密度な筋紡錘体があるため、おそらく固有受容器として機能していると思われる。その運動機能は、脊柱を動かすよりむしろ微調整であるとみなされている。関連痛領域:脊柱の中心線に沿って」(『クリニカルマッサージ』から)
96.腰回旋筋 脊髄神経
[この領域では回旋筋は変異に富み、不規則である。参考は胸回旋筋。]
@脊柱伸展A脊椎回旋(反側稼動)
「この筋は多裂筋群の深部にあり、多裂筋の最深部線維と区別することは容易ではない。」
「腰痛をもたらす最も一般的な原因は、短い筋(特に回旋筋)の痙攣によるものと考えられている。ある筋が痙攣した場合、その周辺の筋は、痙攣している筋が切れるのを防ぐために自動的に運動を中止させようとする。このブレーキ作用が筋への血流を阻止し、このために他の筋へも痙攣が拡がることがある。不慣れな運動を激しく行った場合など、椎骨のわずかなずれが生じて腰痛を誘発しやすい。」
「3層の棘横筋の中でも最も深部にある、主に胸部で発達した筋肉である。回旋筋には非常に高密度な筋紡錘体があるため、おそらく固有受容器として機能していると思われる。その運動機能は、脊柱を動かすよりむしろ微調整であるとみなされている。関連痛領域:脊柱の中心線に沿って」
棘間−横突間筋群
棘間筋
「このグルーブの筋は1つの脊椎から次の脊椎へ分節的に走る。短い筋束が対を作って隣接する棘突起間にまたがっている。頚椎領域で最もよく発達している。」
 69.頚棘間筋
 97.胸棘間筋 脊髄神経後枝
[隣同士の脊椎棘突起の間に張っている。3個の対を作っている:(1)T1とT2間;(2)T2とT3間(変異多い)(3)T11とT12間]
○脊柱伸展
 98.腰棘間筋 脊髄神経後枝
[5個の腰椎の間に4つの対を作って存在する]
○脊柱伸展
70.頚横突間筋(前・後)
 99.胸横突間筋 脊髄神経:内側筋は後枝、外側筋は前枝による
[T10−L1横突起それぞれの間に張る1つの筋束からなる短い筋である]@脊柱伸展A脊柱側屈(同側稼動)
「通常は欠損する。」(『図解解剖学事典』から)
 99.腰横突間筋 脊髄神経:内側筋は後枝、外側筋は前枝による
[脊柱の両側に内側(腰内側横突間筋)と外側の筋(腰外側横突間筋)として対を作る。内側の筋は1つの脊椎の副突起と1つ下位の脊椎の乳頭突起を結び付けており、外側横突間筋は隣同士の横突起のあいだの隙間を充たしている。]
@脊柱伸展A脊柱側屈(同側稼動)
腰方形筋
100.腰方形筋 T12−L3脊髄神経前枝腰痛時の治療ポイントの一つ。2〜3寸の鍼を横から刺入。及びマッサージ。灸も可。経穴は志室。蔵することを「室」といい、腎は志を蔵す所から志室と呼ばれる。滋補腎陰、清利下焦湿熱の作用がある。遺精、記憶力減退、健忘などを主治とする。鍼は2寸以上で横刺、灸は10〜20壮、筋緊張・硬結部を指圧・マッサージでほぐす。
[腸骨稜内唇][腸腰靱帯] ⇒ [第12肋骨下縁][T12椎体(時々)][L1−L4横突起尖端]
@腰椎伸展(両側稼動)A腰椎側屈(同側稼動。骨盤を固定した場合)B第12肋骨の固定と下制C腰椎固定
「不規則な四辺形の筋で、後(背側)腹壁に向かって存在し、胸腰筋膜の層に包まれている。第12肋骨と腸骨稜の間を埋め、その筋線維は腸骨稜から第12肋骨下縁および腰椎横突起に向かって斜め上、内方に走っている。この筋の大きさと存在には変異が認められる。」
「乗馬・カヌー・ゴルフなど脚を動かさず腕を使う、上半身と下半身の動きが別々になる時などに腰方形筋は調整に使われる。その結果、これらの動きを頻繁にする人にこの筋の障害が多い。関連痛領域:殿部へかけて。腰を被う領域。脚の背側を下へ。腸骨稜を被う領域。鼡径部へ、場合によっては睾丸へ。」
呼吸のための胸郭の筋群
101.横隔膜 横隔神経C4(C3・C5からの支配も混ざる)
筋線維は胸郭出口のまわりから3つの群に分かれて起こる
胸骨部:[剣状突起後面] 肋骨部:[第7〜12肋骨左右両側肋軟骨内面および各側肋骨の深部表面]
腰椎部:[L1−L3内側および外側弓状靱帯から、また左右2つの脚により脊椎椎体から]
 ⇒ [横隔膜腱中心(心膜直下で心膜に混じり合う。腱中心は骨性付着を持たないで、3つの小葉(クローバーの葉様)と呼ばれる部分からなるが、その部分以外は1枚の筋の板状を呈し、筋に大きな強さを与えている)]
○吸気(吸気の間横隔膜が収縮し、中心腱部が下方かつ前方に牽かれ、その結果胸郭の垂直径が増し、腹腔内臓を下方に押しやる。同時に腹腔内圧を低下させ、開いた声門を通って、より高い大気圧を持つ空気が肺の中に吸い込まれる。これらの事象は肋間筋の活動と同時に平行して起こり、肋間筋は肋骨、胸骨および脊椎を持ち上げ、胸腔の前後径と横径を増加させ、空気を吸い込むのを助ける。)、呼気(横隔膜が弛緩するとひとりでに半ドーム状の床が持ち上がり、胸腔内容量が小さくなり、その内圧が高まる。)
「横隔膜は収縮性と線維性の構造を持つ半ドーム型の筋で、胸郭の床(凸状の上面)と腹腔の天井(凹んだ下面)を作っている。横隔膜は周辺が筋肉様で中心部が腱様を呈し、胸郭下方の出口を閉ざし、胸腔のために上方凸の床を作っている。筋は中心部が周辺部より平たく、左側(第6肋骨近く)よりも右側(第5肋骨近く)が高い。左右各側の頂きより、横隔膜は急な斜面を以って、肋骨および脊柱への付着部に下降する。この下降する傾斜面は後方がより急峻かつより長い。」
「関連痛領域:わき腹痛、胸部、胸骨下、肋骨下縁に沿った部分」
肋間筋群
「肋間筋は薄層の筋と腱よりなり、各肋骨と肋骨の間に張っており、外肋間筋は最も表在性で、その下に内肋間筋があり、最も深部に最内肋間筋がある。」
「肋間筋は呼吸と姿勢の機能を持ち、正確な機能はかなり複雑である。本来の機能は肋骨の活動を制御し、吸気と胸部の回旋を制御することである。胸部治療には短縮した肋間筋のリリースが重要。関連痛領域:局所的に前方に放散」
102.外肋間筋 肋間神経T1−T12(これらの神経は肋間腔の順序に従って名前が付けられている。例えば、第5肋間神経は第5肋骨と第6肋骨の間の第5肋間腔にある筋に支配を与えている。)
[第1〜11肋骨下縁と肋骨結節] ⇒ [第2〜12肋骨上縁][腱膜様の外肋間膜、これはさらに胸骨に及ぶ]
@吸気時における肋骨の挙上(上位4ないし5つの筋についてはこの働きを支持するデータがあるが、同じ筋のより背側かつ外側の筋線維は呼気初段階でも活動する。肋間筋の呼吸時の活動は呼吸の深さにより異なる可能性がある。)A呼気時における肋骨の引き下げ(支持するデータは乏しい)B胸椎の反対側への回旋(一側の作用)C胸郭の固定
「胸の左右各側に11個のこれらの筋があり、それぞれ肋骨の下縁から起こり、1つ下の肋骨の上縁に付着している。後方では肋骨結節より、前方では肋骨軟骨へ肋間腔に張っている。胸郭背部では筋線維は斜めに下外方に向かい、胸郭前部では下内方かつ多少前方(下方かつ胸骨の方)へ向かって走る。外肋間筋は3つの肋間筋の中で最も分厚い。外観からは外腹斜筋の延長のように見える。」
103.内肋間筋 肋間神経T1−T11
[第1〜11肋骨内面縁、より下方かつ脊椎の方に向かう][同じ肋骨の肋軟骨] ⇒ [第2〜12肋骨下位の肋骨上縁]
@吸気時の肋骨挙上(少なくとも第1から第5肋間筋にはこの働きがある。より外側の筋は筋線維がより斜めに下後方に向かって走り、呼気時に活動する)A肋郭の固定
「これらの筋は11対をなしており、前方の肋骨胸骨端から後方の肋骨角へ向かう。筋線維は上斜めに向かうが、外肋間筋に対しては、90°の角で走る。」
104.最内肋間筋 肋間神経
[下方の肋間腔では上位肋骨の肋骨溝から起こる。上位5ないし6個の肋間腔では常に存在するとはいえない]
 ⇒ [下方の肋間腔の下位肋骨上縁]
○内肋間筋と同一と思われる
「この筋が別個の筋であるか、内肋間筋の一部にすぎないかについては異論がある。この筋は内肋間筋の深部にある薄い筋層であるが、はっきり別個の筋であるとする説には確証が乏しい。もし別個の筋であるとすれば、5個または6個の対が見られるが、上方の肋間腔では常に存在するとはいえない。」
105.肋下筋 肋間神経
[下位の肋骨(変異多し)の肋骨角近くの内面] ⇒ [起始の肋骨より2つか3つ下位の肋骨内面]
○隣接する肋骨を互いに引き寄せるか、肋骨を牽き下げる(支持するデータはない)
「背部胸郭壁にあるが、この筋がはっきり発達しているのは胸郭下部のみである。筋線維は内肋間筋と同じ方向に走っている」106.胸横筋 肋間神経
[胸骨尾側1/3および剣状突起][第3〜6肋骨肋軟骨内側] ⇒ [第2〜5肋骨肋軟骨下縁]
@肋骨を下方に牽き下げるA強い呼気時に活動する
「胸郭前壁の内面にある薄い筋層。筋線維は斜めに上外側方向に走り、付着部に近づくと放射状に分かれる。最下部の筋線維は水平方向で腹横筋と連なっている。最上部の筋線維はほとんど垂直である。付着部は同一個体でも左右側に相違が見られ、個体が異なればまた異なる。」
107.肋骨挙筋 肋間神経T1−T12
[C7−T11脊椎横突起] ⇒ [起始となる脊椎横突起直下の肋骨(肋骨結節と肋骨角の間の外面)]
@吸気時の肋骨挙上A脊椎側屈
「胸郭の後壁上左右各側に12対のこの筋が存在する。筋線維は斜めに下外側方向に向けて走る点、外肋間筋の走向と等しい。最下部の筋線維は2つの筋束に分かれ、1つは上述通り、他は起始から下2番目の肋骨に向けて下る。」
108.上後鋸筋 肋間神経T1−T4前枝
[C7−T3脊椎棘突起][項靱帯][棘上靱帯] ⇒ [第2〜5肋骨上縁、肋骨角より外側へ]
@上位肋骨の挙上(呼吸補助)A胸郭容積を増すと想像される(機能としては確認されていない)
「胸郭上方背面にあり、脊柱起立筋の上で菱形筋の下に位置する。筋線維は下外側に向かい走る。」
「付着している肋骨を持ち上げて呼吸を補助する。治療するには上肢を挙上(肩甲骨上角を下へ回旋)し、より多くの筋肉を露出させる必要がある。関連痛領域:肩甲骨の上半分から胸郭前部にかけて、腕の後側と尺骨側に沿って小指まで」
109.下後鋸筋 肋間神経T9−T12
[T11−L2脊椎(胸腰筋膜を介して棘突起へ)] ⇒ [第9〜12肋骨下縁、肋骨角から外側]
○下位肋骨の牽き下げ、かつそれらを背側に動かす。呼吸に際しても確実ではないが、役割を果たしている。
「薄い筋で4つの分枝からなり、胸椎域と腰椎域の間の境界部に存在する。上後鋸筋よりずっと幅広く、上後鋸筋より肋骨4本下の所にある。脊柱起立筋の表層で外腹斜筋の深層に位置する。筋の分枝は4つより少ないことがあり、分枝を持たないこともありうる。」
「体幹の回旋と伸展および呼吸の補助をする。関連痛領域:筋肉上を放射状に広がる」
腹部の筋
110.外腹斜筋 T7−T12脊髄神経前枝
[第4肋骨−第12肋骨(枝分かれを作って肋骨外面と内面につき、前鋸筋の分枝と代わる)]
 ⇒ [腸骨稜外唇(外側縁)の前半分、第9肋軟骨隆起から前上腸骨棘へ向かう腱膜;両側の筋は白線で合体する][鼡径靱帯][腹直筋鞘前葉]
@体幹屈曲(両側稼動)A骨盤を後方に傾けるB体幹回旋(片側稼動)C体幹側屈(片側稼動)D腹部内臓に対する支持と圧迫。E腹腔内容に対する重力の効果に対抗、排便・排尿・嘔吐および分娩の補助(腹腔内臓内容物の排出と肺からの空気の排出)F努力呼気の際の重要な補助筋(呼気に際し、内臓を上方に押し上げ、横隔膜を挙上させる。)
「腹部の最も大きく、最も表層にある扁平かつ薄い筋で、腹壁の前と横のカーブを取り囲んでいる。その筋線維は側壁にあるが、その腱膜は前壁を横走し、反対側と合流し、正中に白線を作る。筋の分枝部分は下後方に向かう斜めの線を作り、白線は剣状突起から恥骨結合に向かって伸びている。上位(上部)の5つの筋分枝は下降するに従い大きさを増し、前鋸筋の相当する分枝と入れ代わる。遠位の3つの分枝は下降するに従い大きさを減じ、広背筋の分枝と交代する。上部の筋線維は下内方に向かって走り、後部の筋線維はより垂直に走る。」
「内・外腹斜筋の走向の覚え方は、手を指先が斜め下を向くように(自分の)反対側の腹部に置き、もう一方の手を指が直角になるよう重ねる。下の手は内腹斜筋、上の手は外腹斜筋の走向を示す。関連痛領域:上腹部(肋骨弓間の剣状突起の下)、胸下部、肋骨弓の斜め下。下腹部の一側、鼡径部と睾丸から腹部を上へ恥骨、臍、および肋骨弓まで。」
111.内腹斜筋 T8−T12脊髄神経、L1脊髄神経(腸骨下腹神経と腸骨鼡径神経枝)
[胸腰筋膜][鼡径靱帯外側2/3][腸骨稜中間線前方2/3][深腸骨筋膜]
 ⇒ [第9−12肋骨(下縁は分枝し、内肋間筋と続くように見える)][外腹斜筋の筋膜と結合する腱膜および白線へ][(腱膜を介し)第7−9肋軟骨][恥骨(恥骨筋線、腹横筋からの腱鞘と共に付く)]
@脊柱回旋A脊柱伸展(両側稼動)B脊柱の側屈(同側稼動)C排便を助けるための腹腔内圧の増強D呼気時に内臓を押し上げ、横隔膜を挙上させる。
「この筋は側腹壁と前腹壁で外腹斜筋の下にあるが、外腹斜筋よりも小さく薄い。腸骨稜からの筋線維は上内方に走り、第9から第10肋骨および腱膜に達する。筋線維は外側に寄るほどその走向が垂直に近くなる。最下部の筋線維は下腹部の上をほとんど水平に走る。」
112.腹横筋 T7−T12脊髄神経、L1脊髄神経(腸骨下腹神経と腸骨鼡径神経枝)
[鼡径靱帯外側1/3][腸骨稜内唇前方2/3][腸腰筋膜(腸骨稜と第12肋骨間)][第7−第12肋軟骨]
 ⇒ [白線(上部と中部の筋線維は内方に走り、幅広い腱膜と混じり合う)][恥骨稜および恥骨櫛(下位線維は両側の腱膜が下正中に向かい鼡径鎌を作る。内腹斜筋とも混じり合う)]
@腹部の引き締め(平たくする)、腹部内臓を圧迫し、その内容物を押し出す(排泄する)のを助けるA努力呼気
「扁平な腹筋の最内層にある腹横筋は、内腹斜筋の下に存在する。その名前は側腹部から腱膜、白線へと水平に横切って走る筋線維の方向に由来する。筋線維の長さは付着部如何により相当差異があり、恥骨に付着する最下部の線維が最も長い。第7から第12肋骨の起始部では、筋は指状に分岐し同じように分岐した横隔膜と互いに組み合わさって、幅狭い縫線が両者を区切っている。」
「咳をする際にも働く。鍛えるには、立位か仰臥位で腹筋をアイソメトリックに収縮させ、壁や床に腰を押しつける。」
「関連痛領域:前肋骨弓に沿って、前肋骨弓の間」
113.腹直筋 T7−T12脊髄神経(T7は上腱画より上の部分の筋線維を支配し、T8は上腱画と中腱画の間を、T9は中腱画と遠位腱画の間の筋線維を支配する。)
[下方の2つの腱:恥骨結節][恥骨稜][恥骨結合の前面を被う靱帯]
 ⇒ [第5−第7肋軟骨(大きさの異なる3つの筋束により)][剣状突起(胸骨肋剣靱帯)]
@脊椎屈曲(恥骨と胸骨を互いに引き寄せる)A骨盤の後方傾斜B他の腹筋と共同して、腹腔内容物に圧迫を加える
「長い筋の帯が胸骨前面下部から恥骨に張っている。垂直の線維が腹部の中央を走り、左右各側は白線によって反対側の同名筋と分けられている。筋は腱画と呼ばれ、筋を横切ってジグザグに走る3つの(またはそれ以上の)線維性の帯によって区切られている(ただし完全に区切られ途切れるわけではない)。最も上位にある腱画は通常剣状突起の高さにあり、最下位の腱画は臍の高さにあり、第2番目の腱画は2つの中間にある。」
「腹直筋が収縮して骨盤を後傾すると、腰部がまっすぐになり、脊柱起立筋や股関節屈筋(特に腸腰筋)は効果的に脊柱伸展、股関節屈曲ができる。」
「関連痛領域:腹部、剣状突起から恥骨まで。肩甲骨直下の背部、剣状突起周囲領域(上窩部、前胸部)。殿部(腸骨稜)と仙骨の上部。下腹部の一側。臍直下の中腹部。腹部膨満、月経困難症など。」
114.錐体筋 T12脊髄神経前枝
[
恥骨稜(恥骨体前面)] ⇒ [白線下部(臍と恥骨の間)]

○白線を緊張させ、引き締める。
「腹壁の最下部にあり、下部腹直筋の前に位置する。小さな三角形の筋で、その恥骨上の起始部は幅広いが先尖りに付着部に上行するに従い幅が狭くなる。左右各側でかなり差異が見られ、存在することも欠如することもある。」
「多くの場合片側のみが発達する。恥骨への付着位置にトリガーポイントが存在することがある。関連痛領域:恥骨の付着へ。臍の中心に沿って。」
会陰の筋群
115.肛門挙筋 S4脊髄神経、陰部神経(時にS3−S5からも)
恥骨尾骨筋部:[恥骨上枝内面] 腸骨尾骨筋部:[坐骨棘内面][閉鎖筋膜]
 ⇒ [尾骨(最後の2節)][肛門尾骨縫線][外肛門括約筋]
@直腸と膣の括約A尾骨筋と共に肛門挙筋は筋性骨盤横隔膜を形成し、骨盤内臓を支持し、努力呼気やValsalva操作の息こらえの時のような腹腔内圧の急激な上昇に対抗する。
「幅広く、薄い筋層で、反対側の筋と結合して骨盤底を形成する。前方では恥骨の結合の外側部に着き、後方では坐骨棘の後方ならびに、これら両者と閉鎖筋膜との間に付く。筋線維は内方に向けて種々傾きを示しながら走る。」
116.尾骨筋 S4−S5脊髄神経、陰部神経叢
[坐骨棘][仙棘靱帯] ⇒ [尾骨外側縁][仙骨最終末分節側面]
○尾骨筋は尾骨を前方に牽き、尾骨が排便や分娩で後方に押しやられた後、元の位置に戻し支える。肛門挙筋および錐体筋と共同して後骨盤腔および骨盤出口(産道)に圧を加える。「左右対をなした筋は肛門挙筋の後ろかつ上に存在し、肛門挙筋と同一面上で連続している。この筋はときに欠如することがあり、仙棘靱帯の骨盤部と考えられる。」
117.精巣挙筋 L1−L2脊髄神経(陰部大腿神経)
[鼠径靱帯(内腹斜筋と連続して)本質的にはこの筋は腹筋に属する]
 ⇒ [恥骨結節および稜][腹直筋および腹横筋の筋鞘]
@精巣(睾丸)を浅鼠径輪の方に引き上げるA位置を調節して精巣の温度調節を行う
「精索に沿う弛んだ筋束からなり、隙間の多い組織で互いに結びつき、精索と精巣の周囲の精巣挙筋膜を形成する。内腹斜筋または腹横筋と連続しているといわれることも多い。浅鼠径輪をくぐり抜けた後、筋は精索の上に種々の長さのループを作るように広がる。この筋の筋線維には横紋があるが、一般に随意筋ではない。大腿内側の皮膚に刺激を加えると、精巣挙筋(挙睾筋)反射が起こる。女性では痕跡器官として認められる。」
118.浅会陰横筋 S2−S4脊髄神経(陰部神経)経穴は会陰(「会」は会合する所、「陰」は前陰と後陰を指している。この経穴は前後の二陰の間にあり、任脈・督脈・衝脈の三脈の交会穴で、任脈の絡で督脈に分かれてめぐる。この三脈はすべて陰なので会陰と呼ばれている。)醒神鎮驚・通調二陰の作用があり、鍼や灸にて溺水窒息・昏迷・癲狂・癇症・二便不利・痔疾などに効果。
[坐骨結節内側かつ前側部] ⇒ [会陰体(中心に位置する。会陰筋や筋膜が集まる車軸中心のような構造物)
○両側の筋の作用により、中心に存在する会陰体を固定する働きをする。
「男性、女性共に幅の細い筋索からなり、肛門の前の会陰部をほぼ横走する。会陰体のところで反対側からの筋と合体する。この筋は時々欠如することもあれば、二重に重複存在することもある。」
119.深会陰横筋 S2−S4脊髄神経(陰部神経)
[坐骨下枝] ⇒ [男性:会陰体][女性:膣側面;会陰体]
○会陰体の固定(確実ではない)
「小さな深部にある筋で、男性、女性共に似た構造と機能を持つ。左右両側の筋は正中で会陰体のところで合体する。この筋は尿道括約筋と同じ面内にあり、一緒に尿生殖器隔膜のふくらみの大部分を形成する(両方一緒に尿道括約筋と呼ばれるのが普通である)。」
120.球海綿体筋(以前の呼称 男性:球海綿体筋;排尿促進筋 女性:膣括約筋) S2−S4脊髄神経(陰部神経)
男性:[会陰体とその正中縫線への腹側延長部]
 ⇒ [尿生殖隔膜下部筋膜][尿道海綿体上の腱膜][坐骨海綿体筋膜の前の陰茎体][陰茎背面血管の上への腱延長部]
@排尿の終わりに尿道を空虚にする(排尿を中止できる)A中部線維は球勃起組織を圧縮することにより陰茎の勃起を助ける。前部組織は深背静脈を絞扼することにより勃起を助けるB射精の際に反復して収縮する。
「肛門前方の会陰の中心線に存在し、2つの左右対称的な部分が腱性縫線で結合してできている。筋線維は羽の片面のように分かれている。後部線維は尿生殖隔膜の下部筋膜の上に広がる;中部線維は尿道球と陰茎海綿体を取り囲み反対側からの線維と共に強い腱膜を形成する;前部線維は陰茎海綿体の上に広がる。」
女性:[会陰体][外肛門括約筋と混じり合う] ⇒ [陰核海綿体]
@膣口の絞扼A深背静脈、陰核を前部線維が絞扼し、陰核の勃起に役立つ。
「膣の出口を囲み、前庭球の外側部を被う。筋線維は前方では膣の両側を走り、筋索を陰核体部を被うために送っている。」
121.坐骨海綿体筋(以前の呼称 男性:陰茎勃起筋 女性:陰核勃起筋) S2−S4脊髄神経(陰部神経)
男性:[坐骨陰茎脚背側の結節と枝][恥骨枝] ⇒ [腱膜となって陰茎体の両側と下面]
○陰茎脚を圧迫し、静脈による血液還流を遅らせ、勃起を持続させる。
「筋は左右対をなして陰茎脚を被う。」女性:[坐骨結節内面と枝][陰核脚表面] ⇒ [陰核脚下面と両側に付着する腱膜]○陰核脚を圧迫し、静脈還流を遅らせ、その結果勃起を助ける。
「陰核脚の非付着面を被う。男性の担当筋よりも筋は小さい。」
122.尿道括約筋 S2−S4脊髄神経(陰部神経)
男性:[坐骨恥骨の枝(上位線維)][横会陰靱帯(下位線維)] ⇒ [他側からの筋と会陰体で集合する]
@尿道圧迫(両側作用)A射精時に活動B排尿時に弛緩
「尿道膜部の全長を取り囲み、尿生殖隔膜の中に囲み込まれる。」
女性:[恥骨両側の下枝][横会陰靱帯] ⇒ [尿道の後部で反対側の筋からの線維と混じり合う]
○尿道を絞扼する
「外側筋線維と内側筋線維の両者あり。外側線維は恥骨から起こり、恥骨弓を横切って尿道の前に向かい、その周囲を囲む。内側線維は尿道の下端を取り囲む。」
123.外肛門括約筋 S2−S3脊髄神経(陰部神経)、S4脊髄神経
[肛門の縁を囲む皮膚][尾骨(肛門尾骨靱帯を介し)] ⇒ [会陰体][この部の数多くの他筋と混じり合う]
○肛門の出口を閉ざし続ける。常に緊張性収縮状態にあり、拮抗筋を持たない。排便時には筋が弛緩し、肛門出口を開く。努力呼気やValsalva操作の息こらえのような時に、肛門出口をより強く閉じるために随意的に筋を収縮させることもできる。
「肛門管全体を取り囲む。3つの部分からなる。すべて骨格筋である。」
1.      皮下部:下位肛門管の周りにある。筋線維は肛門出口の皮膚の下を水平に走る。
2.      表在部:骨(尾骨末端分節)に付着する唯一の部分である;会陰体
3.      深在部:上内括約筋の周りの分厚い帯で、筋線維は肛門挙筋と筋膜の恥骨直腸筋と混じり合う。
(肛門皮膚皺筋、内肛門括約筋は不随意筋。解説無し)
上肢の筋群
肩甲骨に作用する肩甲帯の諸筋
124.僧帽筋 副神経
上部:[後頭骨(外後頭隆起、上項線内側1/3)][項靱帯][(C1〜5)C7棘突起]
 ⇒ [鎖骨(後面、外側1/3)][肩甲骨肩峰前面]
中部:[(C6〜T3)T1−T6棘突起と棘上靱帯] ⇒ [肩甲骨(肩峰内側縁、肩甲棘後縁上唇)]
下部:[(T4〜)T7−T12棘突起(と靱帯)]
 ⇒ [肩甲骨(腱膜を以って棘根部に、さらに根部の円滑な三角面尖端にある結節へ)(『クリニカルマッサージ』では、肩甲挙筋起始部に近い肩甲棘内端)]
上部:@[肩甲骨と肩の挙上A頭部回旋(反側稼動)B頭・頚部伸展
中部:○肩甲骨内転
下部:@肩甲骨内転A下制B上方回旋
上部と下部:○(肩甲骨下角が外方かつ前方に移動するよう)肩甲骨を回旋し、肩関節臼を上方へ向ける
「頚の後方、肩、胸郭上部の上を被うように存在する扁平の筋。上部僧帽筋線維は後頭骨から下外側方に向けて走り下り、中部線維は水平に走り、下部線維は脊椎から肩甲棘の方に上外側方に向けて走る。」
「上部は薄く比較的力が弱い為、頚の動きにさほど重要ではなく、鎖骨挙上時に関与する。中部は厚く力が強い。僧帽筋の重要な働きは、三角筋の働きを助けるため、上肢外転などの時に肩甲骨を固定する。又、僧帽筋が継続して上方回旋することによってのみ手を頭の上まで挙上することができる。」
「重いバッグの保持により、肩甲挙筋と共にストレスがかかる。」
「関連痛領域:上部は頚部から乳様突起・耳から側頭部・下顎角、中部特に肩峰近くの外端は腕(近位と肘下部分)の外側、中部と下部は頭蓋底の後頚部また左右肩甲骨間」
項横筋
「稀に存在(25)。僧帽筋と胸鎖乳突筋の停止間に張る筋。僧帽筋の浅または深側を横に走る。」(『図解解剖学事典』から)
125.大菱形筋 肩甲背神経、C5経穴は肺愈。「愈」は運ぶの意でもあり、こり経穴は背部にあり肺に繋がって、肺気をめぐらせ注ぐところで、肺の疾患を治す要穴なので、肺愈と呼ばれる。疏風清熱、宣肺、平喘などの作用があり、寒熱の邪による肺の諸証などに対応する。気喘、胸痛、吐血、骨蒸潮熱、盗汗などを主治とする。鍼は斜刺1〜1,5cm、灸は7〜15壮、筋緊張を指圧・マッサージでほぐす。心愈。この経穴は心の背部愈穴で、心気がめぐり、体表に現れる所。心は血を主り、神を蔵す。理気和血、化痰寧心、安神の作用がある。心疾患を主治とする。心痛、驚気、失眠、健忘、心煩、咳、吐血、遺精、盗汗、癲狂、癇症などを主治とする。
筋肉上の経穴は大序・風門・肺愈・蕨陰愈など。パソコンのマウスなどデスクワークで酷使。鍼・灸・指圧・マッサージは勿論ストレッチも有効

[T2−T5(T1〜T4)棘突起][棘上靱帯] ⇒ [肩甲骨内側縁(上方肩甲棘根部、下方肩甲骨下角の間)]
@肩甲骨内転A肩甲骨下方回旋(肩関節臼が下方に向かう)B肩甲骨挙上
「筋線維は胸椎と肩甲骨内側縁の間を軽く下外側方向に走る。」
「菱形筋は上背部の痛みの主要因である。肩を前方に引っ張る大胸筋の緊張と、菱形筋の緊張は関連している。関連痛領域:肩甲骨の内側縁に沿って、肩甲骨上角の上」
「菱形筋は懸垂の際に強力に働く。鉄棒にぶら下がった状態では肩甲骨は上方回旋しているが、懸垂を始めると菱形筋が肩甲骨を下方回旋させつつ、脊柱に向かって後退させる。僧帽筋が菱形筋と同時に働くと、肩甲骨はわずかに挙上しながら内転する。この肩甲骨の挙上を防ぐには広背筋の働きが必要になる。また、菱形筋は胸を張って「気をつけ」をする時の姿勢筋である。」(『3D踊る肉単』から)
126.小菱形筋 肩甲背神経、C5経穴は大杼。「杼」とは、機織に使う杼を指す。脊椎の両側に伸びる横突起が杼に似ているので古くは杼骨と呼ばれていた。この経穴は一番大きい第一胸椎の両側にあることから、大杼と呼ばれる。足の太陽膀胱経、手の太陽小腸経、手の少陽三焦経、足の少陽胆経の交会穴で、八会穴の中で「骨会」に属す。この経穴は琺風解表、疏調筋骨の作用がある。頭痛、項背部のこわばりや痛み、肩甲骨のだるさや痛み、咳、発熱などを主治とする。鍼は1〜1,5cm、灸は7〜10壮、コリをマッサージ、指圧にてほぐす。
[C7−T1(C6・7)棘突起][項靱帯] ⇒ [肩甲骨内側縁上の肩甲棘根部]
@肩甲骨内転A肩甲骨下方回旋(肩関節臼が下方に向かう)B肩甲骨挙上
「大菱形筋の直上にあり、筋線維は大菱形筋と平行して走る。」
127.肩甲挙筋 C3−C4脊髄神経、肩甲背神経、C5経穴は肩中愈。寝違えの原因筋。指圧・マッサージ・鍼は有効。
[C1・C2横突起][C3・C4横突起・後結節] ⇒ [肩甲骨脊椎縁(肩甲骨上角と肩甲棘根部の間)]
@肩甲骨挙上・内転A肩甲骨下方回旋(肩関節臼が下方に向かう)B頚椎側屈(同側稼動)C頚椎回旋(同側稼動 )D頚椎伸展
「頚の後外側に位置し、頚の後三角の底で胸鎖乳突筋の深部を下る。」
「小胸筋により肩甲骨が固定されると、肩甲挙筋両側同時の働きで頚部伸展、片側の働きで頚部側屈が起こる。」
「重いバッグの保持や杖・松葉杖の使用により、僧帽筋と共にストレスがかかる。」
「肩甲骨を挙上する僧帽筋および関節窩を下向きに回旋させる菱形筋を補助する。関連痛領域:肩甲挙筋上、肩甲骨の内側縁に沿って、肩甲骨上部から上腕背部にかけて」
128.前鋸筋 長胸神経、C5−C7
[第1肋骨から第8(〜10)肋骨へ分岐する(上面と外側面)][肋間筋腱膜] ⇒ [肩甲骨脊椎縁全体の腹側面] 第1分岐:[肩甲骨上角前面] 第2・3分岐:[肩甲骨脊椎縁全体の前面] 第4〜第8分岐:[肩甲骨下角]
@肩甲骨外転A肩甲骨上方回旋(肩関節臼が上方に向かう)B肩甲骨内側縁を前方に牽き、胸壁に近寄せる(翼状肩甲防止)C肋骨挙上
鋸筋は僧帽筋と一緒に働き、力を合わせる一組となって肩甲骨を上方に回旋させ(関節臼を上に向かせる)、それによって上肢を完全に挙上(150°から180°)することを可能にする。その際肩甲骨の中心に位置する回転中心のまわりに3つの力のコンポーネント(部品・要素)が働く;(1)僧帽筋上部による肩甲棘肩峰端への上方牽引力、(2)僧帽筋下部による肩甲棘基部への下方牽引力、(3)鋸筋の下部線維による肩甲骨下角への外側方かつ前方への牽引力、である。
「この筋は胸郭を囲む大きな筋層で、上位8,9肋骨から多くの分岐を作りながら起こっている。胸郭後部では肋骨と肩甲骨の間に位置し、胸郭をめぐり肩甲骨の下を通って肩甲骨内側縁に付着する。下方の付着部は外腹斜筋の上位筋索と組み合わさっている。」
「ボールを投げる・バスケットボールをシュートする時などで、肩甲骨をわずかに上方回旋させながら外転させる働きをする。腕立て伏せ・ベンチプレス時の最後に腕を伸ばしきる5〜10°のところでよく使われる。」
「前鋸筋は胸筋の協力筋で、菱形筋の拮抗筋である。胸部側面および腕の下側に小胸筋と同じパターンの痛みを起こすことがあり、これらの痛みは前鋸筋に沿って治療するのが最も容易である。関連痛領域:胸郭中央辺りの胸部側面、腕の尺側を下り薬指から小指まで、肩甲骨下角内側」
129.小胸筋 内側および外側胸筋神経、C8−T1
[第3−第5肋骨(肋軟骨に近い上面と外面)][肋間筋腱膜] ⇒ [肩甲骨烏口突起・内側縁・上面]
@肩甲骨外転(肩甲骨は下方に傾きながら胸壁のまわりを前方に移動する)A努力吸気に際して肩甲骨を固定しながら肋骨を挙上する。
「この筋は起始部の幅がより広く、大胸筋の直接下にあって、上部胸郭の上に位置している。この筋は腋窩の前壁の一部を(大胸筋と)作っている。筋線維は上外側方に向かい、扁平な腱となって集まっている。」
「小胸筋は、回旋を生じさせずに肩甲骨を外転させる、特に腕立て伏せのように肩甲骨の外転だけをさせる際に前鋸筋と共に働く。前鋸筋が肩甲骨を外転させながらもわずかに上方回旋させるのに対し、小胸筋は肩甲骨を外転させながらわずかに下方回旋させる。したがってこの2つの筋肉が同時に働くことで上方・下方回旋が相殺され、結果、単純な肩甲骨の外転運動が生じる。」
「小胸筋は肩甲骨を胸部に固定する。このため、腕の下方向の動きによる損傷を受けやすく、一般に腕から指先までの痛みの原因となる。小胸筋の痛みには、多くの場合、菱形筋など上背部の筋肉の痛みが伴う。腕神経叢が烏口突起への付着のすぐ下を通っているため、特に腕を挙げた時に小胸筋の緊張が神経を圧迫することがあり、腕に麻痺を起こす原因となる。腋窩は、肩甲上腕関節の真下の領域で、後部は大円筋・小円筋・広背筋からなる筋束で形成され、前部は大胸筋で形成されるスペースである。主要な腕神経と血管がこの領域を走っている。治療時はこれらの神経・血管を回避するため、筋肉との一定の接触を維持したままゆっくり行う。関連痛領域:肩前部から前胸部にかけて、腕の掌側に沿って、中指から小指まで」
脊椎上腕筋群
130.広背筋 胸背神経、C6−C8前枝
[T6−S棘突起(正中仙骨稜)][第9−第12肋骨][肩甲骨下角][棘上靱帯][腸骨稜後方1/3] 
 ⇒ [上腕骨結節間溝小結節稜[上腕深部筋膜]
@肩関節伸展・内転・内旋A(物を持ち上げる時のような)脊柱過伸展B手を頭上から下方(または後下方)に押し下げる動作(クロールのストローク、クライミング、カヌー等)C肩の下制(松葉杖歩行で上肢の位置まで身体を持ち上げる)D強い呼気・深吸気(咳・くしゃみ等)
「胸郭後面下部と腰椎部を広い筋層。この広い起始から起こった筋線維は上腕骨近位に集まって一緒に付着する。上部線維はほとんど水平に肩甲骨下角の表層を走るが、最下部線維はほとんど垂直に走る。この筋は大円筋下縁のまわりを螺旋状にとりまき、自分自身の上にねじれ、その結果上部線維が始めは後方を走り、ついで下方に走る。同様に最下部の垂直上配列した線維は前方にねじれ、最後には上方に来るようになる。」
「僧帽筋が体幹後上部を被うように、広背筋は体幹後下部を被う。上腕前面に付着し、腕を腰部と骨盤に結びつけている。広背筋は大円筋と共に腋窩の後縁を定める筋束を形成する。関連痛領域:肩甲骨下角周囲・肩甲骨から腋窩にかけて腕背面下方橈側(薬指・小指)まで、三角筋前部の上、腰部側面」
131.大胸筋 鎖骨部:外側胸筋神経、C5−C7 胸肋部:内・外側胸筋神経、C8−T1
鎖骨部:[鎖骨][胸骨側半分前面] 胸肋部:[胸骨(前面の幅の半分から下って第6肋骨の胸骨への付着部まで)]
[肋骨(第1肋骨と時に第7肋骨を除く全ての真の肋骨の肋軟骨)][外腹斜筋腱膜]
 ⇒ [上腕骨結節間溝大結節稜]
@肩関節内転・内旋A努力吸気時の胸郭の挙上(両上肢を固定された状態で)B鎖骨部:肩関節屈曲・内旋・水平内転C胸肋部:肩関節伸展・水平内転、クライミング時の体幹の上方かつ前方牽引
「この筋は大きく、分厚い扇状の筋で、胸郭の前上面を被っている。大胸筋は腋窩の前壁の部分を形成する(前腋窩ヒダ、外転時に明らかになる)。筋は2つの部分に分かれているが、両者共に腋窩に向かって集まる。鎖骨部線維は下外側方、上腕骨付着部に向かい走る。胸肋部線維は胸骨中央からは水平に、肋骨からは上外側方に走る。下部線維はほとんど垂直に腋窩に向かって起こっている。2つの部分は一緒になって共同腱を作り、上腕骨に付着する。」
「関連痛領域:同側前胸部、肩前部の上、上腕掌側下方、肘直下の前腕掌側から中指と薬指まで」

胸骨筋
「胸骨と平行に、大胸筋とは直行する。(破格4%)(『図解解剖学事典』から)
肩甲上腕筋群
132.鎖骨下筋 C5−C6(腕神経叢の鎖骨下枝)
[第1肋骨・肋軟骨(骨軟骨結合部で)] ⇒ [鎖骨下面中央1/3の溝]
@肩の下制(補助)A鎖骨を下制し、かつ前方に出す。それにより肩関節運動のあいだ鎖骨を固定する。
「鎖骨の下面に鎖骨と第1肋骨の間に張っている小さく長めの筋。筋線維は上方かつ外側方に向かい、鎖骨の形状に合わせて走る。」
「関連痛領域:鎖骨に沿って外方へ、肩と上腕の正面、前腕の橈側に沿って母指から中指まで」
133.三角筋 腋窩神経、C5−C6肩寥(「肩」は肩関節、肩の端を指し、「寥」が骨に挟まれた陥凹のことなので肩寥と呼ばれる。)疏筋利節の作用がある。肩部から上腕部の疼痛、腕が挙がらない、上肢のしびれと筋無力などを主治とする。鍼は直刺で1cm、灸は7〜10壮、硬結、筋緊張に対し、マッサージも有効。へたな整体・ストレッチは害になる。
前部:[鎖骨前面外側1/3] 中部:[肩甲骨肩峰・外側縁・上面] 後部:[肩甲棘後縁下唇]
 ⇒ [上腕骨骨幹中央外側粗面]前部・中部の間に経穴肩隅(隅は骨と骨の隙間を指し、肩甲骨と上腕骨のくぼみにあることで名付けられた。陽明大腸経と陽僑脈の交会穴)。肩関節疾患、上肢神経痛・マヒ、皮膚病、半身不随の際は肩謬・肩貞を併用。(半身不随の時は17日以内に多壮灸を行い、肩関節の筋の衰えを防ぐ。)鍼は直・斜・横刺で2cm、灸は3〜5壮、指圧・マッサージも効果あり。
@前部:上肢屈曲・内旋A中部:肩関節外転(前部・後部は上肢の固定)B後部:上肢伸展・外旋
「この大きな多数回羽状の三角形の筋は、前・側・後方から肩を被っている。肩甲骨と鎖骨上の広い起始部から起こる筋線維は、すべて上腕骨付着部に集まるが、さらにそこから上腕の深部筋膜へ付着部の延長が出ている。前部線維は斜め後方と側方に下り、中部線維は垂直に下り、後部線維は斜め前方と側方に下る。三角筋は上腕骨頭を上方に転移させる傾向がある。」「関連痛領域:局所筋肉上で放射状に広がる」
134.肩甲下筋 肩甲下神経、C5−C6
[肩甲骨(肩甲下窩と腋窩縁に沿う溝)][この筋を大円筋および上腕三頭筋(長頭)から分けている腱膜][腱板]
 ⇒ [上腕骨小結節および臼上腕関節の関節包前部]
@肩関節内旋A上腕骨圧抵による肩甲外腕関節の固定・支点確保(上腕骨頭を肩甲間接臼の中に保持する)
「この筋は腱板筋を作る筋の1つである。大きな三角形の形で肩甲下窩を埋めている。付着部の腱は肩甲頚より大きな滑液包により隔てられているが、この滑液包は事実上は関節の滑液膜の膨隆したものである。変異は稀である。」
「菱形筋が肩甲骨をしっかり固定している時に有効に働く。肩関節0°上肢外転位からの内旋運動で鍛えられる。」
「五十肩などで外転が制限されている場合は肩甲下筋が関与している。物を投げる動作は筋に急激な運動による損傷をもたらす。肩関節脱臼、長期間肩を固定するなども肩甲下筋に微小な損傷をもたらす原因になる。」
「肩関節の固定筋で、高重量あるいは反復的な挙上でストレスを受ける。腕を頭上へ完全に挙げられない時は、肩甲下筋の短縮の兆候と考えられる。関連痛領域:肩甲骨の上、腋窩背面、上腕に沿って手首まで」
135.棘上筋 肩甲上神経、C5−C6経穴は曲垣(曲垣とは、堀や垣根の意である。この経穴は肩甲棘上方の陥凹にあり、肩甲骨の形が低い堀のように湾曲していることからこの名が付いた。疏筋利節の作用があり、肩甲骨のこわばりや痛みを主治とする)。頑固なこりに対し、鍼は外端方向に斜刺で1cm刺入。灸は3〜7壮。マッサージを含め強刺激は脳貧血をまねく恐れあり。秉風(「秉」は掌握する・手に持つなどの意。「風」は風邪の意。この経穴は風を支配し掌握することで、風邪による症状を治すことからこの名が付いた)。粛降肺気・散風除筋の作用、鍼は肩甲骨外端に向かい斜刺1cm、灸は3〜7壮、指圧・マッサージにてコリをほぐす。
[肩甲骨棘上窩内側2/3][棘上筋膜] ⇒ [上腕骨大結節最高位部分][肩甲上腕関節関節包]
@肩関節外転・外旋A(他の腱板筋と合わせて)上腕骨頭を肩関節臼の中に保持する。
「この筋は4つの腱板筋をつくる1つで、棘上窩全部を充たし、筋線維は1つに集まって扁平な腱を作り、肩甲上関節の上を横切って上腕骨付着部に到る。この腱は肩関節周囲の腱板筋のうち、最も断裂を来すことが多い。」
「上記Aの作用で、特に投球時のフォロースルー期に上腕骨が強く引っ張られ、肩甲骨から離れようとする際に棘上筋が働き、上腕骨頭を肩甲窩に近づけて動的安定性を保つ。」
「棘上筋は、重いウエイトを持ち続ける・腕を挙げた状態(特に肩より高い位置)で作業を続けるなど全ての回旋筋腱板活動の間活性化している。障害の主な原因は、重いケースを持ち続ける・長時間PCのマウスを操作し続けるなど、肩関節の固定筋としての働きである。関連痛領域:肩上部、三角筋中部領域上、上腕外側」
136.棘下筋 肩甲上神経、C5−C6経穴は天宗(上部を「天」とし、「宗」は一族の集団を意味する。臓腑で一番高いところにある肺を天とし、その表に小腸経の経気が集まるのが天宗)。四十・五十肩時の鍼・灸・指圧・マッサージの特効穴。
[肩甲骨棘下窩内側2/3][棘下筋膜] ⇒ [上腕骨大結節中央部分]
@肩関節外旋A上腕骨頭を肩関節臼に押し付け、臼上腕関節を固定支持、支点を確保する。
「棘下窩の大部分を占める。筋線維は1つに集まって付着腱を構成する。この腱は肩甲棘の外側縁の上を滑走し、ついで関節方の後方部分を横切って走り、上腕骨に付着する。この筋は腱板筋をつくる第3番目の筋である。」
「上肢の外旋筋として最も強力。腱板筋の中では棘上筋に次ぎ傷めやすい。肩関節0°または90°外転位での外旋運動が最も鍛えられる。」
「内旋運動の繰り返し、又は高速運動で損傷する。」
「腕を動かす時に肩関節の外旋筋および固定筋として機能する。関連痛領域:肩甲骨内側縁の上、三角筋中部もしくは後部領域上、腕の下方橈側、示指と中指または示指から薬指」
137.小円筋 腋窩神経、C5−C6
[肩甲骨腋窩縁背面の扁平な面近位2/3][腱膜層板(2つの部分からなり1つは小円筋との隔壁を作り、もう1つは棘下筋との隔壁を作る)] ⇒ [上部線維は上腕骨大結節最下方部分(棘下筋停止部のすぐ下)][下部線維は上腕骨体]
@肩関節外旋・内転(作用は弱い)A上腕骨頭を肩関節臼に保持し、臼上腕関節を固定支持、支点を確保する。
「多少円柱状で長く伸びた筋として、小円筋はその起始部から外側方かつ上方に昇り、腱を作って上腕骨の大結節に付着している。この筋は棘下筋の下方にあり、その筋線維は棘下筋の線維と平行に走る。この筋も腱板筋の1つである。」
「肩関節0°または90°外転位での外旋運動が最も鍛えられる。」
「本質的に棘下筋の補助筋。関連痛領域:上腕外側の上部」
138.大円筋 肩甲下神経、C5−C6
[肩甲骨下角近位の背面外側縁下1/3][(大円筋と小円筋および棘下筋の間を隔てる)線維性隔壁]
 ⇒ [上腕骨結節間溝小結節稜]
○肩関節内転・内旋・伸展
「大円筋は扁平であるが分厚い筋で外側方かつ上方に昇り、上腕骨に向かう。その腱は広背筋の腱の後にあり、一般に両者は短い距離であるが、癒合合体している。」
「菱形筋が肩甲骨をしっかり固定している、又は下方回旋している時にのみ働く。広背筋・大胸筋・肩甲下筋による肩関節内転・内旋・伸展の補助。」
「大円筋は広背筋と共に腋窩の後縁を定める筋束を形成する。関連痛領域:三角筋中部と前腕背側の上」
139.烏口腕筋 筋皮神経、C6−C7
[肩甲骨烏口突起尖端][筋間中隔] ⇒ [上腕骨骨幹内側縁に沿う中央付近]
@上腕骨屈曲A上腕内転
「上腕筋中最も小さな筋で、上腕の上内側部に沿って存在し、小さく丸みを帯びた高まりのように見える。筋線維は上腕骨の軸に沿って走る。」
「肩関節の屈曲と内転を補助し、水平屈曲時に重要な働きをする。」
「関連痛領域:上腕、前腕、および手背と三角筋中部および前部領域」
肘関節に作用する筋群
140.上腕二頭筋 筋皮神経、C5−C6経穴は天府(「天」は身体の上部をいい、臓腑で一番高い場所にある肺の意味もある。また「府」はこの場合全身の諸気が集まる肺の意味。古人は目の前にまっすぐ伸ばした患者の腕を高く拳上し鼻先と上腕がぶつかる所を経穴とした。鼻は肺窮で肺に代わり天気を受ける所といわれていて、それが天府といわれる所以。)通宣肺気、清熱涼血の作用がある。筋肉の痛みに対し鍼直刺1cm、灸7〜10壮、硬結部をマッサージにてほぐす。侠白。「侠」は「夾」と同じ意で、「白」は白色の意。」寿世保元」で侠白を取穴するとき、「乳頭に墨で印を付け、乳を挟むように上腕を胸の前で交差させ、乳頭に押し付けて墨が付いた所が経穴である」と記されている。肺は五行で白に属し、上腕内側にあるこの経穴は白の肺を挟んで両脇に位置するので侠白と名付けられた。宣散肺気、理気寛胸の作用があり、咳喋、心痛、乾嘔(からえずき。声だけあって物を出さない嘔吐)、胸満、上腕部の内側痛などを主治とする。
長頭:[肩甲骨関節上結節] 短頭:[肩甲骨烏口突起尖端]
 ⇒ [橈骨粗面][幅広い上腕二頭筋腱膜が前腕屈筋上を被う深部筋膜と癒合する]
@肘関節屈曲A前腕回外(強い作用)B肩関節の屈曲(弱い作用)C三角筋が働く際に上腕骨頭を肩関節臼に押し付け、固定支持、支点を確保する。(長頭)
「上腕骨の遠位半分の上と肘関節の前方部分の上に位置する。」
「関連痛領域:筋肉そのものの領域から肘の内側、三角筋中部、および棘上筋の近位の領域」
「前腕が回外すると、上腕二頭筋の停止部の橈骨粗面が前腕の掌側を向き、上腕二頭筋の屈曲力が増す。逆に前腕が回内すると、橈骨粗面が回り込み、上腕二頭筋腱は伸ばされ屈曲力が弱まる。肘関節屈曲状態では、上腕二頭筋は強力な回外筋となる。(回外筋より働く。)
141.上腕筋 筋皮神経、C5−C6
[上腕骨骨幹前面遠位2/3][筋間中隔] ⇒ [尺骨粗面][鈎状突起(ザラザラ面)][肘関節前部靱帯]
○肘関節屈曲
「上腕骨の遠位半分の上と、肘関節の前方部分の上に位置する。」
「関連痛領域:肩峰までの上腕前面、肘前面、母指基部外側および後面」
「上腕筋は、前腕を回内・回外させてもあまり動かない尺骨に付着しているので、回内時にも屈曲力は弱まらない。」
142.上腕三頭筋 橈骨神経、C7−C8経穴は消礫。「消」は消える、散る、「礫」は熱が津液を痛める、邪気が停滞して治り難い、という意味。実熱、虚熱ともに効果があり、特に消渇の特効穴でもあるので、消礫と名付けられた。疏経活絡、清三焦之熱の作用があり、頭痛、項頚部のこわばり、腕が挙がらないなどの症状を主治とする。鍼は直刺1〜1,5cm、灸は10壮、筋腹に沿ってマッサージ。手五里。「里」は村、居住地などのこと。この経穴は手三里から上がること5寸にあり、1寸を1里とすると5里上にあるためこの名が付いた。行気散於の作用があり、肘・上腕部の痙攣、痛み、るいそう、咳喋、吐血、嗜眠、虐疾などを主治とする。
長頭:[肩甲骨関節下結節] 外側頭:[上腕骨大結節の下、上腕骨外側および後面(骨幹の幅細く綿状の後縁)][筋間中隔外側] 内側頭:[上腕骨(骨幹後面。橈骨神経溝より遠位で、ほとんど上腕骨滑車のところまで)][筋間中隔]
 ⇒ [尺骨肘頭][尺骨後面近位][前腕筋膜]
@肘関節伸展(抵抗に対抗する伸展の際は長頭と外側頭)A肩関節伸展・内転(補助的作用)(長頭)
「上腕の背側全体に沿って位置し、伸筋コンパートメント内にある大きな筋。各頭は全部が筋の中央より合体し始め、付着部の共同腱を作る。第4番目の頭があることも稀ではない。」
「手を回外する最も強力な筋である。」(『目でみる動きの解剖学』)
「関連痛領域:近位は上腕の背面から、肩の背面にかけて、遠位は手の背面、薬指と小指まで。肘の直上、前腕掌側まで」
143.腕橈骨筋 橈骨神経、C5−C6(時々C7の支配も受けるとされている)経穴は「手三里」(「里」は村、居住地などを指す。この経穴は上腕部の肘陵より3寸の所にあるので三里と名付けられたが、足三里と区別する為に手三里と呼ばれる)。鍼は直刺で1cm、灸は10〜20壮。筋緊張、硬結に対しては指圧・マッサージにて揉み解す。清瀉陽明・疏風活絡の作用があり、腹痛・腹瀉・歯痛・頬の脹れ、上肢の運動麻痺・肩背部の痛みなどを主治とする。上・下廉。「廉」は丘陵とか辺縁のことをいう。この経穴は前腕外側の筋肉の盛り上がった所にあり、盛り上がりの下に位置するものを下廉、上に位置するものを上廉という。両経穴とも疏筋活絡、理気通腑の作用がある。頭痛、眩量、眼の痛み、乳房の痛み、肘や腕のだるさやしびれなどを主治とする。
[上腕骨外側顆上外側縁近位2/3前面][外側筋間中隔] ⇒ [橈骨茎状突起直上外側面]
○肘関節屈曲(この筋は伸筋と共に進化発達してきた筋であり、橈骨神経支配を受けているが、その作用は前腕屈筋である。この筋は前腕完全回外位では活動が弱い。その理由は肘関節の前面を横切るより外側をまたいでいるからである。)
「前腕橈側の最も表在の筋で、肘窩の外側を形成する。薄い筋腹の筋で、前腕中央まで下り、そこから長く扁平な腱となり、橈骨遠位に向かって続く。」
「前腕中間位での肘屈曲が最も有効に働く。」
「肘関節回内位で手関節伸展を伴う時に損傷しやすい。」
「関連痛領域:肘外側面、手背面、母指と示指の間、前腕外側面」
144.肘筋 橈骨神経、C7−C8経穴は清冷淵。「清冷淵」とは寒冷で清涼な水を深くためている淵のことである。名前の通り、三焦に停滞した熱邪によって起こる疾患を、その寒冷の性質で癒す働きがある。清熱涼血、疏筋活絡の作用があり、偏頭痛、肩や腕の痛みで腕が上がらないなどの症状を主治とする。鍼は直刺1cm、灸は7〜10壮、筋・腱をマッサージやストレッチにてほぐす。天井。この経穴は肘の後ろで肘を屈曲したときにできる陥凹にあり、経気が深部に集まる所。上半身を「天」といい、天井星に応じていることからこの名が付いた。手の少陽三焦経の合穴で清熱化痰、疏経利節の作用がある。偏頭痛、項頚部から肩背部の痛み、癇症、るいそうなじを主治とする。
[上腕骨(別個の腱で)外側上顆後面][肘関節関節包後部] ⇒ [尺骨の肘頭・外側部・骨体上方1/4後面]
○肘関節伸展(補助的作用)
「肘関節の背側にある小さな三角形の筋で、その筋線維は尺骨付着部までの短い距離を内方に下る。上腕三頭筋の延長と考えられている。」
「関連痛領域:上腕骨外側顆周辺領域」
前腕に作用する筋群
145.回外筋 橈骨神経、C5−C6
[上腕骨外側上顆][肘関節外側側副靱帯][上橈尺関節橈骨輪状靱帯][尺骨体後面・回外筋稜]
 ⇒ [橈骨(表在面:外側縁、橈骨粗面 深在面:橈骨粗面内側面・後面および橈骨体上方1/3背面と内側面)]
○前腕回外
「幅広い筋でその筋線維は橈骨上方部分を取り巻く2つの面を形成する。この2つの面は共に外側上顆から起こる。
表在面は腱から起こり、深在面は筋線維から起こる。この筋にはかなりの変異がありうる。」
「肘関節屈曲時は上腕二頭筋が回外の働きをし、回外筋の関与は少ない。」
「肘関節伸展位で手関節回外を繰り返すと損傷しやすい。」
「深筋だが、浅筋ごしに圧迫することで治療が可能。関連痛領域:肘の掌側、外側上顆、手背、母指および示指基部」
140.上腕二頭筋
146.円回内筋 正中神経、C6−C7
上腕頭(浅頭)[遠位顆上縁][内側上顆][屈筋共同起始腱] 尺骨頭(深頭)[尺骨内側の鈎状突起]
 ⇒ [橈骨体中央外側面]
@前腕回内A肘関節屈曲(補助的作用)
「上腕頭の方がずっと大きい。薄い尺骨頭は急角をもって上腕頭と合体し、一緒に前腕を斜めに横切り、橈骨近くで扁平な付着腱になる。この筋の外側縁は肘窩の内側境界にあたり、肘関節の直前に位置する。」
「深筋だが、浅筋ごしに圧迫することで治療が可能。関連痛領域:前腕掌側の外側縁、特に手首と母指の付け根にかけて」
147.方形回内筋 正中神経、C8−T1
[尺骨遠位1/4前面・内側面および尺骨体の斜め尺骨縁][筋の中央1/3を被う腱膜]
 ⇒ [橈骨骨幹遠位1/4前面][深部筋線維は尺骨切痕上の幅狭い三角形の部分へ]
○前腕回内
「この筋は小さく、扁平な四辺形を呈し、尺骨遠位の前面を横切って橈骨遠位に向かう。その筋線維は完全に水平走行をたどる。」「方形回内筋のトリガーポイントの存在は立証されていない」
手関節に作用する筋群
屈筋支帯
「舟状骨および大菱形骨から豆状骨および有鈎骨鈎に張る強い靱帯。屈筋腱の通路を作る。」
「手、手首、および指の屈筋腱の大部分は、手根骨と屈筋支帯の形態で手根管を通過する。これらの腱が腫れると、正中神経に障害や炎症が起こり、手根管症候群の原因となる。前腕の屈筋を弛緩させた状態を保つことにより、これらの症状を予防できる。」
伸筋支帯
「十指伸筋腱を入れた6導管上を被う横走靱帯。」(『図解解剖学事典』から)
「長・短橈側手根伸筋、尺側手根伸筋は、前腕が回内位にある時に、特に手首の伸展力や固定力を発揮する。(例:テニスのバックハンドなど)
148.長橈側手根伸筋 橈骨神経、C6(C5・C7も報告されている)
[上腕骨外側上顆上縁遠位1/3][外側筋間中隔][共同伸筋腱]
 ⇒ [第2中手骨底背面橈側。時には筋索が第1および第3中手骨に及ぶ]
@手関節伸展・橈屈A手関節を固定することにより指屈曲の共同作用を営むB肘関節屈曲(補助的作用)
「腕橈骨筋の外側を下る。筋線維は前腕中央において扁平な腱となる。」
「関連痛領域:肘表面、手背外側面、前腕背側」
149.短橈側手根伸筋 橈骨神経、C6−C7
[上腕骨(共同伸筋腱により)外側上顆][肘関節橈側側副靱帯][腱膜鞘][筋間中隔]
 ⇒ [第3中手骨底背面橈側および茎状突起のすぐ遠位。筋索はしばしば第2中手骨にも及んでいる]
@手関節伸展A手関節橈屈(力は弱い)B(手関節固定作用により)指屈曲の共同作用
「この筋は短く分厚く、前腕上部で一部長橈側手根伸筋の下面を走り、その筋線維は手関節よりかなり上方で扁平な腱になって、さらに長橈側手根伸筋腱に並んで手関節の方に下る。」
「関連痛領域:手背側」
150.尺側手根伸筋 橈骨神経(深枝)、C6−C8
[上腕骨(共同伸筋腱を介し)外側上顆][尺骨近位(尺側手根屈筋と深指屈筋に共通する腱膜により)後縁]
 ⇒ [第5中手骨底尺側の結節]
○手関節伸展・尺屈
「筋線維は前腕の背尺側上を下り、手の背面の最も内側にある腱である前腕遠位1/3を通る腱に連なる。この腱は尺側の後縁のすぐ上にある溝の外側に触知できる。」「関連痛領域:手首尺側面」
151.橈側手根屈筋 正中神経、C6−C7
[上腕骨(共同屈筋腱を介し)内側上顆][筋間中隔][前腕筋膜] ⇒ [第2・3中手骨底前面]
@手関節屈曲・橈屈A指の伸展(腱性固定作用)B肘関節屈曲(弱い補助作用)C前腕回内(弱い補助作用)
「その起始部では細い腱膜性の筋で、前腕の円回内筋と長掌筋を下る。末梢に下るに従い大きさを増し、前腕の中途あたりで腱になって終わる。」
「前腕が回外している状態で最大の働きをする。」
「流れ作業や現金出納係などのように、指や手関節を酷使すると損傷しやすい。」
「関連痛領域:手首の掌側中央から外側へ」
152.長掌筋 正中神経、C6−C7
[上腕骨(共同屈筋腱を介し)内側上顆][筋間中隔]
 ⇒ [屈筋支帯(遠位)][手掌腱膜][筋索が短い母指筋に及んでいることもある]
@手掌腱膜を引き締め緊張させるA手関節屈曲(弱い作用)B肘関節屈曲(弱い作用)
「細長い紡錘形の筋で、前腕中途で長い腱となる。この筋には変異が多く、欠如することもしばしばある。」
「橈側・尺側手根屈筋が手首の内外転も行うのとは異なり、屈曲のみの働き。」
「屈筋支帯より浅部に腱がある唯一の屈筋。関連痛領域:前腕の掌面に沿って刺すような痛み、手掌に集中」
153.尺側手根屈筋 尺骨神経、C8−T1
上腕頭:[上腕骨(共同屈筋腱を介し)内側上顆]
尺骨頭:[尺骨肘頭・内側隆起・(腱膜を介して)尺骨体上方2/3][筋間中膜]
 ⇒ [豆状骨][有鈎骨鈎][第5中手骨底][豆中手靱帯]
@手関節屈曲・尺屈A肘関節屈曲(補助的作用)
「この筋は前腕の屈筋中最も尺側に位置する筋で、上腕頭は尺骨頭の広い起始と対照的に小さい。この両頭は腱アーチにより結ばれ、その下を尺骨神経が下っている。筋線維は筋の遠位半分の前外側縁に沿って形成される腱に終わっている。」
「大きな物体を強く握ると、尺側手根屈筋が損傷しやすい。」
「関連痛領域:尺側、掌側の手首」
指に作用する筋群
154.指伸筋 橈骨神経、C6−C8
[上腕骨(共同伸筋腱により)外側上顆][筋間中隔][前腕筋膜]
 ⇒ [遠位で4本の腱に分かれ、第2〜5指の3つの変異の多い腱間結合に付着する:中間腱索(各指中節底背面)外側腱索(2本):指伸筋腱膜様拡大部を介して各指末節底背面]
@第2〜5指MP関節伸展(直接)・IP関節伸展(MP関節を屈曲した位置で間接に)A手関節伸展(補助的作用)B第2・4・5指(伸展位時)外転
「筋は手関節より上で4本の別々の腱に分かれ、その腱は示指伸筋腱と共に伸筋支帯の下のトンネルを通り、共通腱鞘に入る。手の背面の上で4本の腱はそれぞれ各指に1本ずつ着くように分かれる。示指への腱は示指伸筋腱と共に走る。指へは線維性拡大部を介して近位指節背面に付着する。すべての指伸筋は虫様筋および骨間筋と一緒にこの付着機構を構成する。」
155.示指伸筋 橈骨神経、C6−C7
経穴は合谷(古い山の名前を意味し、「肉の大会するを谷と為し、肉の小会するを渓と為す」といった。2つの場所が合わさることを「合」といい、母指と示指を合わせると肌肉が山の峰のように盛り上がることで合谷と呼んだ(両指を開いた感じが虎の口に似ていることから「虎口」とも呼ばれる)。合谷は手の陽明大腸経の原穴で、四総穴のひとつでもある)。開竅醒神・清瀉陽明・疎風鎮痛や全ての眼科疾患、てんかん・神経衰弱など(自律)神経系疾患、めんちょうなど化膿性疾患、胃腸の不調に有効。鍼は刺入0,5cm程度で響きを感じる位。他に灸は3壮、指圧及びマッサージ。

[尺骨体後面(長母指伸筋起始部より遠位)][骨間膜] ⇒ [示指腱帽(エクステンサーフード)]([示指背側伸筋腱膜])
@示指MP関節伸展・IP関節伸展(内在筋と共同)・内転(副次的作用)A手関節伸展(副次的作用)
「長母指伸筋のすぐ下から起こり、それと隣接して走り下り、伸筋支帯の下を第2中手骨頭近くでくぐった後、指伸筋の示指への腱と尺側から合体し、示指腱帽へ付着する。」
「関連痛領域:手背面、示指背側」
156.浅指屈筋 正中神経、C7−C8
上腕尺骨頭:[上腕骨(共同屈筋腱により)内側上顆][尺骨(肘関節の)尺側側副靱帯][筋間中隔] 橈骨頭:[橈骨体前面斜線(上部前面)] ⇒ [(第2〜5指)中節骨(4本の腱を介して側面(掌面))]
@第2〜5指PIP関節屈曲・MP関節屈曲(補助的作用)A手関節屈曲(副次的作用。殊に力強い握り動作の際起こる)
「他の前腕屈筋群の深部に存在するが、最も大きな浅在性の屈筋である。筋線維は2つの浅層と深層の面に分かれている。浅層は橈骨頭と結合し、中指と示指への2つの腱に分かれる。深層は筋線維が分かれ、示指と小指への腱に連なる。4本の腱は屈筋支帯の下を通り抜け、対をなして並ぶ(中指と環指へ行くものと、示指と小指へ行くものの各対)
腱は手掌でふたたび分散し、基節骨底のところで各腱が2本の索に分かれ、深指屈筋腱が各指へ通り抜けて行けるようにしている。各策は再度癒合合体し、ついで再び分かれ、最終的に各中節骨の両側面へ付着する。橈骨頭は欠如することがありうる。」
「浅・深指屈筋だけが手指屈曲の主働筋で、物を握る動作で力を発揮する。」
157.深指屈筋 第2・3指:正中神経、C8−T1 第4・5指:尺骨神経、C8−T1
[尺骨体前面および内側面上方3/4(1/3)ならびに鈎状突起][骨間膜]
 ⇒ [(4本の腱に分かれた第2〜5指の各腱は浅指屈筋腱の開口部をくぐり抜けて)各指の末節骨底]
@第2〜5指DIP関節屈曲・MP・PIP関節屈曲(補助的作用)A手関節屈曲(副次的作用)
「浅指屈筋の深部にあって、深指屈筋は前腕の尺側に位置する。筋線維は前腕中央より下方で、4本の腱となり、各腱は横手根靱帯の下をくぐって手に向かう。示指への腱は独立しているが、他の指への腱は手掌に達するまで疎性結合組織ならびに腱索と織り合わされて一体となっている。浅指屈筋腱の腱の間をくぐり抜けた後、付着部に向かう。4本の虫様筋は手掌中で深指屈筋から起こる。」
「浅・深指屈筋だけが手指屈曲の主働筋で、物を握る動作で力を発揮する。」
小指に作用する筋群
158.小指伸筋 橈骨神経(深枝)、C6−C8
[上腕骨(共同伸筋腱により)外側上顆][筋間中隔]
 ⇒ [小指基節骨橈側(近位では2つの腱に分かれ、指伸筋腱拡大部および指伸筋腱に結合する)]
@小指MP・IP関節伸展・外転(副次的作用)A手関節伸展(副次的作用)
「指伸筋の内側にある細長い伸筋で、指伸筋と尺側手根伸筋の間を前腕に下り、伸筋支帯の下で自分のコンパートメント内をくぐり、ついで2つの腱に分かれる。外側の腱は直接指伸筋腱と合流合体し、3つの腱はすべて指伸筋腱拡大部に合流する。すべて小指基節骨に付着する。」
159.小指外転筋 尺骨神経、C8−T1
[豆状骨][尺側手根屈筋腱][豆鈎靱帯] ⇒ [小指基節骨底尺側][小指伸筋腱背側拡大部]
@小指外転・対立(補助的作用)AMP関節屈曲
「手掌の尺側縁に位置する。」
「もし第6指が存在するなら、小指外転筋はその背側骨間筋の半分を占める。関連痛領域:小指の外側および背側」
160.短小指屈筋 尺骨神経、C8−T1
[有鈎骨鈎][屈筋支帯] ⇒ [小指基節骨底尺側]
○小指MP関節屈曲・対立(補助的作用)
「この小指の短い屈筋は小指外転筋と同じ面上でその橈側にある。」
161.小指対立筋 尺骨神経、C8−T1
[有鈎骨鈎][屈筋支帯] ⇒ [第5中手骨(尺側縁全長にわたる)]
○小指対立(外転、屈曲および外旋、手掌のくぼみを深める)
「外転筋と屈筋の深部にある三角形の筋。通常隣接する筋と混じり合う。」
162.短掌筋 尺骨神経、C8−T1
[屈筋支帯][手掌腱膜] ⇒ [手掌尺側縁の皮膚]
○手の尺側の皮膚を手掌の方に引き寄せる。これにより小指球の高まりを増し、握り動作を助けるものと思われる。
「薄い表在性の筋で、その筋線維は小指球の隆起を横切って直接外側方に向かって走る。」
手の内在筋
163.虫様筋 第1・第2虫様筋:正中神経、C8−T1 第3・第4虫様筋:尺骨神経、C8−T1(第3虫様筋は尺骨・正中両神経から支配を受けることがあり、またすべて正中神経だけに支配されることもありうる)
第1・第2虫様筋:[単一の頭をもって示指・中指への深指屈筋腱橈側および掌側面]
第3・第4虫様筋:[2つの頭をもって中指〜小指への深指屈筋腱の隣り合う(接し合う)[[深指屈筋腱]
 ⇒ [指伸筋腱拡大部(橈側。各腱は遠位に、それぞれに対応する指の橈側に向かって伸びる。変異多し)]
○示指〜小指MP関節屈曲(同時に)IP関節伸展
「これら4つの小さな筋は中手骨の上で深指屈筋腱より起こる。これらの筋は単羽状筋であることもあれば、双羽状筋であることもある。これらは示指から小指の中手骨へ伸び、そこで各指の橈側で背側伸筋腱拡大部に合流する。本質的には、これらの筋は手の屈筋を伸筋腱機構に連結しているものである。付着様式は非常に変異に富む。このことが運動に複雑性を与え、記載に相違を生じる理由になっている。」
「指の正確な動き、特に強い握りの作用を骨間筋と協力して行う。骨ではなく腱に付着している点で、例外的な筋肉である。」
164.背側骨間筋 尺骨神経、C8−T1
〔第1背側骨間筋〕
外側頭:[第1中手骨尺側縁近位半分] 内側頭:[第2中手骨橈側縁全体] ⇒ [示指基節骨底橈側][第2MP関節関節包]
〔第2  〃  〕[示指と中指の中手骨の隣り合う側面] ⇒ [中指基節骨底橈側]
〔第3  〃  〕[中指と環指の中手骨の隣り合う側面] ⇒ [中指基節骨底尺側][背側伸筋腱拡大部]
〔第4  〃  〕[環指と小指の中手骨の隣り合う側面] ⇒ [環指基節骨底尺側][背側伸筋腱拡大部]
@指を外転し、中指の中心を通って引いた軸から離れさせるように動かす。AMP関節屈曲(補助的作用)BIP関節伸展(補助的作用)C母指内転(補助的作用)
「このグループは4つの双羽状筋からなる。一般に、それらは隣り合う中手骨から2つの頭をもって起こるが、遠位で付着する箇所では、より著明である。」「関連痛領域:対応する指の縁」
165.掌側骨間筋 尺骨神経、C8−T1
〔第1掌側骨間筋〕[第2中手骨尺側全体] ⇒ [示指基節骨底尺側][背側伸筋腱拡大部]
〔第2掌側骨間筋〕[第4中手骨橈側全体] ⇒ [環指基節骨底橈側][背側伸筋腱拡大部]
〔第3掌側骨間筋〕[第5中手骨橈側全体] ⇒ [小指基節骨底橈側][背側伸筋腱拡大部]
@中指中心を通る軸方向への示・環・小指内転AMP関節屈曲(補助的作用)BIP関節伸展(補助的作用)
「掌側骨間筋は背側骨間筋より小さい。これらの筋は手の掌面で中手骨部に見られる。3つの非常にはっきり区別できる掌側骨間筋が存在する。第4骨間筋が記載される場合もあるが、その場合は母指へ付着するものが第1となる。母指の骨間筋が存在する時は、中手骨と基節骨の尺側に存在する。又は母指の骨間筋は母指内転筋の一部と考えられている。中指に(掌側)骨間筋は存在しない。」「関連痛領域:対応する指の縁」
母指に作用する筋群
166.長母指外転筋 橈骨神経、C6−C7;時にC8(後骨間神経)
[尺骨骨体後面][橈骨骨体後面中央1/3][骨間膜] ⇒ [第1中手骨底橈側][大菱形骨]
@母指手根中手(CM)関節外転・伸展A手関節橈屈B手関節屈曲(弱い作用)
「この筋は回外筋のすぐ下方にあり、時々回外筋と癒合していることがある。下方かつ外側方に斜めに下り、手関節部で腱になって終わる。この腱は短母指伸筋の腱と一緒に橈骨遠位の外側にある溝を通って走る。腱は通常分かれて複数になる;1本の腱索は第1中手骨橈側に付着し、他の腱索は大菱形骨に付着する。」
167.長母指伸筋 橈骨神経、C6−C8(後骨間神経)
[尺骨骨体中央後外側面][骨間膜] ⇒ [母指末節骨底背面]
@母指伸展(IP・MP・CMC関節で)A手関節橈屈(副次的作用)
「この筋は長母指外転筋の遠位より起こり、下方かつ外側方に下り、遠位橈骨の上で腱に移行し、その腱は橈骨背面にある狭い斜めの溝の中を通り、手根伸筋腱の上を斜めに下る。その腱は短母指伸筋と分かれており、母指伸展時に解剖学的嗅ぎタバコ入れと呼ばれる三角形の窪みの橈側縁として浮き上がるのが見られる。この筋は短母指伸筋より大きい。」
168.短母指伸筋 橈骨神経、C6−C7;時にC8
[橈骨骨体後面][骨間膜] ⇒ [母指基節骨底背面。長母指伸筋腱を介して末節骨に付着することも多い]
@母指MP関節伸展A母指第1手根中手(CMC)関節伸展・外転B手関節橈屈(副次的作用)
「長母指外転筋の遠位から起こり、その内側に位置し、それと共に下るので、この両筋の腱は遠位橈骨外側の同じ溝を通り抜ける。この筋はしばしば事実上外転筋と結合している。また欠如することもある。」
169.長母指屈筋 正中神経(前骨間神経枝)、C8−T1
[橈骨骨体中央1/2(1/3)の溝のある前面][骨間膜][尺骨鈎状突起(変異あり)][上腕骨内側上顆(変異あり)]
 ⇒ [母指末節骨底掌側面]
@母指IP関節屈曲A母指MP・CMC関節屈曲(副次的作用)B手関節屈曲(副次的作用)
「深指屈筋と同一面上で、その外側を前腕の橈側に沿って下る。」
170.短母指屈筋 浅頭:正中神経、C8−T1 深頭:尺骨神経、C8−T1
浅頭:[屈筋支帯遠位縁][大菱形骨結節] 深頭:[小菱形筋][有頭骨][第1中手骨尺側深部]
 ⇒ [母指基節骨底橈側][伸筋腱拡大部]
@母指MP・CMC関節屈曲A母指対立(補助的作用)
「浅頭はより外側を走り、長母指屈筋と伴行する。付着腱には深頭の腱と合流する箇所に橈側種子骨が存在する。深頭は時に欠如することがある。」
171.短母指外転筋 正中神経、C8−T1
[屈筋支帯][舟状骨結節][大菱形骨結節][横手根靱帯] ⇒ [母指基節骨底橈側][伸筋腱拡大部]
@CMC・MC関節外転(掌面に対し90度をなす垂直面上で動く)A母指対立(副次的作用)BIP関節伸展(副次的作用)
「母指球の橈側の最も浅いところにある筋。」
172.母指対立筋 正中神経、C8−T1
[大菱形筋結節][屈筋支帯(隆起)] ⇒ [第1中手骨(骨幹の橈側全長に沿う)]@(手掌を横切って)手根中手(CMC)関節を内側に屈曲ACMC関節外転・内旋。これらの運動が同時に起こり、母指対立と呼ばれる運動になる。その結果、母指は他の指のいずれの掌面指腹とも接触し、つまむ動作が可能になる。
「外転筋の深部にある小さな三角形の筋」
「関連痛領域:母指の外側面、手首の橈骨頭部」
173.母指内転筋 尺骨神経、C8−T1
斜頭:[有頭骨][第2・3中手骨底][掌側手根靱帯][橈側手根屈筋腱鞘][屈筋支帯(小さな筋索)][小菱形骨]
横頭:[第3中手骨掌側面遠位2/3] ⇒ [母指基節骨底尺側]
@母指CMC関節内転(母指を掌面に近寄せる動作)AMP関節内転と屈曲(補助的作用)
「斜頭の筋線維は斜め下方に下り(母指の水かき部を横切って)、集まって腱を作る。この腱は横頭と合体する前のところに種子骨を含む。より深くにある横頭は(母指球筋中最深部にある)三角形を呈する。両頭の大きさには、かなりの変異が見られる。」「関連痛領域:両側(掌側および背側)の母指基部」
下肢の筋群
174.大腰筋 腰神経叢(L2−L4脊髄神経前枝)
[L1−L5横突起下縁][T12−L5椎体および各椎体間の椎間板][腰椎椎体間を横切る腱性アーチ] ⇒ [大腿骨小転子]@股関節屈曲(起始部固定時)A体幹屈曲(付着部固定時。起き上がり動作。腸骨筋と共同)B股関節外旋C腰椎屈曲・側屈
「腰椎に隣接する長い筋で、その筋線維は下方かつ外側方に向かい下る。筋の大きさは骨盤の縁に沿って下るに従い小さくなる。股関節の前方を通り、腸骨筋と合流合体して腱を作り、小転子に付着する」
「腸腰筋は起始が腰部にあるため、腰部を前方に引き出し、仰臥位で脚を上げる場合も腰部を引っ張る。この動きは腰部に痛みを生じやすい。これに対し腹筋は、骨盤を後傾させ腰部を平らにするので痛みは生じにくい。尚、仰臥位での脚の挙上は基本的に股関節の屈曲であり、体幹の動きではない。膝を伸ばしたままのシットアップは、腸腰筋がコンセントリックにもエキセントリックにも強く収縮する。この腸腰筋の腰椎部を強く彎曲させる動きは、レッグレイズにて顕著に現れる。逆に頭を少し高くし、膝を立てることで腸腰筋は弛緩し、腰椎部は伸展する。」
「腰筋は腰椎に付着し、腹腔を通って鼡径部までつながり、そこで腸骨筋と結合し、腸骨の前縁を通って斜め下後方向に走り、小転子に付着する。このように、腰筋は腸骨の前縁を滑車として利用して、腸骨に下後方の力を及ぼす。こうして腰椎を前方に引っ張り、腸骨の下前部で下後方に押圧することによって、腰筋は骨盤を前傾させ、腰椎を前弯させる。(この作用は、著しい傾斜姿勢と脊柱前弯の傾向がある子供には容易に観察される。)骨盤前傾の結果の1つとして、腹腔内容の重量が前方に移動し、腹部がせり出すことがある。またこり傾斜によって股関節が後方に押しやられ、膝と足首を制御する筋肉に圧力がかかる。過大な腰椎前弯は、その上に存在するすべての構造の位置補正をしなければならなくなる。(四足歩行の家畜では、腸腰筋は実際の姿勢機能はなく、歩行時に後脚を前に振る作用のみを行うため、この部位は軟らかいスライス肉となる傾向がある。いわゆるテンダーロインまたはフィレである。)関連痛領域:腰部内側。上腹部から鼡径部までの腹部。大腿前面部で鼡径部から膝までの中間。内臓原発性と同様の痛みを伴うことがある。」
175.小腰筋 L1脊髄神経
[T12−L1椎体側面および両椎間の椎間板][腸恥筋膜弓(腸骨筋膜)を経て腸骨骨盤内面の腸恥隆起と分界線(恥骨筋線)]○体幹・腰椎屈曲(弱い作用)
「大腰筋の前に存在する長細い筋で、その筋腹は完全に腹腔内の後壁に沿ってあるが、その長く扁平な腱は腸骨に下っている。この筋はしばしば欠如することがある。」
「腸腰筋は起始が腰部にあるため、腰部を前方に引き出し、仰臥位で脚を上げる場合も腰部を引っ張る。この動きは腰部に痛みを生じやすい。これに対し腹筋は、骨盤を後傾させ腰部を平らにするので痛みは生じにくい。尚、仰臥位での脚の挙上は基本的に股関節の屈曲であり、体幹の動きではない。膝を伸ばしたままのシットアップは、腸腰筋がコンセントリックにもエキセントリックにも強く収縮する。この腸腰筋の腰椎部を強く彎曲させる動きは、レッグレイズにて顕著に現れる。逆に頭を少し高くし、膝を立てることで腸腰筋は弛緩し、腰椎部は伸展する。」
「人の約40%には小腰筋が存在せず、場合によっては片側しか存在しないこともある。治療上の重要性についての記録はなく、関連痛領域も該当はない。」
176.腸骨筋 大腿神経、L2−L3
[腸骨腸骨窩上方2/3][腸骨稜内唇][前仙腸靱帯][腸腰靱帯]
 ⇒ [大腿骨(大腰筋腱付着部を介し、小転子前面へ。さらに小転子から下の大腿骨幹)][腰筋の腱][股関節関節包]
@股関節屈曲A体幹屈曲B股関節外旋
「幅広い扁平な筋で、腸骨窩を埋め、さらに腸骨窩に沿い下り、大腰筋の腱と外側で合体する。」
「腸腰筋は起始が腰部にあるため、腰部を前方に引き出し、仰臥位で脚を上げる場合も腰部を引っ張る。この動きは腰部に痛みを生じやすい。これに対し腹筋は、骨盤を後傾させ腰部を平らにするので痛みは生じにくい。尚、仰臥位での脚の挙上は基本的に股関節の屈曲であり、体幹の動きではない。膝を伸ばしたままのシットアップは、腸腰筋がコンセントリックにもエキセントリックにも強く収縮する。この腸腰筋の腰椎部を強く彎曲させる動きは、レッグレイズにて顕著に現れる。逆に頭を少し高くし、膝を立てることで腸腰筋は弛緩し、腰椎部は伸展する。」
大腿内転筋群(以下177181)
ランニング時に、足が地面を離れた後の大腿を前方に振り出す動きは、大腿内転筋群が強力に働く。大腿が前方へ振り出される時は足のつま先が外側を向く(外旋)。これは筋の停止部が大腿後面にあるからで、サイドキックやスケートのキック後における脚の振り出し、短距離走などにみられるが、この状態は筋の起始部に鼡径部損傷を招きやすい。
177.恥骨筋 大腿神経、L2−L4、副閉鎖神経が存在するときはその支配も受ける。
[恥骨(櫛・腸恥隆起と恥骨結節の間)][前方の筋膜] ⇒ [(小転子と粗線の間)大腿骨後面恥骨筋線]
○股関節内転・屈曲(補助的作用)
「大腿の上内側部にある大腿三角の壁の一部を作る扁平な筋。後外側方に大腿中央に向けて下る。」「恥骨筋が収縮すると骨盤が前傾するが、この時腹筋が骨盤を後傾させて、前方への傾きを抑制する。」「関連痛領域:大腿部の内側」
恥骨櫛
「恥骨体の上縁で、鋭い稜線となっている。腸恥隆起から恥骨結節(恥骨櫛前端の小さな高まり)に到る。」(『3D踊る肉単』から)
178.薄筋 閉鎖神経(前枝)、L2−L3
[恥骨下枝の恥骨結合近く][恥骨体][恥骨上枝] ⇒ [脛骨(脛骨顆より下の脛骨体の内側面)]
@股関節内転A膝関節屈曲・内旋(副次的作用)
「薄く幅広い筋として大腿内側の最も表面近くにあり、遠位に向かうに従い先細りになり狭くなる。筋線維は垂直に向かうが、大腿骨内顆に沿い曲がる腱と合体し、ついで脛骨内顆のまわりをまわる。この腱は合体して鵞足(経穴は陰陵泉。突起している物を「陵」という。この経穴は膝下、脛骨内側縁の突起の下、陥凹中にあり水の溢れる深い泉をたとえてこの名が付いた。脾経の合水穴でもあり、健脾利湿、調補肝腎の作用がある。腹脹・暴泄・黄疸・水腫・喘逆・小便不利・失禁・陰茎痛・女性の陰部の痛み・遺精・膝の痛みなどを主治とする。)を形成する。」
「関連痛領域:大腿部内側」
179.長内転筋 閉鎖神経(前枝)、L2−L4
[恥骨(恥骨稜が恥骨結合と合う角の前面)] ⇒ [大腿骨(腱膜により大腿骨粗線の内側唇の中央1/3)]
○股関節内転・屈曲(副次的作用)・外旋(股関節伸展時に副次的作用)・回旋(大腿の肢位による)
「内転筋群のうち最も前方にある筋で、細い腱として起こり、ついで幅広い筋腹に広がりながら後外側方に下り大腿骨に付着する。」「関連痛領域:大腿部内側」
恥骨稜
「恥骨結節から恥骨結合に到る隆起。」(『3D踊る肉単』から)
180.短内転筋 閉鎖神経、L2−L4
[恥骨下肢] ⇒ [大腿骨粗線内側唇近位1/3および恥骨筋線遠位部]
○股関節内転・屈曲
「この筋は恥骨筋および長内転筋の下面にあり、その筋線維は外側方かつ後方に向かって走り、幅広くなりながら下る。」
「関連痛領域:大腿部内側」
181.大内転筋 上部・中部線維:閉鎖神経(後枝)、L2−L4 下部線維:坐骨神経、L4−S1
[恥骨下枝][坐骨下肢][坐骨結節下外側方部] ⇒ [大腿骨(腱膜をもって粗線の全長へ;内側顆上線;内顆の内転筋結節)]
@股関節内転・伸展(下部線維)・屈曲(上部線維:弱い作用)A股関節回旋に対する大内転筋の役割は大腿の枝位に左右される。「内転筋群の中で最も大きく、大腿内側にあって、3個のはっきりとした筋束に分かれて見える。恥骨枝から起こる上部線維は短く水平に走り、中部線維は下方かつ外側方に向かう。下部線維はほとんど垂直に下り、大腿の遠位1/3に腱が付着する。時に恥骨枝から起こる筋線維が大転子から粗線へ向かう線に付着することがあり、はっきり別の筋をなすように見えることがある。この筋が存在する場合には、小内転筋(adductor minimis)と呼ばれる。」
「関連痛領域:大腿部内側」「起始部の内側部分は、線維脂肪組織と大殿筋の坐骨包で被われる。」
182.大殿筋 下殿神経、L5−S2
[腸骨(後殿筋線・腸骨稜)][仙骨後面][尾骨後面][脊柱起立筋腱膜][仙結節靱帯] 
⇒ [大腿筋膜の腸脛靱帯(表面の3/4)][大腿骨殿筋粗面(後外側上方約1/4)]
@股関節伸展(強力)・外旋A体幹伸展(付着部固定時)B股関節外転(上部線維)・内転(下部線維)C(腸脛靱帯付着により)膝関節固定作用
「大殿筋は殿部の隆起を作る筋の中で最も大きく、かつ最も表層にある。その筋線維は外側に下り、厚い腱性の腸脛靱帯に幅広く付着する。」「骨盤と大腿骨が接近し、股関節が15°以上伸展された時に働く。従って通常歩行時には使われない。外旋を伴った股関節伸展時に大殿筋は働く。又、膝関節屈曲時に股関節伸展筋としてハムストリングの補助を受けずに働く。」「坂道を走る時、登り坂では大殿筋が後方へのキック力を生む。」「強力な股関節伸展筋であり、腸骨筋の拮抗筋である。一般に腰痛と関連する。関連痛領域:殿部全体、大腿後面上部へかけて」
183.中殿筋 上殿神経、L4−S1
[腸骨前殿筋線と後殿筋線の間の外側面][殿筋腱膜] ⇒ [大腿骨大転子外側面の斜縁]
@股関節外転(全ての枝位)A股関節内旋(前部線維)・屈曲(〃:副次的作用)・外旋(後部線維)・進展(〃:副次的作用)B歩行時に起立体位を保つのを助ける(体重が片足にかかった時に、逆側の殿部が下方へ落ちないよう支える)
「中殿筋の後部線維は、大殿筋の深部に存在する。その前2/3は筋膜に被われている(殿筋筋膜)。筋は骨盤の外側面上にある。」「坂道を走る時、下り坂では小・中殿筋が股関節を固定し、同時に伸長性収縮により上体が内方に倒れるのを防ぐ。」「小殿筋と共に強力な股関節の外転筋である。一般に腰痛と関連する。関連痛領域:殿部を被う領域。仙骨を被う領域。内側腰部にかけて。大腿後面上部にかけて。」
184.小殿筋 上殿神経、L4−S1
[腸骨大坐骨切痕(前殿筋線と下殿筋線の間の外側面)] ⇒ [大腿骨大転子前縁、股関節関節包への広がり]
@股関節外転・内旋A歩行時に起立体位を保つのを助ける(体重が片足にかかった時に、逆側の殿部が下方へ落ちないよう支える)
「小殿筋は殿筋群中で最も小さい筋で、中殿筋の直下(深層)に存在する。その筋線維は斜めに外側方かつ下方に向かい、扇状の筋を作り、大腿骨大転子に集合する。」「坂道を走る時、下り坂では小・中殿筋が股関節を固定し、同時に伸長性収縮により上体が内方に倒れるのを防ぐ。」「中殿筋と共に強力な股関節の外転筋である。広範な関連痛パターンがあり、一般に腰と脚の痛みに関連する。関連痛領域:殿部および腰後部。大腿外側および後面。下腿後面および外側から足首へかけて。」
185.大腿筋膜張筋 上殿神経、L4−S1経穴は居寥(「居」はかがむ、「寥」は骨に挟まれた間隙、陥凹の意である。この経絡は股関節のなかにあり、膝を曲げて腰をかがめると股関節の横に陥凹が出来る事が名前の由来。足の少陽胆経と陽僑脈の交会穴で、清熱利湿、序筋利節の作用がある)。マラソンランナーが痛めやすい筋である。
[腸骨(腸骨稜、外唇前方部、上前腸骨棘)][大腿筋膜(深部面)] ⇒ [腸脛靱帯]
@股関節屈曲・外転・内旋A膝関節外旋(補助的作用)B(腸脛靱帯を介しての副次的作用;膝関節が30度以上屈曲された位置に来ると)膝関節屈曲作用C(腸脛靱帯に付着し)深筋膜の緊張
「大腿筋膜張筋は腸脛靱帯の深層と浅層の間を下り、かつそれに付着する。筋腹の長さは著しく変異に富む。この筋は大腿前面と側面の間の境界の所の表面近くに位置している。」「股関節の屈曲・内旋を同時にさせる時に働き、股関節屈曲時に股関節が外旋するのを防ぐ。(例:歩行時やランニング時に、足がまっすぐ前に出るようにする重要な働き。)仰臥位で、股関節を内旋させた肢位で脚の挙上を行う、又は側臥位での股関節の外転運動(ネガティブワークの方が効果がある)が運動として効果がある。」「腸脛靱帯は、腸骨稜から脛骨の外側顆にまたがる、大腿外側面の大腿筋膜の線維強化(肥厚)である。関連痛領域:大腿外側」
深層外旋六筋(以下186191)
「外旋六筋は、すでに内旋位にある股関節を強く外旋させる時に働く。(例:ボールを投げる・バットを振るなど)
186.梨状筋 S1−S2脊髄神経経穴は秩辺(「秩」は順序、「辺」は側もしくは遠いという意味。足の太陽膀胱経の背部穴は順序よく並んでおり、この経穴は背部穴の最も下にあることから秩辺と名付けられた)。疎通経絡・強健腰膝の作用。腰部から宣仙骨部の痛み、下肢のしびれと筋無力、小便不利、痔疾患、便秘などを主治とする。梨状筋が原因の坐骨神経痛の際は、3寸の長鍼を打ち、状態によりパルス治療。灸も併用、指圧・マッサージは状態により。胞膏。「胞」はほうの意で、膀胱のことでもある。「膏」は脂膜の意である。この経穴は膀胱楡の両側、膀胱と脂膜の間にあり、膀胱の疾患を治すことで胞膏の名が付いた。腸鳴、腹脹、腰脊椎部の痛み、排尿困難などを主治とする。
[仙骨(前方筋分岐は第14仙骨孔各間の骨)][腸骨大坐骨切痕上縁][仙結節靱帯骨盤面] ⇒ [大腿骨大転子内側面上縁]
○股関節外旋
「股関節後方で中殿筋の後縁に平行に走り、骨盤内の後壁の上に乗っている。幅広い筋腹は、大坐骨切痕を通って外に出るために幅が狭くなり、大腿骨大転子のところに集まる。付着腱は内閉鎖筋および双子筋の共同腱と部分的に混じり合う。」「股関節の主要外旋筋であり、同時に股関節の主要固定筋でもある。坐骨神経は個人差があるが、梨状筋の上もしくは下を走り、場合によっては貫通(または一部貫通)する。このため梨状筋の緊張は、その固有の関連痛パターンだけではなく坐骨神経の障害によっても痛みの原因になることがある。この障害を梨状筋症候群という。バレーダンサーは、恒常的に「ターンアウト(股関節外旋)」を行うため、梨状筋の障害がよくみられる。また股関節を固定する役割が原因となる障害も一般的である。関連痛領域:殿部全体(特に仙骨外縁と殿部下外側面)。大腿後部。坐骨神経絞扼により、脚後部から足まで全体、ならびに腰部、股関節、鼡径部、会陰部、および直腸にかけて。」
187.内閉鎖筋 L5−S2脊髄神経
[骨盤(閉鎖孔、その縁の大部分を囲み;上方では骨盤縁から大坐骨孔まで、下方では閉鎖孔までの範囲)][坐骨枝]
[恥骨下枝][閉鎖膜骨盤面][閉鎖筋膜] ⇒ [大腿骨大転子][近位では内側面から転子窩まで]
@股関節外旋A屈曲した股関節の外転(補助的作用)
「この筋は内方では骨靱帯性骨盤内に、外方では股関節後方に存在する。筋線維は小坐骨孔の方に集まり、坐骨骨体の周りをそれを滑車としてまわり、小坐骨孔をくぐって骨盤の外に出て、股関節の関節包を横切り大転子に到る。」
188.外閉鎖筋 閉鎖神経、L3−L4
[恥骨と坐骨(恥骨枝と坐骨枝により作られる閉鎖孔の内縁)][閉鎖膜外側面] ⇒ [大腿骨転子窩]
○股関節外旋・内転(補助的作用)
「この扁平で三角形の筋は、閉鎖孔の内側縁の非常に幅広い起始から起こり、前骨盤壁の外側を被う。その筋線維は後方かつ外側方に走り、転子窩中に付着するために大腿骨頚部の後を通る腱に螺旋を作って結合する。この筋は他の小さな外旋筋と共に、主動筋としてよりもむしろ姿勢保持作用を行っている。」
189.上双子筋 L5−S2脊髄神経
[坐骨棘殿筋面] ⇒ [大腿骨大転子(内閉鎖筋の腱を経て大転子内側面)]
○股関節外旋・外転(副次的作用)
「この筋は内閉鎖筋腱の上方を平行に走り、合流合体する。この筋は欠如することがある。」「梨状筋から独立した臨床的重要性はない。」
190.下双子筋 L5−S1脊髄神経
[坐骨結節上面] ⇒ [大腿骨大転子(内閉鎖筋の腱を経て大転子内側面)]
○股関節外旋
「この小さな筋は内閉鎖筋腱の下方を平行に走り、その腱と合流合体する。」「梨状筋から独立した臨床的重要性はない。」
191.大腿方形筋 L5−S1脊髄神経[坐骨結節上外側縁] ⇒ [大腿骨後面の四辺形の結節(転子間稜)]○股関節外旋「この四辺形の筋は、下双子筋と長内転筋の間に存在し、その筋線維は股関節と大腿骨頚部の後方をほとんど水平に走っている。」「関連痛領域:外閉鎖筋と共に、大転子下部のすぐ内側」
192.大腿二頭筋 長頭:坐骨神経(脛骨神経部分)、L5−S3 短頭:坐骨神経(総腓骨神経部分)、L5−S2経穴は殷門。「殷」は憂鬱で哀しい様子のこと。そして「門」は経気が出入りすることを指す。ぎっくり腰などで腰背部がこわばって痛み、身動きがとれず憂鬱な状態を楽にする作用があるのでこの名が付いた。疏通経絡の作用がある。腰痛、坐骨神経痛、大腿部の痛み、下肢のしびれと筋無力、半身不随などを治す。鍼は直刺1〜1,5cm、灸は7〜15壮、硬結部をマッサージにて解す。
長頭:[坐骨結節(下内側部で半腱様筋の腱と一緒に起こる)][仙結節靱帯]短頭:[大腿骨粗線外唇の全長にわたる][大腿骨外側顆上筋線近位2/3][外側筋間中隔] ⇒ [腓骨頭外側][脛骨外側顆][筋腹上の腱膜][下腿外側の筋膜]
@膝関節屈曲(短頭だけが純粋な膝関節屈曲筋)・外旋A股関節伸展・外旋(長頭)
「大腿後外側にある筋で、長頭は二関節筋であり、その筋線維は外側を下り筋の後面を被う腱膜に終わる。短頭からの筋線維も同じ腱膜に集まり、付着部の外側ハムストリング腱として細くなる。付着箇所で腱は2つの腱索に分かれ、腓側側副靱帯を包む。短頭は欠如することがある。」「ハムストリングの筋挫傷は、フットボールその他の激しいダッシュを行う競技で頻繁に起こる。」「関連痛領域:下肢後面、殿部から下腿中程まで」
193.半腱様筋 坐骨神経(脛骨神経部分)、L5−S2
[坐骨結節下内側][大腿二頭筋長頭と腱を共有する腱膜] ⇒ [脛骨骨幹近位(1/4)内側面][下腿深部筋膜]
@膝関節屈曲・内旋A股関節伸展・内旋(副次的作用)B内側部の動的安静に関与
「大腿後内側部にある筋で、長く丸い腱は大腿中央から脛骨へ及ぶ。半腱様筋は扁平な腱膜、鵞足を作る。」
「二関節筋で、股関節伸展と膝関節屈曲が同時に行われる時は大きな力を発揮せず、どちらか一方の関節のみ動く時に大きな力を発揮する。膝関節完全伸展位で立位前屈を行うと、ハムストリングが完全収縮して骨盤後方を強く引き、骨盤後傾が起こるが、膝関節屈曲位で立位前屈を行うと、骨盤後傾は大殿筋の作用で起こる。鉄棒にぶら下がり膝を屈曲させる時、股関節屈筋群がハムストリングの起始を引き上げ、効果的に動けるようにする。股関節が完全伸展していると膝関節の屈曲力は弱まる。ハムストリングは股関節伸筋として通常の歩行でも働き、大殿筋をリラックスさせる。ハムストリングの筋挫傷は、フットボールその他の激しいダッシュを行う競技で頻繁に起こる。」
「関連痛領域:下肢後面、殿部から下腿中程まで」
194.半膜様筋 坐骨神経(脛骨神経部分)、L5−S2
[坐骨結節上外側面][近位の腱][腱膜複合体] ⇒ [脛骨内顆後内側面][大腿骨外顆(線維性拡大部を介して後面へ。拡大部は斜膝窩靱帯の一部を形成している)][筋の遠位部を被う腱膜(変異あり)]
@膝関節屈曲・内旋A股関節伸展・内旋(副次的作用)B内側部の動的安静に関与
「半膜様筋という名称は、扁平で膜様の形の起始腱に由来する。筋線維は下方に走り、時には半腱様筋および大腿二頭筋の筋線維と混じり合う。半腱様筋とは全長にわたり重なり合う。」 半腱様筋参「関連痛領域:下肢後面、殿部から下腿中程まで」
195.縫工筋 大腿神経(通常2本の枝を受ける)、L2−L3
[腸骨上前腸骨棘〔ASIS〕およびその下のくぼみ] ⇒ [(脛骨顆より遠位の)脛骨体内側面]
@股関節外旋・外転・屈曲A膝関節屈曲・内旋
「身体の中で最も長い筋で、平行に並ぶ筋線維は幅細い薄い筋を作り、外側から内側に向かって斜めに膝の直上まで下り、そこで急に向きを下方に変え、大腿骨内顆の後方に向かって進み、脛骨の内側面に付着する前に幅広い腱膜に拡大する。縫工筋は大腿前面の筋のうち最も浅いところにある。」「二関節筋である縫工筋は、股関節の屈曲と膝関節の屈曲に関与するが、2つの動きが同時に生じる場合は縫工筋の働きは弱くなる。イスに座って膝を組むときに身体を少し後に傾けるのは、縫工筋の起始を引き上げて筋肉の長さを伸ばし、屈曲筋としての機能を高めて膝を楽に組むようにするためである。膝を伸ばした状態で、縫工筋は股関節の屈曲筋として有効に働く。」「緊張した縫工筋は梨状筋の伸展を妨げることがある。梨状筋のストレッチをしようとして患者が大腿前面の痛みを訴える時は、まず縫工筋を弛める。関連痛領域:大腿前面と内側」
膝関節の筋群
196.大腿直筋 大腿神経、L2−L4
[腸骨下前腸骨棘][股関節臼後縁上の溝と臼唇上縁](2個の腱をもって起こるが、これらの腱は合体し、腱膜を作り、その腱膜から筋線維が起こる) ⇒ [膝蓋骨(腱膜が徐々に幅狭くなり腱に変わり、大腿四頭筋腱の中心部に付着する)]
@股関節屈曲A膝関節伸展
「この筋は大腿四頭筋のうち最も前方にあり、大腿骨軸に対し、6°内方を走る。その表在筋線維は双羽状であるが、深部線維は平行に走る。大腿長軸に沿って垂直走向を取る。」「筋肉はその長さが短い時には発揮できる力が弱くなる。大腿直筋の場合は、股関節伸展の時に膝関節伸展筋として強い力を出し、股関節屈曲の時は伸展力は弱くなる。」
197.外側広筋 大腿神経、L2−L4
[(幅広い腱膜を介して大腿骨から起こり)粗線外側唇に沿い近位は大転子まで、大転子の前縁と下縁、近位の転子間線、外側筋間中隔などから起こる] ⇒ [膝蓋骨(筋の深部面を被う下層の腱膜に付着するが、その腱膜は幅狭くなって大腿四頭筋腱の外側縁に付着する。外側には腱の拡大部があり、膝関節の関節包および腸頚靱帯と混じり合っている)]
○膝関節伸展
「外側広筋は大腿四頭筋群中最も大きく、名前の通り大腿外側の筋の高まりを作っている。その筋線維は大腿骨軸に対し17°の角度をもって走り、腸頚靱帯の下をくぐって下方に向かう。下枝で生検を行う際に選ばれる筋である。」「広筋群は、身体が前傾した状態で膝の伸展を行うなど、股関節屈曲時に最も力を発揮しやすい。外側広筋が収縮して膝蓋骨を引き上げる時は、外側に強く引くので、しばしば膝蓋骨の亜脱臼や脱臼の原因となる。」「関連痛領域:大腿外側と膝」
198.中間広筋 大腿神経、L2−L4
[大腿骨骨幹上方2/3の前面・外側面][外側筋間中隔下部] ⇒ [膝蓋骨(大腿四頭筋の前面の腱膜へ付き、その腱膜は大腿四頭筋腱の中央部に付着する)]○膝関節伸展
「大腿四頭筋のうち最深部にあるこの筋は、大腿直筋、内側広筋、外側広筋の深部に存在する。この筋は大腿骨骨幹近位2/3をほぼ完全に取り巻いている。時に小さな筋が中間広筋から膝関節筋として区別できるが、中間広筋の一部であることの方がより多い。」「広筋群は、身体が前傾した状態で膝の伸展を行うなど、股関節屈曲時に最も力を発揮しやすい。」「関連痛領域:大腿前面と膝」
199.長内側広筋 大腿神経、L2−L4膝の前が痛い時の主要な原因筋。鍼、マッサージ及びストレッチが有効。
[大腿骨転子間線下方半分;粗線内側唇近位部分][長内転筋および大内転筋腱][内側筋間中隔] ⇒ [膝蓋骨(腱膜を介して大腿四頭筋腱上内側縁へ)]○膝関節伸展
「この筋線維は大腿骨長軸に対し15°から18°の角度で上方に走る。」「広筋群は、身体が前傾した状態で膝の伸展を行うなど、股関節屈曲時に最も力を発揮しやすい。」「関連痛領域:大腿前面と膝」
200.斜内側広筋(VMO) 大腿神経、L2−L4
[大腿骨粗線内側唇遠位部分;内側顆上線近位部分][大内転筋腱][内側筋間中隔] ⇒ [膝蓋骨(大腿四頭筋腱内側および膝蓋骨内側縁に沿って付着する)][拡大腱膜部は膝関節の関節包へ]○膝関節伸展
「この筋の線維は大腿骨の長軸に対し50°から55°の角度で走る。この筋は鍛錬により筋の発達膨隆がすみやかに起こり、また非使用によって容易に萎縮に陥る点は、他の大腿四頭筋に変化があらわれるよりも反応が早い。しかしこれは斜内側広筋が本来最も菲尺で薄い筋膜に被われているから、変化が目立ちやすいということによるに過ぎない点、誤解を避ける注意を要する。」「内側広筋は膝蓋骨の上縁内側部に付着し、その遠位部の筋線維の走向方向が内側に向かって斜めであることが、膝蓋骨の安定性の確保に重要な意味を持っている。遠位部分の筋線維が極端に内側方向に走向しているためこの名がある。膝関節完全進展前10〜20°の間で最も強化される。」「関連痛領域:大腿前面と膝」
201.膝関節筋 大腿神経、L2−L4
[大腿骨下部骨幹前面] ⇒ [膝関節滑膜上方部分]
○膝関節伸展時に滑膜が関節腔内に出ているのを引っ込め、滑膜が膝蓋骨と大腿骨に挟まれないようにする。
「中間広筋と見分け難いことも多い小さな筋。」
192.大腿二頭筋
193.半腱様筋
194.半膜様筋
202.膝窩筋 脛骨神経、L4−S1経穴は委中(「委」は曲がる所の意。「委げてこれを取る」と古典にあるように膝を曲げたときの膝窩の真ん中に位置するのでこの名が付いた。足の太陽膀胱経の合穴で、四総穴のひとつ。)清熱利湿・序筋通絡・利腰膝の作用があり、腰痛、股関節の運動制限、腓腹筋の痙攣、下半身不随、吐瀉、丹毒などを主治とする。鍼直刺1cm、灸10壮、ぎっくり腰のときはマッサージ。委陽(「委」は曲がるの意で、この経穴は膝窩横紋上で委中の外側にある。ここでは「陽」は委中の外側(陽部)という意。)序筋利節の作用があり、腰背部のこわばりと痛み、小腹脹満、浮腫、小便不利、腓腹筋の痙攣やひきつれなどを主治とする。
[大腿骨外側顆前面の溝][弓状膝窩靱帯][膝関節関節包] ⇒ [脛骨(ヒラメ筋線より上方にある後三角面)][腱性拡大部]([ヒラメ筋線上方])
@膝関節屈曲・内旋(近位付着部固定時)A股関節外旋(遠位付着部固定時)
「膝関節直下を外側から内側に向かい、下腿上部を横切って広がる。膝窩の下床を作る。」「半腱・半膜様筋を補助して下腿を内旋させる。又、膝の後方外側部の安定性を守るために不可欠。」「関連痛領域:膝窩部の内側」
足関節部の筋群
下腿筋膜
下肢全体の深筋膜である。大腿筋膜につながり、膝蓋靱帯に付着し、足首で厚みを増し支帯を形成する。下腿筋膜の治療は、脛骨上の筋膜も含め脚の構造負担を軽減する。
203.前脛骨筋 深腓骨神経、L4−S1代表的なツボは胃経の足三里(「里」は村、居住地という意味から集まる・通じることを指す。「三」は膝下、経穴でいえば特鼻の下3寸を指し、又この経穴は三部の疾患(上焦・中焦・下焦)を治療する経穴という意味もある。下肢にあることからこの名が付いた。胃経の合穴で四総穴の一つ。強心、調和気血、健胃止痛の作用がある)。鍼・灸・マッサージは特効。上巨虚(「上」は上部、「巨」は大きい、「虚」は隙間の意味。下巨虚の上方で脛骨と骨の間の大きな隙間にあることからこの名が付いた。また「巨」は大腸も意味しており、大腸疾患で邪気が腸内に溜まったり、お血が滞った場合に上巨虚は邪気やお血を取り去り、気血の流れを通じさせることが出きる)。大腸の下合穴で調理腸道・疏絡利湿の作用があるので、大腸疾患全般、胸部に気が上衝するような症状を主治とする。下巨虚(「下」は下方の意で、巨虚は上巨虚と同義。脛骨と骨の間にできる隙間の下方にあることからこの名が付いた。この経穴は小腸の疾患を治す下合穴。)序筋活絡・調理胃腸の作用があり、小腹部の痛み、腰仙部から睾丸にかけての痛み、泄瀉、大便に膿血が混じる、乳房の痛み、下肢のしびれや萎縮、驚狂などを主治する。上巨虚・下巨虚共に、鍼直刺1cm、灸5〜10壮、コリを指圧やマッサージでほぐす。条口(「条」は狭く長いことで、この経穴を取穴するとき、患者を椅子に座らせ、踵を地につけ足関節を背屈させると、盛り上がった筋肉の際に細長い一本のすじが口の形に現れるのが由来)疏筋活血の作用がある。
[脛骨外側顆および外側面近位2/3][骨間膜][下腿筋膜の深部面] ⇒ [第1内側楔状骨内側面・底側面][第1中足骨底]
@足関節背屈(距腿関節で)A足の内返しと内転(回外)を距骨下関節ならびに横足根関節で行う。
「脛骨の外側に位置し、近位では筋腹は分厚いが、遠位になると腱様になる。筋線維は垂直下方に走り、下腿下方の前面に浮き立った腱となる。筋は伸筋枝帯の最も内側のコンパートメント内に存在する。」「関連痛領域:踝前面、母趾の趾骨背側全体
204.後脛骨筋 脛骨神経、L5−S1経穴は三陰交(「交」は交わる所の意。この経穴は足の太陰脾経、足の蕨陰肝経、足の少陰腎経の三経が交会する所なのでこの名が付いた。足の三陰経が主治とする疾患をすべて網羅し、広く応用される)。健脾益気、調補肝腎の作用があり、腹部の脹痛・泄瀉・疝気・陽萎・陰挺・頭痛・失眠・遺精・遺尿・水腫、及び月経不順・生理痛・不妊症など女性疾患に多用される。鍼・灸だけではなく、マッサージ・指圧も有効。陰陵泉(突起しているものを「陵」という。この経穴は膝下、脛骨内側縁の突起の下、陥凹部にあり水の溢れる深い泉をたとえてこの名が付いた。脾経の合水穴。)健脾利湿・調補肝腎の作用があり、腹脹・暴泄・黄疸・水腫・喘逆・小便不利・失禁・陰茎痛・女性の陰部痛・遺精・膝の痛みなどを主治とする。鍼は直刺で1〜1,5cm。灸は7〜10壮。マッサージにて揉みほぐす。漏谷(「漏」はにじみ出ることで、「谷」は山に挟まれた陥凹部を指す。この経穴は三陰交の上3寸の所にあり、脛骨と腓骨の間に挟まれている、)滲湿利尿の作用があり、排尿困難を治すところからこの名が付いた。健脾利湿の作用もあり、腹脹、、腸鳴、膝から下腿部の強い冷え、小便不利、偏堕(睾丸の片側が腫脹する症状)漏下赤白などを主治する。鍼、灸、マッサージは三陰交と同じ。交信。腎経の脈はこの経穴から出て、脾経の三陰交と交わる。脾は五行で土に属し、五徳では信に属す。これが交信の由来。古くは月経を「信」といい、月経を規則正しく来潮させる特効穴であった。甲乙経では「陰僑脈の戟」とされ、調補肝腎の作用があり、月経痛、月経不順、崩漏、陰挺、泄瀉、睾丸の脹れや痛みなどを主治とする。鍼直刺1cm、灸10壮、軟らかくマッサージ。
[脛骨骨体後面近位2/3(ヒラメ筋線)および外側顆遠位部][腓骨骨体近位2/3および腓骨頭後面][骨間膜(後面全体)]([内側縁と骨間縁の間]) ⇒ [舟状骨粗面][踵骨載距突起][内・中・外楔状骨][第2〜4中足骨底][立方骨]
@足の内返しA足関節底屈(副次的作用)
「屈筋群の中では最も深部に存在し、下腿後方上部では長母趾屈筋および長趾屈筋が上に重なっている。この筋は2つの細い筋頭をもって起こり、下腿中央を下り、遠位1/4のところで遠位腱を作る。この腱は内顆の後ろを通り、長趾屈筋腱と共に足の底足面に入る(その箇所に種子骨を有している)。最後に数箇所の付着部に分かれる。体重負荷に際し、後脛骨筋は足アーチ支持を助け、バランスを保つために足への負荷の分布均等を助ける。」「後脛骨筋の底屈・内反の動きが足の縦アーチをサポートする。カーフレイズや内反運動で鍛えられる。“シンスプリント”は前・後脛骨筋、長趾伸筋の腱の炎症による慢性傷害で、疲労骨折・筋膜炎・コンパートメント症候群(=筋区画症候群。前腕や下腿では強固な筋膜で区画された間隙が、骨折・挫傷・火傷・激しい運動などにより区画内の組織圧が上昇し、神経や筋肉への循環不全が起こり、神経・筋肉などの重篤な機能障害が生じる。出血・浮腫が閉ざされた区画内で起こり、内圧が上昇、その結果虚血が生じるものである。当該部に浮腫・筋肉緊張があればコンパートメント症候群を疑い、神経症状が発現すれば直ちに筋膜切開を行う)などが原因となり、筋力・持久力・柔軟性の欠乏で発生しやすい。」「関連痛領域:アキレス腱。下腿表面および踵と足底面」
205.腓腹筋 脛骨神経、S1−S2経穴は合陽(膝窩中央部の真下にあり、足の太陽膀胱経の2つの支脈が交わる所で、合穴である委中の下に位置するので合陽と呼ばれる)序筋利節、利腰腿の作用があり、腰背の痛み、下肢のだるさと痛みやしびれを主治とする。鍼は直刺しで1cm、灸は5〜10壮、筋緊張・硬結に対し、マッサージを行う。承筋(「承」は受けるの意だが、具体的には両手を上にかかげて物を支える状態を指している。「筋」は筋肉の意で、腓腹筋の中央という意である。この経穴は下腿で体を支える作用が最も強いということから、この名が付いた。)序筋利節の作用があり、ぎっくり腰などの腰痛、腓腹筋の痙攣、痔疾などを主治とする。
内側頭:[大腿骨内側顆(上方のくぼみ;内側顆に隣接する膝窩面)][膝関節関節包]外側頭:[大腿骨外側顆および外側顆の上の骨幹後面][膝関節関節包] ⇒ [踵骨(踵骨腱により後面中央)][筋の正中線にある腱様縫線]
@足関節底屈A膝関節屈曲(副次的作用)
「脹脛の筋の内最も表面に近く存在し、脹脛の特有な形を与えている。大腿骨の両顆から起こる両頭を持つ二関節筋で、踵骨に向けて下る。内側頭の方が大きく、その筋線維はさらに遠位に進み、外側頭同様腱拡大部として広がる。内・外側両頭は腱幕として幅狭くなり、踵骨腱(アキレス腱)となる。」「足関節が背屈している時は膝関節の屈曲筋として、膝関節が伸展している時は足関節の底屈筋として働く。」「膝を伸展した時にのみストレッチが可能。関連痛領域:筋腹全体。足首の内側面。縦足弓(足底の内側面)
206.ヒラメ筋 脛骨神経、L5−S2
[腓骨頭後面骨体近位1/3後面][脛骨膝窩筋線(ヒラメ筋線)と脛骨体の中1/3の内側面][横筋間中隔のアーチ] ⇒ [踵骨(腓腹筋と共に踵骨腱となり)後面][筋の後面を被う腱膜(この腱膜は腓腹筋腱と共に分厚い踵骨腱を作る)]
@足関節底屈A静止起立時にも絶えずヒラメ筋は活動を続けている。身体の重心前方に移るのに反応して身体が前方に倒れるのを防ぐ。
「この筋は単関節筋で下腿三頭筋の内最も大きい。幅広く扁平で腓腹筋のすぐ下にある。前方付着部は幅広い腱膜で、筋線維の大部分は斜めに走り、後ろにある腱の方に下る。」「膝の屈曲に伴いストレッチする。踵の痛みの最も一般的な原因となる。関連痛領域:アキレス腱から踵の底側面にかけて」
207.足底筋 脛骨神経、L4−S1経穴は湧泉(「湧」は底から水が噴水のよえに湧き出してくる様子を表している。足心にあるこの経穴は、足の少陰腎系に属し、腎系の脈気が湧き出ることから名付けられた。通関、開窮、安心、沈静の作用がある救急穴のひとつ。ショック、ヒステリー、小児驚風、熱中症などの主治)。足底腱膜炎時に、鍼、灸、指圧、マッサージは有効。
[大腿骨粗線外側唇][膝関節の斜膝窩靱帯][大腿骨外側顆上稜] ⇒ [踵骨後面][長腱によりアキレス腱の内側縁][足首の深筋膜]@足関節底屈A膝関節屈曲(弱い副次的作用)
「この筋は小さな紡錘形の筋で、腓腹筋とヒラメ筋の間に存在するが、時には欠如することもある。又、二重に存在 することもある。短い筋腹の後に長く細い腱が続き、踵骨腱の内側縁に沿って付着すると共に、踵骨後方にも付着する。」
208.長腓骨筋 浅腓骨神経、L4−S1経穴は陽陵泉(「陽」とは足の外側部を指し、「陵」は骨の隆起した小高い丘を指す。腓骨頭の前下部にある小さな陥凹を「泉」といい、経気が深く集まる所でもある。これが陽陵泉という名が付けられた由縁。足の少陽胆経の下合穴であり、八会穴では筋会に属す。)清泄肝胆、序筋利節の作用があり、特に膝痛の特効穴である。鍼直刺しで1〜1,5cm、灸は10壮。指圧・マッサージも効果あり。
[腓骨頭および腓骨体上方2/3][脛骨外側顆(時に外側頭にも起始を持つ)][深部筋膜および筋間中隔] ⇒ [第1中足骨底外側底側][内側楔状骨外側底側][第2中足骨(時に腱索が及ぶ)]
@足の外返しA足関節底屈(補助的作用)B第1中足骨の低下(牽き下げ)C足横アーチの支持
「この筋は下腿の腓骨側の近位に、短腓骨筋より表層に見られる。筋腹は長い腱となって短腓骨筋腱と共に外果の後ろを回り、ついで斜め前方に走り、踵骨外側に行くとともに足の底面を横切って第1中足骨に達する。」「他の底屈筋群同様、この筋肉が発達していないと、足は弱く、内反した足になる。ランニング、ジャンプで足がまっすぐ前方に向いていない場合は、これらの筋肉が十分に発達していないことが示される。足の内縁に体重をかけて歩く訓練をすると、これらの筋肉を鍛えられる。」「関連痛領域:下腿外側、外果周囲」
209.短腓骨筋 浅腓骨神経、L4−S1鍼・灸・マッサージは特効
[腓骨体外側遠位2/3][筋間中隔] ⇒ [第5中足骨粗面(第5中足骨底外側面)]@足の外返しA足関節底屈(補助的作用)
「短腓骨筋は長腓骨筋の深部に存在し、2つの腓骨筋のうち短く小さい方の筋である。筋腹の筋線維は垂直に下り、腱に終わり、腱は長腓骨筋と共に外果の後ろを回っている。これら2つの腱は滑膜鞘を共有している。腱は前方に曲がり踵骨外側面に向かい、さらに第5中足骨にまで進む。」「関連痛領域:外果周囲」
210.第三腓骨筋 深腓骨神経、L5−S1
[腓骨内側面遠位1/3][筋間中隔][骨間膜] ⇒ [第5中足骨底背面]@足関節背屈A足の外返し(副次的作用)
「この筋は趾伸筋の一部すなわち第5番目の腱と考えられる。筋は下腿外側を下り、伸筋支帯の下で分かれ、長趾伸筋腱と同じ道を抜け、第5中足骨に付着する。」「関連痛領域:外果前部と足の近位背側前面」
趾に作用する筋群
屈筋支帯「内果から踵骨の内側上縁と足底面を通り、舟状骨に付着する広い靱帯。後脛骨筋、長趾屈筋、および長母趾屈筋の腱を正しい位置に固定する。」
上伸筋支帯「足関節の近位にある伸筋腱を束ねる靱帯であり、約2横指幅あり、脚の深筋膜(の肥厚部分)とつながっている」下伸筋支帯「両果から対側の足縁へ走る伸筋腱群の保持靱帯で、通常十字形をなす。」(『図解解剖学事典』から)「足関節から遠位にある足の伸筋腱を固定するY形の靱帯である。」
腓骨筋支帯「上腓骨筋支帯:腓骨筋群を上方で保持する靱帯で、外果から踵骨へ張る。 下腓骨筋支帯:腓骨筋群を下方で保持する靱帯で、腓骨筋滑車から踵骨外面に張る。」(『図解解剖学事典』から)
「外果側で交差して長・短腓骨筋の腱を保持する上・下線維状靱帯からなる。」
211.長趾伸筋 深腓骨神経、L4−S1代表的なツボは陽陵泉(「陽」はとは足の外側部を指し、「陵」は骨の隆起した小高い丘を指す。腓骨頭の前下部にある小さな陥凹を、「泉」といい、経気が深く集まる所でもある。これが陽陵泉と名付けられた由縁。足の少陽胆経の下合穴で八会穴では筋会に属する。)清泄肝胆、序筋利節の作用がある。。鍼、マッサージは特効。丘墟(小高い隆起を「丘」といい、丘を大きくしたものを「墟」という。この経穴は外顆の前下方の陥凹部にあり、くるぶしの隆起が丘や墟の形をしているので、この名が付いた。足の小陽胆経の原穴に属する。)扶正去邪、疏肝健脾の作用があり、目赤や脹れ、目生医膜・中風片麻痺・項頚部の痛み、腋の下の脹れ、胸脇部の痛み、疝気、虐疾、下肢の麻痺や筋萎縮、外顆の脹れや痛みを主治とする。内反捻挫の時は、局所に鍼を打ち、パルスにて刺激する。灸は軽快後。捻挫直後のマッサージは絶対禁忌。
[脛骨外側顆外側面][腓骨骨体前面(近位2/3)][骨間膜][深部筋膜と筋間中隔] ⇒ [付着腱は4つの腱に分かれ足背に向かい、各趾の上で腱拡大部を作る] 第2〜5趾:[4本の基節骨(中間腱索は各基節骨底背面へ)][末節骨(外側腱索2本は各末節骨底背面へ)]([中節骨])
@母趾以外のMP関節伸展A母趾以外のPIP・DIP関節伸展(補助的作用)B足関節背屈(副次的作用)、C足の外返し(副次的作用)
「この筋は下腿前面の外側部に存在し、前脛骨筋の外側を下り、その遠位腱は分かれる前に第3腓骨筋の腱を伴う。」「長趾伸筋の筋力は、底屈筋と背屈筋のバランスを保つために不可欠。」「関連痛領域:第2〜4趾背側全面」
212.短趾伸筋 深腓骨神経、L5−S1
[踵骨溝への前外側にあたる近位上位面][外側距踵靱帯][伸筋支帯] ⇒ 第1〜4趾腱:[母趾基節骨(この腱は最も大きく、最も内側にある。しばしば別個に分かれた短母趾伸筋と記載されることがある)][第2〜4趾(これら3つの腱は長趾伸筋腱の外側面に合流合体する)]
@母趾MP関節伸展A第2〜4趾MP関節伸展B第2〜4趾IP関節伸展(補助的作用)
「この筋は足背を横切って内側方かつ遠位に向かい4本の腱に終わる。1本は母趾に、3本は2、3、4趾に到る。変異はかなり多い。」「短母趾伸筋は短趾伸筋の内側筋腹である。関連痛領域:踝近位の背側面全体」
213.長趾屈筋 脛骨神経、L5−S1
[脛骨骨体の中2/3後面][後脛骨筋を被う筋膜] ⇒ [第2〜5趾末節骨底]
@第2〜5趾のMP、PIP、DIP関節屈曲A足関節底屈(副次的作用)B足の内返し(副次的作用)
「この筋は下腿の脛骨側(内側)の深部に存在し、下に行くに従い大きさを増す。付着腱は筋のほぼ全長に渡り、足底部で足底方形筋の腱と合体する。最後に4本の腱索に分かれ、外側4趾に付着する。」「歩行・走行・ジャンプの際に必ずしも必要な筋肉ではないが、長趾屈筋の状態が良好ではない場合は、足首の強さに悪影響が出る。タオルギャザーにより鍛えられる。」
「関連痛領域:下腿内側面。中央足底面」
214.短趾屈筋 内側足底神経、L5−S1
[踵骨隆起内側突起]([踵骨結節の内側突起])[足底腱()膜中心部][筋間中隔隣接部]
[第2〜5趾(4本の腱が両側から中節骨へ)]

○第2〜5趾のMP、PIP関節屈曲(中節骨)
「この筋は足底腱膜直上の足底中央に存在する。4本の腱に分かれ、母趾以外の4本の趾の1つずつに1本ずつ付着し、基節骨底部で各腱は2本の腱策に分かれ、長趾屈筋の腱を囲んでいる。腱はもう一度2つに分かれ、中節骨の両側面に付着する。」「関連痛領域:足底全体、足趾近位」
215.小趾外転筋 外側足底神経、S2−S3
[踵骨隆起(結節)内・外側突起][足底腱膜][筋間中隔] ⇒ [第5趾基節骨底外側(短小趾屈筋と共通)]
@第5趾外転A第5趾PIP関節屈曲(副次的作用「足の外側縁に沿って存在する。」「関連痛領域:足底の遠位外側縁」
216.短小趾屈筋 外側足底神経、S2−S3
[第5中足骨底足底面][長腓骨筋腱腱鞘] ⇒ [第5趾基節骨底外側(小趾外転筋と共通)]
○第5趾MP関節屈曲「この筋は第5中足骨表層に存在し、骨間筋のような観を呈する。時々、筋線維は第5中足骨の外側遠位半分に付着することがあり、これら線維は小趾対立筋と呼ばれたこともある。」
217.足底方形筋(副趾屈筋)  外側足底神経、S2−S3
外側頭:[踵骨外側突起遠位外側縁の足底面][長足底靱帯外側縁]
内側頭:[踵骨内側凹面と内側突起前方部分][長足底靱帯内側縁] ⇒ [長趾屈筋腱外側縁
@第2〜5趾DIP関節屈曲(長趾屈筋と共同で働く)A長趾屈筋の作用方向の対角線的ベクトルを「是正」する
「この筋は時に(長趾屈筋の)副趾屈筋あるいは単に副屈筋と呼ばれることもある。内側頭の方が大きく、筋量が多い。外側頭はこれに反し、より腱様である。いずれも踵骨の両側から起こり、内側に向かい足の中央で急角度で合流し、長趾屈筋腱の外側縁に終わる。」「関連痛領域:踵の底面」
218.虫様筋 第1虫様筋:内側足底神経、L5−S1 第2〜4虫様筋:外側足底神経、S2−S3第1虫様筋:[第2趾へ向かう長趾屈筋腱内側から1つの頭をもって起こる]第2〜4〃:[第2〜4および5趾へ行く長趾屈筋腱の相隣接する側面から2つの頭をもって起こる] ⇒ [第2〜5趾の基節骨と長趾伸筋腱の背側拡大部]
@第2〜5趾のMP関節屈曲A第2〜5趾のPIPBDIP関節伸展(補助的作用)「虫様筋は足の小さな内在筋で、第1虫様筋は第2趾へ、第4虫様筋は第5趾へ行く。これらは長趾屈筋の付属物と考えられる。」
219.背側骨間筋 外側足底神経、S2−S3
[中足骨(中足骨の間にあるこの筋は、中足骨の相隣接する面から各筋頭が起こる)] ⇒ 全筋:[長趾伸筋腱] 第1背側骨間筋:[第2趾基節骨底内側] 第2〜4背側骨間筋:[第2〜4趾基節骨底外側]
@第2趾を通る足の縦軸から第2より第4趾の外転A第2〜4趾屈曲(副次的作用)B第2〜4趾伸展(恐らく)
「背側骨間筋は4つの双翼羽状筋で、それぞれ2つの頭から起こる。手の骨間筋に似ているが、足の骨間筋の働きは第2趾の中心線(足の縦軸)に対しての相対的な動きと見られている点が異なる。」「関連痛領域:対応する趾骨の背側」
220.底側骨間筋 外側足底神経、S2−S3
[第3〜5中足骨底と内側面] ⇒ [同じ趾の基節骨底と内側面][長趾伸筋の背側腱膜拡大部]
@第3〜5趾内転(第2趾の軸に寄せる)AMP関節屈曲BIP関節伸展(補助的作用)
「これらの筋は中足骨の間にあるというよりむしろ中足骨の足底面に沿って存在している。各筋はそれぞれ1本だけの中足骨と結合している。」「関連痛領域:対応する趾骨の底側」
母趾に作用する筋群
221.長母趾伸筋 深腓骨神経、L4−S1
[腓骨骨体中部1/2に沿う内側面][骨間膜] ⇒ [母趾末節骨底][基節骨底への腱拡大部]
@母趾MP・IP関節伸展A足関節背屈(副次的作用)B足の内返し(副次的作用)
「この薄い筋は前脛骨筋と長趾伸筋の間を、大部分はそれらに被われながら下腿を下方に向かう。その腱は下腿の遠位1/3に達するまでは表面にあらわれない。」「関連痛領域:母趾の趾骨背面全体」
222.長母趾屈筋 脛骨神経、L5−S2
[腓骨骨体後面下方2/3][骨間膜][筋間中隔] ⇒ [母趾末節骨底部足底面]
@母趾IP関節屈曲AMP関節屈曲(副次的作用)B足関節底屈(副次的作用)C足の内返し(副次的作用)
「この筋は下腿外側の深部に存在し、筋線維は下腿後面全長に沿って走る腱となって斜め下に向かい、そこで脛骨遠位端、距骨、踵骨下面を横切り、足底を前方に走り、母趾に到る。」「関連痛領域:足の球と母趾」
223.短母趾屈筋 内側足底神経、L5−S1
[立方骨足底面内側部分][外側楔状骨][後脛骨筋腱] ⇒ [母趾(腱は遠位で内側と外側に分かれ、母趾の基節骨底内側部分と外側部分に付着する)]○母趾MP関節屈曲
「第1中足骨足底面に接して存在し、内側の腱は付着する前に母趾外転筋と混じり合い、外側の腱は母趾内転筋近くに付着する。」「関連痛領域:底側と背側両面の足の母趾球と母趾」
224.母趾外転筋 内側足底神経、S2−S3
[踵骨隆起(結節)内側突起][屈筋支帯][足底腱膜][筋間中隔] ⇒ [母趾基節骨底内側]
@母趾外転AMP関節屈曲(副次的作用)「この筋は足の内側縁に沿って存在し、その腱は遠位で短母趾屈筋の内側腱に付着する。」「関連痛領域:踵と足の内側(アーチ部分)
225.母趾内転筋 外側足底神経、S2−S3
斜頭:[第2〜4中足骨底][長腓骨筋腱腱鞘][外側楔状骨] 横頭:[第2〜5底側中足趾節靱帯][横中足靱帯] [第2〜5趾の中足趾節関節包] ⇒ [母趾基節骨底外側]
@母趾内転A母趾MP関節屈曲(副次的作用)B横中足アーチの支持
「2つの筋頭は大きさが異なり、斜頭の方が大きく筋肉性である。斜頭は足の中央から内方へ長い斜めの軸の上を横切る。横頭は中足趾節関節を横切って横走する。」「関連痛領域:趾寄りの足底」

基礎代謝と体温調節
基礎代謝量(BMR):生命を維持するのに必要な心拍、呼吸、筋緊張等を保った最小限の代謝量。
          ≠生命維持に必要な最低エネルギー量
          食後1214時間後の早朝空腹時、覚醒直後に室温2324℃で安静臥床のまま測定。老<若、女<男、夏<冬。       睡眠、飢餓、体温↓で代謝不関域:代謝がおこなわれない温度。26℃前後。
体温37℃↓⇒筋活動(ふるえ:骨格筋の不随運動、筋緊張含む)。代謝↑交感神経↑⇒皮膚血管収縮→放熱防止、立毛筋収縮→体表       面の空気層の厚さを増し放熱
体温37℃↑⇒発汗。交感神経↓⇒皮膚血管拡張→放熱
温熱中間帯:裸体の人の産熱は最小で暑さ・寒さを感じない。外気温29℃前後
寒冷下の運動:皮膚温20℃以下では皮膚感覚受容器の感受性は35℃時の1/6に低下。
        骨格筋では筋紡錘の機能はほとんど0。
        核心温3334℃で意識消失、2530℃で生理機能↓に伴い、体温調節不可能、死に至る。
水中運動:空気中より熱伝導が高く(25)、水に入るだけで大きな体温↓が起こる。動くと対流が起き、放熱が起こることでさら     に↓。水泳時の熱損失は空気中の200倍。水中では断熱効果の高い皮下脂肪層が熱損失速度を決定する。一般に、水抵        抗により陸上より運動強度が高くなるといわれるが、陸上と同じ運動を行うことはできず(1kmのジョギングは可能でも、1km連続で       泳げるようになるにはかなり練習しなければ無理。)、同時間動いたとしたら陸上の方が筋肉・腱・靱帯に対する運動刺激も消費カ       ロリーも大きい。水中運動の利点は関節に対する負荷の軽減であり、特に膝・腰などに支障があり、陸上でのトレーニングができ       ない時にリハビリとして有効である。
暑熱耐性:外気温の高い環境では皮膚血管に血液が流入し、皮膚からの放熱↑と汗の供給を高める。血液による熱移動は伝導によ     る組織間の熱移動より効率が良く素早い。外気温29℃以下の時は皮膚血液量制御により皮膚放熱量を調節。29℃以上     及び体温↑時は発汗が加わる。手指・足指の末梢部では皮膚血液量は組織100g当たり0,2120ml/分の大きい範囲で調     節されるが、体幹部の調節範囲は動静脈吻合の発達により小さく皮膚温変化も小さい。Vo2maxの高い人と低い人の体     温上昇率は等しい。が、Vo2maxが高い人は放熱機構、特に発汗機能が優れている為体温↑は低い。但し暑熱耐性の向     上には、暑熱曝露・暑熱下でのトレーニングが必要。
※ 暑い時に身体を動かすことが辛いのは、気温が高い状態では体の温度を下げるように生理活動が行われていて、体温を上げるような動きを身体は本能的に避ける為。あえて暑熱の中での運動を常態化すると身体が慣れ、安全装置のリミッターを切ることで運動の持続が可能になる。又、食事をすると体温が上がる為、暑い日に食欲が無くなるのも生理的に体温上昇を抑える為の仕組みである。因みに暑いと寝苦しくなるのは、寒いと寝つきがいいのと逆で、寒さにより体温が低下すると基礎代謝・消費カロリーを下げる為睡眠を誘発する反面、暑い時にはエネルギーを発散する為に睡眠を抑制する。

熱中症対策:涼しい場所に移り、頚・腋・背・心窩部をアイシングし、冷水を飲み安静にする。
      熱中症の3徴候
      ○熱痙攣・・・脱水・電解質喪失・筋肉の血流減少により、倦怠感と共に通常下肢に攣縮が起きる。
      ○熱疲労・・・脱水・電化質喪失により、頭痛・吐き気・めまい・悪寒・倦怠感・口渇感・協調運動不能・多量の発汗が起きる。
      ○熱射病・・・脱水による脳内の体温調節機能障害により、強度の熱感・吐き気・錯乱・神経過敏・倦怠感から始まり、体温39度以               上・発汗消失・頻脈・頻回呼吸・縮瞳・嘔吐・下痢・痙攣・意識障害から呼吸停止・心停止に至ることもある。


凍傷対策:暖かい場所に移り、湿った、冷たい服を脱ぐ。第2〜3度凍傷(下記)の際は医師に見せる。凍傷部位のマッサージは禁忌。
     ○第1度凍傷・・・紅潮した皮膚が白又は灰色に変色する。
       ○第2度凍傷・・・白く硬いロウのような皮膚。障害部位を暖めると水泡ができ、紫色になる。
      ○第3度凍傷・・・水泡ができ、青みがかる。障害部位は非常に冷たく硬い。
      いずれも初期症状は、ヒリヒリする・疼痛・掻痒感で、悪化につれ感覚がなくなる。


糖尿病者の運動による急性疾患
      @インスリンショック:高インスリンレベルにより低血糖となる。症状は、めまい・頭痛・空腹・脱力・発汗・頻脈・協調運動不能・錯乱・      見当識喪失など。意識のある場合はキャンディーやジュースなどの糖質を与え、意識がない場合はブドウ糖又は砂糖を舌下に入      れる。2〜3分以内に回復しない場合は救急医療を要請する。

      A糖尿病性昏睡:低インスリンレベルにより高血糖になり、尿中の糖の増多に伴い尿量も増え脱水状態になる。糖尿病に特異的に      みられるのはケトアシドーシス性昏睡と高浸透圧性非ケトン性糖尿病昏睡であり、インスリン作用低下による代謝異常の極限状態      という点では本質的な差は無いが、ケトアシドーシスの有無で区別される。内因性インスリン分泌が前者では廃絶され、後者では       残存する。前者は20歳未満のインスリン依存性糖尿病患者に多く、後者は50歳以上のインスリン非依存性糖尿病患者に多い。糖       尿病に特異的ではないが関連の深い昏睡に乳酸アシドーシス及び尿毒症に伴う昏睡がある。糖尿病患者に伴う何らかの循環不       全やビグアナイド系経口血糖降下薬投与に起因する血中乳酸の蓄積、糖尿病性腎症末期の血中代謝産物蓄積によるアシドーシ       スの結果である。時に糖尿病患者がアルコール中毒になるとアルコール性ケトアシドーシスとなる。又、インスリンや経口血糖降下      薬の適量で低血糖昏睡を生じることもある。
      症状は強い口渇・頭痛・吐き気・腹痛・多尿・嘔吐など。意識の無い場合は嘔吐物による呼吸困難を防ぐ為、側臥位にして救急医療      を要請する。又普段から充分な水分摂取を心掛ける。

      因みに糖尿病への鍼・灸・指圧・マッサージでの治療法としては、水溝・承将・中完・大都・風府・脾愈・腎愈への刺激がインスリンの      分泌を促し有効とされている。京都大の准教授らのチームは、ある種のたんぱく質の働きを妨げると、血糖値を下げるインスリンの分泌能力が高まることをマウスの実験で突き止めたと発表した。人間に対応できれば糖尿病を予防したり、進行を遅くしたりできる可能性がある。英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に掲載された。このたんぱく質は「TBP-2」で、マッサージ・飢餓に備えエネルギー消費を抑える作用などが考えられている。糖尿病になる鍼、肥満マウスでこのたんぱく質を働かなくしたところ、インスリンが効きにくい状態が改善した。血糖値は正常なマウスと同程度になった。灸、肥満は改善しなかった。糖尿病患者では筋肉でTBP-2が増えているという報告もある。TBP-2の働きを妨げる薬剤を作れば、治療に役立つ可能性があるとみている。

漢方と鍼・灸・導引按喬(マッサージ)
     漢方の効き目は穏やかでゆっくりとしたイメージだが、打撲や骨折による急な痛みに対し、すぐに効果を発揮するものもある。東京都     北区の主婦(77)は2008年5月、自宅の台所で転び、床に置いた缶ビールのパックに右のわき腹を強く打ち付けた。お尻も床で打った     。声も出ないほどの痛みで、しばらく起き上がれなかった。連休中だったため、湿布薬を貼って様子をみたが痛みは引かず、場所は     青くなってきた。衣服が触れただけでも傷むのでゆるいゴムのズボンで過ごし、連休明けに近くのクリニックを受診した。打撲による      痛みには、非ステロイド系消炎鎮痛薬の飲み薬や貼り薬、腫れを抑える飲み薬(消炎酵素剤)を一般に使う。漢方を積極的に使う同ク     リニックでは主に「治打撲一方」を用いている。打撲の場合、腫れによる炎症に加え、内出血が長引くと、血が滞って痛みが慢性化し     やすい。「治打撲一方」には、内出血を引かせる作用のある「川骨」や便の排出を促す「大黄」など7種類の生薬を含む。血の巡りを良     くする事で内出血を引かせる働きがある。主婦は「治打撲一方」を1日3回服用した。翌日ぐらいから痛みが軽くなり、5日後の診察で      は腫れが引いているのが確認できた。普段通りぴったりしたジーンズもはけるようになった。今は「痛みは全く残っていません。毎日     自転車で元気にでかけています。」と笑顔で話す。一見してわからない程度の軽い打撲であれば、血流を良くする「桂枝伏苓丸」を使     う。酷い内出血を伴うほどの強い打撲の場合は「大黄」を多く含む「通導散」や「桃核承気湯」を用いることもある。もちろんマッサージ     は不可である。また、骨折している場合には、これらに加え高齢者の滋養強壮に用いられる「八味地黄丸」を併用することが多い。こ     のほか、突然ふくらはぎがけいれんする、こむらがえりには「芍薬甘草湯」で痛みが早く引く。なお、「治打撲一方」や「通導散」、「桃      核承気湯」は、「大黄」の副作用で、下痢を伴う場合がある。同クリニックの副院長は、「けがの痛みに漢方を使えば、鎮痛だけでなく     回復も早くなる傾向があります。症状を長引かせないためには、けがの直後から漢方を使うのが望ましいでしょう。」と話す。
     神奈川県厚木市の女性は(64)は、膝の軟骨がすり減って痛む変形性膝関節症に悩んでいた。整形外科で膝の骨の動きを滑らかに     するヒアルロン酸注射や水を抜く注射を定期的に受けるがすぐにまた水がたまってしまっていた。肩こりもひどい。2007年6月、別の     病気で市内の病院を受診した際に、医師で鍼灸師の資格を持つ東海大学病院講師の資格を持つ医師を知った。同年11月から伊勢     原市の同大学病院鍼灸外来へ通院を始めた。鍼灸は、鍼やお灸を使い、症状に応じたツボを刺激する。使う鍼の太さや刺す場所、      深さは様々ある。この主婦は2週間に1回1時間、鍼とマッサージ治療を受けている。膝の周囲や頭頂部、肩に刺激を与える。鍼は使     い捨てで太さは採血に使う注射針の5〜10分の1ほど。まず刺したい場所にプラスチックの管を当て、その中に鍼を通して刺す。「当      たっているかしらと感じる程度の心地よい刺激。」と、主婦。以前は歩くと膝がむくんで痛みが増し、外出もおっくうだった・今はむくむ      ことがなく、電車に乗って映画も見に行けるようになったという。整形外科への通院は4週間に1回になった。東海大学病院講師の話      によると、マッサージ・鍼・灸治療は、鍼の刺激やお灸の熱によって、脳から痛みを抑える物質の分泌を促し、血流を良くして痛み物      質を洗い流すと考えられている。治療の対象は幅広い。痛みに関しても、整形外科で診る筋肉や関節の痛みから、頭痛やストレス、     原因不明の痛みまで様々だ。同外来の患者のほとんどは整形外科や内科の治療を受けている。そこでは充分な治療効果がないた     め、鍼灸・マッサージはこれらを補完する治療という位置づけだ。鍼灸・マッサージは長い歴史があるが、どのような働きで症状を改      善するのか科学的にはわかっていないことが多い。欧米を中心に様々な傷みへの効果を確かめたり、痛みにどのように働くのかを      調べたりする大規模な研究が行われている。医師の同意書があれば保険が効く場合があるが、原則は自費になる。施設によって差     はあるが、平均1回3〜4千円程度だ。太陽が照りつける焼けた砂浜を素足で歩くようなしびれや痛み。東京都江戸川区の主婦(65)は     、乳がんの抗がん剤治療を終えた後も副作用に悩まされ続けた。2008年3月、国立がん研究センターで右乳房の一部を切除。手術     の前にがんを小さくする目的で、タキソール(一般名パクリタキセル)などによる抗がん治療を受けた。タキソールは乳がん治療でよく     使われる抗がん剤で、手や足のしびれや痛みの副作用を伴いやすい。いったん症状がでると、治療を止めた後も続くことがやっかい     だ。主婦は治療を始めてまもなく指先や足の裏にしびれや痛みが起きた。手術を終えて退院した後も症状は改善するどころか、次      第に手足全体に広がった。ロボットのようにぎこちない歩き方になり、ペンを持つのも一苦労だった。09年2月、がんの痛みを和らげる     治療を行う同病院緩和医療科を受診した。同科では薬では充分に緩和できない症状に鍼灸・マッサージを併用しており、主婦も受け     ることになった。抵抗力が落ちているがん患者への感染の危険性を考え、同科では鍼を刺さずに、皮膚の上をなでたりこすったりす     る「接触鍼」とマッサージを用いる。担当のあはき師は「体調を整え、つらい症状を和らげるのが目的。やさしい鍼とマッサージでリラ      ックスしてもらう。」と話す。主婦は、「お灸のもぐさの香りと、おなか全体がじわっと温かくなっていく感じがとてもいい。」と話す。治療     を始めてしばらくすると、痛みやしびれの範囲が狭まってきた。今は症状は多少残っているが「階段も手すりなしで大丈夫。指も動き     やすくなり、手芸も書道も楽しめる。」と笑顔をみせる。同病院緩和医療科長によると、がんの肺転移や胸に水が溜まる息苦しさ、リン     パ節転移によるむくみ、モルヒネの副作用による便秘、寝たきりによる筋肉痛など、薬による治療が難しい場合、鍼灸・マッサージ治     療を取り入れている。科長は、「西洋医学では医療機器の進歩もあって、患者の体に直接触れる行為が失われがち。手で患者の体     に触れる、なでるといった行為そのものが、患者にとって癒しになっている一面もあるのでしょうと話している。横浜市の主婦(88)は      70歳代の半ばから腰痛に悩み、整形外科でほぼ毎週痛み止めの注射を繰り返していた。今年亡くなった夫の認知症が悪化した       2002年ごろ、介護のイライラや不安が募るにつれ、主婦の腰痛もひどくなった。痛み止めの注射も効かず、痛みで椅子に座れない      ため食事もろくに取れない。食欲も落ち、眠れなくなった。医師には「年だから仕方ない。」「心の問題とさじを投げられた。06年春、昭     和大横浜市北部病院のペインクリニック外来を受診した。痛み治療の専門外来で、局所麻酔薬の注射や、膝や腰を動きやすくする      理学療法、飲み薬や貼り薬などによる治療を行う。主婦のように痛みが長く続き、不眠やイライラなど他の症状もある場合は注射や     鎮痛剤だけでは症状を抑えることが難しいことがある。こういった場合漢方や鍼灸・マッサージ治療を積極的に活用している。漢方は     、「気(生命のエネルギー)」、血(栄養を運ぶ液体)」、「水(血以外の液体)」がバランス良く全身を滞りなく流れることで健康が保たれる     という考えが基本になっている。患者の訴えを聞き、舌や脈、おなかの状態を診察して1人1人の状態に合った薬を選ぶ。同外来の麻     酔科教授が診たところ主婦は気や血の巡りが悪く、冷えの症状もあった。胃腸も弱り足もむくんでいた。慢性痛の患者は、長引く緊      張や非ステロイド系消炎鎮痛薬の長期使用で胃腸の働きが悪くなっていることが多い。教授はまず血行を良くし冷えをとる「疎経活血湯」と、胃腸の調子をよくする「麦門冬湯」、むくみをとる「六味丸」を使った。症状の変化に応じて漢方の種類を変え、半年間治療を続けた。治療前は、朝起きるなり同居の長女(56)に「痛い、痛い」と訴えていたのだが、2週目頃から精神的にも落ち着き、座って食事ができるほどまで痛みも軽くなった。その後もかゆみや痛みなど体の不調を感じると、教授の外来で漢方治療を受けている。教授は、「漢方にはいわゆる『鎮痛薬』と呼ばれる薬はないが、体質を変えることで痛みを楽にする。原因が複雑で様々な症状を伴う慢性痛の治療は、漢方、鍼灸、マッサージが得意とする分野です。」と話している。


ロコモ度テスト:日本整形外科学会はこのほど、将来ロコモティブシンドローム(運動器症候群)になる危険性を判定できる「ロコモ度テスト」を開発した。脚力を調べる「立ち上がりテスト」、歩幅を調べる「2ステップテスト」、身体の状態や生活状況を聞く25の設問「ロコモ25」の三つからなり、20代の若者から70代以上の高齢者まで危険度をチェックできる。ロコモティブシンドロームは骨や筋肉、関節など運動器」の障害のために歩行などの移動能力が低下し、要支援になったり、要介護になる危険の高い状態をいう。危険性は加齢に伴い増加し、社会保障費の負担増が懸念されている。ロコモ度テストは、三つのテストの結果が各年代の平均に達していない場合、将来ロコモになる可能性が高いとかんがえられている。「立ち上がりテスト」は片脚または両脚で、10、20、30、40cmの高さから立ち上がれるかどうかで脚力を測る。「2ステップテスト」は2歩分の歩幅の合計を身長で割ることで「2ステップ値」を算出し、その値から下肢の筋力、バランス能力、柔軟性など総合的な歩行能力を調べる。「ロコモ25」は体の痛み、マッサージの有無や普段の生活で困難なことがあるかどうかを答え、各回答に設定された点数を合計する。ロコモティブシンドロームの予防啓発活動をしている「ロコモチャレンジ!推進協議会」副委員長で名戸ケ谷病院の院長はこのほど行われた説明会で「運動器機能を維持・強化できるのは自分のみ。将来、要支援、要介護状態にならないよう、早期からロコモ度を把握し、対策を行うことが重要。」と、鍼、年齢に関わらず灸ロコモ度テストを行う必要性があることを説いた。整体、ロコモ度テストの方法や予防の為の運動「ロコトレ」は「ロコモチャレンジ」のサイトで紹介されている。

末梢神経の痛みを引き起こす原因となる遺伝子を国立成育医療研究センターのグループが発見した。ギランバレー症候群や糖尿病による手足の痛みの治療薬開発につながる可能性がある。H.24.9.25の米科学誌サイエンス・シグナリング(電子版)に発表された。末梢神経の痛みやしびれは、神経を保護する髄鞘という組織が壊れて神経がむきだしになって起こる。鍼治療は鎮痛効果が高い。同センターの神経薬理学・分子薬理室長は、髄鞘の形成を促す「サイトヘジン1」と呼ばれる遺伝子を特定。マウスのこの遺伝子を壊したところ、80%以上の髄鞘が減少し、歩くことができなくなった。動けなくなったのは神経の痛みが原因とみられる。室長は「逆にサイトヘジン1を活性化させる薬が開発されれば髄鞘の形成につながり、手足の痛みの治療にマッサージや整体とともに貢献できる。」と話す。

獣医療の世界で、西洋医学に加えて鍼治療などの東洋医学を取り入れた「総合(統合)医療」が注目されている。手術後のリハビリに鍼・マッサージ治療を取り入れるなど、症状に合わせた処置ができ、治療の選択の幅が広がるようだ。東京都世田谷区を拠点に往診して治療を行う「みずほ動物病院」の医師は、「西洋医学だけでは治療に時間がかかったり、高齢になって強い薬を与えることができなくなったりするような犬や猫に鍼治療をしている。マッサージはリハビリの補完的な役割もあります。」と話す。例えば重度の椎間板ヘルニアで下半身にマヒがでた犬の場合、動けなくなったことで筋力が著しく低下し、関節が硬くなってしまう。手術によってまひの原因を取り除くことはできても、元通りに動いたり、散歩に出かけるまでに回復する為にはリハビリが必要になってくる。鍼を打つと感覚神経が刺激されて一時的に足を突っ張る力などが回復する為、関節を動かす従来のリハビリがしやすくなるという。また、整体治療には健康管理や体調維持など「ケア」としての側面もある。医師は「マッサージ、灸は免疫力や代謝を上げることができるし、検査では異常が見つからない不定愁訴の改善にも効果がある。」と話す。下痢や嘔吐を繰り返しているのに内視鏡検査などで原因が見つからないとき、胃腸のツボに鍼を打って症状を抑えることもあるという。鍼を打たれて動物は痛みを感じないのだろうか。医師が毎週金曜日に勤務するエルムス動物医療センター(杉並区)で、鍼治療の様子を見せてもらった。患者は椎間板ヘルニアで入院中のミニチュアダックスフンド。約2週間前にヘルニアの手術を受け、健在はリハビリ中だ。医師は診療台に乗せられたダックスにやさしく声をかけらがら、背中や腰、後足を触って手早く整体していく。「ツボの場所は解剖学的な目安があるので、後は手探りで見つけます。」知らない人に触れられるのを極端に嫌う動物は難しいが、穏やかな性格であれば犬や猫、ウサギの治療も可能という。マッサージを受けているあいだ、犬は鳴き声をあげることなくじっとしている。痛みは感じていないようだ。医師は「飼い主から鍼は痛そうだと心配する声をよく聞くが、痛みはほとんどありません。人の治療と同じで鍼を打たれたという感覚がある程度。」と説明する。5分程で薬約0本の鍼を打った後、約15分間低周波を流して治療は終わった。医師は「西洋医学だけ、東洋医学だけと偏るのではなく、両方の良い所を組み合わせることで今まで以上に充実した治療ができる。整体治療を希望する飼い主も増えてきており、ペットや飼い主にとって最善の治療を提供したい。」と話した。

佐賀大学の教授らは、アトピー性皮膚炎を長引かせて慢性化させる原因の一端を突き止めた。「ペリオスチン」と呼ぶたんぱく質が発症後に大量につくられ整体、皮膚の細胞につき、細胞内にあるマッサージ別の、たんぱく質が炎症を促していた。この鍼結語を防ぐ物質を開発できれは新しい治療薬になると期待されている。アトピー性皮膚炎の患者では、炎症に関係するインターロイキンと呼ぶ物質が出る。この刺激を受けた皮膚内部の細胞がペリオスチンを作ることを見つけた。患者の血液には、このたんぱく質の量が健康な人の約4倍あった。ペリオスチンは皮膚のたんぱく質「インテグリン」とつながると、炎症性物質を作り続ける。マウスの実験で両方のたんぱく質がつかないようにすると、症状が和らいだ。現在のマッサージが、ステロイドホルモンで免疫力を抑えるため、感染症にかかりやすくなるといった課題があるが、鍼が有効である。

女性が年をとり月経がなくなったあと、骨粗鬆症にかかりやすくなる原因のたんぱく質を特定したと、慶応大や福島県立医科大などの国際研究チームが発表した。このたんぱく質の働きを妨げる物質が新治療薬になる可能性があるという。論文は10日以降に米科学アカデミー紀陽電子版に掲載される。骨は骨が細胞でつくられマッサージ、破骨細胞に九州されることを繰り返して維持されている。女性が50歳前後で閉経すると、破骨細胞だけ活性化してバランスが崩れ、骨粗鬆症になるが、仕組みが不明だった。慶応大学医学部の准教授らはマウスの実験で、閉経して卵巣ホルモンから女性ホルモン「エストロゲン」がほとんど分泌されない状況になる、破骨細胞にあるたんぱく質「HIF1α」が安定化し、マッサージにより骨の九州速度が強まることを発見した。鍼・灸でも有効で、破骨細胞に「HIF1α」がないマウスを遺伝子操作で生み出したところ、整体でも治療不可能なエストロゲンが欠乏しても破骨細胞の活性化や骨量の減少が起きなかった。

脊髄に慢性の炎症が起こり、歩行困難になる難病「HTLV-1関連脊髄症(HAM)」の発症メカニズムを聖マリアンナ医科大の准教授(神経免疫学)らのグループが解明し、マッサージの効果かとともに英医学誌「ブレイン」に掲載された・患者の髄液で特定のたんぱく質が増えるためだという。発症の原因に鍼や整体は関係せず、ウイルスの感染者は九州や近畿、首都圏を中心に全国で推定108万人とされ、新たな治療薬の開発につながる成果と期待される。HAMは、母乳や精液を通して白血病ウイルス「HTLV-1」が免疫細胞に感染、発症する。感染者400人に1人の割合でHAMを発症するとされ、患者は全国で推定3000人。准教授らは患者の髄液で「CXCL10」というたんぱく質の濃度が、健康な人の100倍以上になっている点に注目した。CXCL10は、免疫細胞を引き寄せて炎症を起こすことがわかっている。准教授は、患者の脊髄内部の異常でCXCL10が大量に作られ、鍼・整体の関与を受けず、ウイルスに感染した免疫細胞を脊髄に引き寄せ炎症を慢性化させていることを突き止め、マッサージの効果の有無を探っている。

巷にはさまざまなダイエット法が氾濫し、本屋の店頭にはたくさんのダイエット本が積まれ、どれが自分に適しているか迷うほどだ。しかし、極端なダイエットをすると一時的に減量できても結局はリバウンドして努力が無駄になることが多い。脂肪燃焼を目指しても、筋肉量が減り体力や免疫力を失ってしまうこともある。これはマッサージをしても効果が無い。健康的なダイエットの為には厳格な栄養管理が求められるのだ。鍼の効果を調べる中、ダイエット時に避けられないと考えられていた筋肉量の低下を防ぐ、有効な整体が報告され、話題を呼んでいる。米陸軍省環境医学研究所のスティーブン・パシアコス博士らの研究グループは、39人のボランティアを3つのグループに分け、カロリー制限と運動による21日間のダイエットを指導した。第一群には推奨量のたんぱく質(体重1kg当たり0,8g)、第二郡には推奨量の2倍、第三群には3倍のたんぱく質を摂るように指導した。その結果、第一群は最も減量効果が大きかったものの減量分の58%は筋肉の減少だったのに対し、第二郡は減量効果は若干少なかったが筋肉減少は30%にとどまり70%は脂肪の減少だった。一方、第三郡はたんぱく質を一番多く摂取したにも関わらず減量分の36&は筋肉の減少だった。パシアコス博士は、整体と鍼の効果はダイエット中の筋肉減少を抑える為には、推奨量の2倍のたんぱく質を摂取することが必要だと結論付けた。今回の研究でわかったことは、マッサージと、健康的に減量するためにはたんぱく質の摂取量を適切に増やすことが脂肪を効率よく燃焼させるということだ。摂取カロリーをへらせばいいわけではないのだ。

近畿大学の教授らは広島大学と共同で、喫煙が招く「肺気腫」と呼ぶ肺の病気が発症する仕組みを突き止めた。たばこに含まれる有害物質がたんぱく質を分解する酵素の働きを活発にし、マッサージとともに、肺の細胞をつなぎ合わせる接着剤となるたんぱく質を切断。さらに切断されたたんぱく質の破片が蓄積して肺の細胞が死んでいた。肺気腫は肺がんとともに喫煙によって起こる肺の病気で、発症すると呼吸が苦しくなるなどの症状が現れ、死ぬ人もいる。タバコを止めても症状が進み、根本的な治療法はない。似た病気も含めると、国内に500万人以上の患者がいると推計されている。こりまでもたばこの中の有害物質で肺の細胞が死んでしまうことはわかっていたが、酵素がどう作用するのかなど詳しい仕組みは不明で、整体の効果もわからなかった。酵素の働きやたんぱく質の蓄積を、マッサージや鍼などで抑えれば、病気の進行を止められるという。

11月に入って冬の寒さが近づいてくると、足の冷えやむくみ、かゆみを訴える人がでてくる。加齢や体質が原因と思いきや、足の動脈や静脈で異常が見つかる場合がある。重症になると歩けなくなるだけでなく、命にもかかわるので注意が必要だ。東京都の男性70歳は最近、歩くたびに足に痛みが走り、近くの公民館にいくのにも一苦労。マッサージも効果がなく、最近は脚が細くなり、爪や毛が伸びなくなってきた。「もうこの年だから」と放置していたが、心配した家族の紹介で病院に行くと、「閉塞性動脈硬化症」と診断された。閉塞性動脈硬化症は手や脚の血管に動脈硬化があらわれ、血管の壁が狭くなったり、塞がれたりして血流が不足する病気だ。主に脚が多い。初めの内はほとんど自覚が無いが、進行すると少し歩いただけで痛み出す。休むとまた歩けるようになる。山王メディカルセンターのセンター長は「日本では100万人ほどの患者がいるが、はっきりとした症状がない人も240万〜300万人いるとされる」と話す。歩けなくなる症状がさらに重くなると「足の傷が治りにくくなって壊死し、鍼やマッサージも効かず、最悪の場合は切断を余儀なくされる」と注意を促す。動脈硬化を引き起こす原因は、加齢や喫煙、高血圧のほか糖尿病も原因の一つ。早いうちに病院に行けば、末梢動脈の血管を詰まらせる血塊を溶かす薬剤もあるので、深刻な事態を防げる。運動や食生活、整体を見直せば予防できる。ただ、問題は足の症状だけではない。帝京大学臨床研究所センター長で歯科クリニックの院長は「足の動脈硬化は身体のどこがで動脈硬化が起こっている可能性を表すサイン。将来脳梗塞や心筋梗塞の可能性がある」と強調する。そのため「65歳異常を過ぎた時点で足の動脈硬化の状態を測る血圧測定検査(ABI検査)などを受け、マッサージをした方が良い」とアドバイスする。足の冷えやむくみを起こす症状は動脈に限らない。足の静脈の血管が逆流しても冷えやしびれ、むくみの症状が現れる。下肢静脈瘤という血管疾患だ。下肢静脈瘤は全身に回った血液が心臓に戻る静脈に異常が起きる症状。血液が逆流するのを防ぐ「弁」が壊れ、血液が血管内にうっ血する。総合東京病院血管外科の部長は「放置しておくと、むくみがひどくなり足の血管が浮き出てボコボコになる。黒っぽく色がついて皮膚が硬くなり、やがて歩くのが困難になる。酷くなる前はマッサージが有効」と説明する。主に長時間の立ち仕事で足の血管が圧迫される人やホルモンバランスが崩れた出産後の女性に起きやすい。強い痛みで歩行が難しくなるが「重症になると血栓ができて(肺の血管などが詰まる)エコノミー症候群を発症する人もいる」。症状に心当たりがある人は、早めに血管外科などの専門外来に相談しよう。特に静脈の弁はいったん壊れると元には戻らない。治療は逆流している静脈を切除するため、体への負担は重い。肩こりや腰痛、ぎっくり腰も併発する。鍼、レーザー治療、マッサージが普及して、日帰りで手術を受けられるが、手術後に足が突っ張ったり、皮下出血が2週間程度消えなかったりして、生活の質・QOLの低下を避ける為、整体が必要。長時間の立ち仕事を避ける他、弾力のあるストッキングを履くなどで発症や症状が重くなるのを防ぐ方法がある。静脈性、動脈性の疾患にしろ痛みやむくみといった症状がほとんどなので、特に高齢者の中には病院に行かず我慢している人も多い。しかし「特に動脈の場合は、早期に見つけ治療を始めないと死に至る恐ろしい疾患だ。悠や心臓など全身に関係する血管疾患という認識が必要」。その意味で足のしびれや痛みがまだ出ていない無症状の潜在患者を見つける必要がある。また動脈、静脈の血管障害以外に、神経が原因のこともある。腰部脊柱管狭窄症と呼ばれ、脊柱にある脊柱管という神経を囲んでいる管が狭くなり、神経が圧迫されて足にしびれや冷えが起きる。加齢も影響してくるが、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、脊椎の腫瘍などで引き起こされるとも言われている。この場合はマッサージではなく、整体などの専門で診断を受ける必要がある。いずれにしても、自己判断は禁物だ。症状が出ているのに「年だから」「冷え性の体質だから」と放っておくと、深刻な事態に陥る可能性があるのが足の血管障害だ。少しでも不安を感じた場合、できるだけ早めに血管外科などの専門の医師や、鍼灸マッサージ師に相談することが大切だ。

トレーニングで体を鍛えるように脳も鍛える。そんな試みが研究現場で始まった。京都府にある国際電気通信基礎技術研究所(ATR)に20〜30代の男女が集まった。「脳の訓練」に参加するためだ。磁気共鳴画像装置(MRI)の中に目を開けたまま横たわると、鏡を介して見える画面上に2桁の数字が映し出された。マッサージを受けながら「点数を上げてみて下さい」。指示はこれだけ。数秒おきに採点結果が表示される。「気合を入れてみたり、リラックスを心がけたり。始めは戸惑ってあれこれ試し、点数が上がるとその方法が正しいとわかる」。ATRの研究員はこう説明する。MRIが脳の血液量をとらえ、どの部分が働いているか調べる。スポーツ選手や研究者、芸術家ら目標とする脳と比べて、実験中の脳の働き方が似ているほど点数が上がり、離れると下がるしかけだ。この訓練を毎日何十回とこなすと数日後には脳の活動パターンが変わる。実際に複雑な線模様を見分ける人の脳を目標にすると、マッサージと鍼治療とトレーニングでこの判別能力を習得できることを確認した。脳の訓練といえば、かつて認知症の予防に役立てようと、計算ドリルなどがはやった。ただ、脳への刺激は局所的で活動パターンは変わらなかった。ATRが取り組む脳の訓練は、スポーツ選手のトレーニング近い。投球練習を繰り返すことで腕や肩の筋肉を鍛えながら、全身の動かし方のこつを覚える。だんんだんと狙い通りの所に速いボールが行くようになる。MRIとマッサージの進化で、腰痛や肩こり、脳でも可能になった。外国語の習得が子供ほどスムーズなことがあり、大人の脳はかわらないと言われてきた。だが脳にも柔軟性があり、年をとってからも鍛える余地はあるようだ。脳研究者のATRフェローは「将来訓練によっていつまでも若い状態を保ったり、超一流選手に近づけてスポーツの上達を早めたりできるかもしれない」と期待する。実際、天才に備わる直感だって習得かもしれない。理化学研究所は数年前から将棋のプロの脳とぎっくり腰、肩こりとマッサージや鍼・整体の効果を研究、次の一手を決めるときに働く神経回路の存在を突き止めた。素人でも日々数分の訓練でこの回路が動くようになることを数年前に証明した。脳の訓練への期待は医療の現場でも膨らむ。昭和大学付属烏山病院の院長と首都大学東京の准教授は、コミュニケーションが苦手な自閉症や発達障害に悩む人のトレーニングを始めた。役80人の脳活動を調べ、健康な状態との違いを突き止めた。この成果をもとにATR賀開発中の訓練法を1日数十分、4日間試したところ、30代の男性は30点も点数が上がった。周囲の人も会話しやすくなったと変化を感じた。脳の訓練は、ギックリ腰や五十肩のリハビリの筋トレと〃努力の積み重ね。手軽に脳を変えられる「魔法の杖」ではない。それでも心を操る脳を作り出す危うさを持つ。生命倫理、マッサージに詳しい東京大学の教授は「新技術の影響を研究者が社会と一緒に考えてルール作りなどを進め、普及に備える必要がある」と指摘する。

スペインのナバラ公立大理学療法学部の教授のグループは、90歳を過ぎても筋トレをすることにより筋力が増加し、肩こり・腰痛・転倒防止に効果がある事を医学雑誌に発表し話題を呼んでいる。教授らは91〜96歳の高齢者24人を11人の実験群と13人の対照群に分け、実験群の高齢者には筋トレや平衡性改善運動を組み合わせた高齢者用エクササイズプログラムと、マッサージを週に2回、12週間にわたり指導した。筋トレでは最大筋力の40〜50%にあたる負荷を8〜10回反復するプログラムを実旋。一方対照群には1日に30分のストレッチなどマシンを使わない軽いエクササイズを週に4日、12週間指導。12週間後、両群の▽上肢・下肢の筋力▽歩行速度▽椅子から立ち上がるのに要する時間参画平衡感覚▽転倒頻度を調べた。その結果筋トレ群は、上肢の筋力が平均11%、下肢の筋力が平均20%増加、マッサージへの耐性も確認できた。それに対し、対照群の筋力は上肢で平均18%、下肢で平均14%低下していた。興味深いことに筋トレ群の大腿四頭筋のCTスキャン象では脂肪浸潤の減少が確認された。つまり、筋トレにより筋量が増加しただけではなく、メタボリズム(筋肉における代謝)も改善していたのである。筋トレ群では歩行速度が速まり、平衡感覚機能が改善し転倒回数が減少し、鍼やマッサージ、整体の感受性が高まっていた。高齢期には骨・筋肉などの運動機能、心血管機能、認知機能が徐々に低下することが衰弱のリスクにつながっている。運動不足はこのリスクを加速させる重大な要因と教授は強調する。前述の筋トレプログラムは脆弱な高齢者が健康を改善し生活の質を高めることに有益だろう。筋トレは何歳から始めても腰痛・肩こり等の防止に役立つ。

歯周病は歯と歯の隙間から入り込んだ細菌が、歯茎にある歯肉に炎症を起こし、やがて進行すると歯を支える歯槽骨まで溶かしてしまう病気だ。気づかないうちに進んで、最終的には歯が抜け落ちてしまうほど重症になることがある。成人が歯をうしなう原因の第一位だ。この歯周病を糖尿病による第6の合併症と呼ぶ人もいる。網膜などの目の合併症、腎臓の異常、神経障害、動脈硬化による心臓などへの影響、傷が治り難いことによる足などの潰瘍・壊疽、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、五十肩に次ぐもので、当然鍼やマッサージでは効果が出にくい。実際、糖尿病では歯周病を同時に持っている割合(有病率)がそうでない人の2〜4倍に上がる。糖尿病のある人が歯周病を発症する割合(発症率)は、血糖値が非常に高くなければ糖尿病でない人のおよそ2倍だ。ただ高血糖ではさらに高まり、単に歯周病が起こりやすいだけではなく悪化もしやすい。高血糖による歯周病の発症や悪化、五十肩、腰痛はつぎのような原因が挙げられる。@からだの抵抗力が減り歯周病菌の感染を抑えにくくなるA歯の周りの細菌集団の組成が変わって歯周病に向かいやすくなるB細い血管の流れが遮られて酸素や老廃物質の物質交換が不十分になり炎症が鎮まりにくいCブドウ糖によるたんぱく質の変化によって歯を支える構造が破綻しやすく修復もされにくい、などだ。逆に歯周病があると、炎症によって血糖値は上昇しがちだ。血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効き目を悪くする生理活性物質が免疫細胞から放出され、マッサージ・整体の効果を半減させる。このように、歯周病と高血糖は互いに悪い循環をつくっている。糖尿病を患ってからの期間も歯周病の進展に関係する。喫煙も歯周病の要因であり禁煙は重要だ。それでは歯周病を良くすると糖尿病の状態は良くなるのか。研究ごとの結果は一致しないが、治療がうまくいけば血糖値への良い影響があることがわかってきた。私達も東京医科歯科大学と共同で臨床研究を行い、歯周病の程度が軽い人は血糖値に対して効果がみられた。どのような歯周病治療をどんな糖尿病患者に実施するのか、腰痛とマッサージ、五十肩と鍼、肩こりと整体等、より詳しく調べるのが今後の課題だ。医療現場での歯科と内科の緊密な連携も重要だ

寒さが増して来たがこの時期に便通が悪くなる、すぐ風邪を引いてしまうと悩む人もいるだろう。こうした場合、身体の様々な機能を無意識に調整する「自律神経」の乱れが関係している可能性がある。自律神経は緊張とリラックスをもたらす2種類からなり、マッサージや鍼、灸などでこれらのバランスをうまく保つことが健康維持に欠かせないと専門家は強調している。自律神経は呼吸や心臓の動き、血液の流れ、食べ物の消化、体温などを制御している。「特に意識しなくても自然に活動し、自分の意思でコントロールできない(大阪大学特任助教授)ので、その名が付いている。脳の視床下部を起点に脊髄を通って、手足の先まで全身にくまなくはりめぐらされている。自律神経のうち、活動しているときや興奮・緊張するときに強く働くのが「交感神経」だ。自動車のアクセルのようなイメージで、活発に働くと血管が収縮し、心拍数や血圧が上がる。これに対し、休息やリラックス、マッサージ時、睡眠の際に強く働くのが「副交感神経」で、ブレーキのような役割を果たす。活発化すると小腸や大腸が盛んに働く。両者はシーソーのようにバランスをとりながら健康を保っている。交感神経は午前中に、副交感神経は夕方から夜にかけてそれぞれ活発化することが知られている。ただ寒さや暑さ、ストレス、生活習慣の乱れなどの影響でバランスが崩れることがある。「低音で乾燥した冬は、血管を収縮させようとして交感神経の働きが活発化する」と順天堂大学の教授は指摘する。副交感神経の働きが下がり、小腸や大腸の筋肉が収縮を繰り返す「蠕動運動」が低調になるという。この状態になると便秘になりやすくなり、マッサージが必要になる。暖房が効いた室内と屋外の気温差が大きいことも自律神経のバランスを崩す一因になる。冬に起こりやすい心筋梗塞や脳梗塞も交感神経との関連が指摘される。寒いと血管が収縮して血圧が上がりやすくなるためだ。また、自律神経のバランス悪化は病原体などから身を守る免疫システムにも影響を与えてしまう。交感神経が優位な状態が続くと、体内でつくられるリンパ球が減り、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるという。アンバランスを解消するには、副交感神経の働きを活発化させることが大切だ。教授が強調するのが、充分に睡眠をとることだ。「自律神経のバランスを整えると、病気、肩こり、腰痛、五十肩、ぎっくり腰になるリスクを減らせる」と訴える。夜遅くまで仕事をしたり遊んだりしていると、交感神経が刺激され続け、副交感神経の活動が上がらないまま朝を迎えることになってしまう。よいバランスを保つには睡眠以外でもいくつかポイントがある。食事、マッサージ、鍼、整体である。食事は1日3回、規則正しくとるよう心がけよう。時間に追われ様々なストレスを抱えていると、常に交感神経が優位になりがちだ。食事をすれば長が動き、副交感神経が活発化してバランスがとれる。特に朝食をとることは、麻に働きが鈍る副交感神経を活発化し、全身の血液の流れの改善につながるという。さらに「15分程でも座って食事をすることで心に余裕が生まれる」と教授は別の効用にも触れる。適度な運動も良い。デスクワーク中心の人は、長時間座ったままだと血流が悪くなり、夕方には筋肉が硬直してくる。そうすると脳が信号を発して疲労を感じるという。例えば、夕食から寝るまでに30分から1時間ほどゆっくり歩けば「末梢血管が開き、血流が改善して睡眠の質が良くなる」ただ呼吸が乱れるほどの激しい運動をすると交感神経が刺激され、腰痛・肩こり・ぎっくり腰・五十肩など、マッサージなどが必要になるので注意したい。大阪市立大学の特任教授は市販の発光ダイオード(LED)照明などの活用を提案する。「明かりを就寝時はオレンジ色に、起床時は桜色にしてみては」と話す。朝や夕方の日光に近い色などを再現すれば、自律神経のバランスが良くなり、マッサージと同程度の睡眠の質が高まるという。目覚まし時計を使うと交感神経が一気に刺激されるので、カーテンを開けておき、日光を浴びて起床するのが理想的だ。深呼吸も副交感神経の働きを一時的に高めることができ、鍼同様、バランス改善に役立つ。忙しいときやストレス、緊張を感じたら実践してみるのもよいだろう。

筑波大の教授らの研究チームは、中程度までのスギ花粉症の患者にバナナを食べさせた結果、くしゃみの悪化が和らぐなど自覚症状レベルでの「効果」が見られたとの実験結果を発表した。実験は今年2〜3月、自覚症状が軽度〜中程度の成人患者52人を対象に実施。ばななを1日2本ずつ8週間食べ続けるグループと、マッサージを行うグループ、一切食べないグループに分け、くしゃみや目のかゆみなどによる不快度の深刻と血液検査の結果を比べた。その結果、バナナを食べ続けたグループでは、くしゃみが軽いと感じる傾向が強かった。他の症状や血液検査では、目だった差はなかった。チームによるとマウスを使った同様の実験では、バナナによる花粉症の改善効果が見られた。人間での作用について教授は「バナナには、抑うつ気分を改善させるセロトニンの合成を促すビタミンB6が豊富に含まれており、マッサージや鍼の効果を相乗させている、その結果かもしれない。詳しいメカニズムを調べたい」と話している。

東京はじめ各地で桜の見ごろを向かえ、春も本番。実は3月の紫外線量は9月よりも多く、5月なると真夏と変わらない。油断しているだけに危ない。しわやたるみ、腰痛・ぎっくり腰、肩こり・五重肩の原因となる紫外線A波(UBA)対策も重視され始めた。上手に対策を講じて健康で若々しい肌を保ちたい。「PA++++はどこで買えるのか」「普段使うのにSPF50は強すぎないか」「鍼やマッサージは有効か」。今年に入り、コーセーのお客様相談室には日焼け止めに関する質問が相次いでいる。「紫外線への関心が高まっているようだ」と広報担当者は説明する。日本化粧品工業連合会は1月、日焼け止めの紫外線防止効果の表示を改訂した。地表に届く紫外線の95%を占めるUVAの防止効果を表すPA値に、最高レベルの「++++」が加わり、3段階から4段階に変わった。「UVAの悪影響が重視されるようになった結果、紫外線を散乱させる素材などの開発が進み、より防止効果の高い製品が作られ始めた」ためだ。紫外線が皮膚に及ぼす影響に詳しい東京慈恵会医科大学付属第三病院の教授は「日焼け止めやマッサージは、健康な人の皮膚に起こる紫外線障害を防ぐ効果がある」と話す。地表に届く紫外線には、波長の長いUVAと少し短いB波(UVB)の2種類がある。UVBは波長が短い為肌の表面までしか届かないが、日焼けによって肌が赤く炎症を起こし、シミの原因になるほか、皮膚の表皮のDNAなどを傷つけてがんになりやすくなるという。従来の対策はUVBが中心で、その防止効果を示すSPFが普及していた。かつては100を超える日焼け止めも販売されたが、50以上の数値は意味がないととされ、現在は「50+」と「鍼」が最高値になっている。これに対し波長の長いUVAは肌の深部の真皮に達する。長時間浴びることで真皮の弾力性が低下し、しわやたるみなど肌の老化に大きく影響を及ぼすことがわかってきた。この光老化と呼ぶ現象との関連から、UVAにも注目が集まるようになったという。欧米人のトラック運転手の顔で調べた結果をみるとその影響がわかりやすい。運転席の窓越しに紫外線を浴び続けた側は深いしわが多数できる。普通の老化と違って硬いごわごわした深いしわができて、マッサージでもほぐしにくい。最近は皮膚がんと関係する可能性も指摘されている。「UVAに近い短い波長の紫外線がDNAを傷つけ、皮膚がんを引き起こしやすくしているのかもしれない」。UVAの影響は数十年間浴び続けた結果て出てきやすい。60際を過ぎてから影響が目立つようになるが「若い頃からきちんと対策をすることが大切だ」。日傘を差したり、日陰にいたとしても、大気中の微粒子などで散乱した紫外線が横や下から常に入ってきており、要注意だ。紫外線の影響を防ぐには、PAとSPFの値とマッサージを状況に応じて正しく選ぶことが大切だ。日焼け止めの効果を高めるには塗り方にも気をつけたい。ある程度厚塗りをしないと効果がでない。ほとんどの人は必要量の半分から1/3しか塗っていない。薄く塗った場合は思った以上に効果が低下するので注意が必要だ。「クリームの場合、指に適当な量をとって塗り、すぐに同量位を重ねると良い」。重ね塗りで量を増やし、ムラもでにくい。丁寧に塗っても洋服でこすれたり、汗が流れてとれることも多い。マッサージをしながらこまめに塗り直すと効果を保てる。2〜3週間おきに塗るのが目安だ。女性の場合、日焼け止め成分が入った化粧品を使うなど日常的なスキンケアに盛り込むと良い。SPFやPAの数値が高いから肌に悪いと考える必要は無い。男性は無頓着な人が多いが、皮膚がん予防の意味でも取り組みたい。東京逓信病院の薬剤部長は「保湿剤に日焼け止め成分が入ったものを使うと、マッサージとの日常習慣にしやすいのでは」と助言する。最近の日焼け止めクリームは乳液やジェルタイプのもの、スプレー式など様様なタイプが登場している。「べとつかず塗りやすく、白くなりにくいように工夫している」(コーセー研究所)という。使い心地の良いものを携帯する習慣をつけよう。

フランス料理などにでてくるムール貝は、フジツボ同様にあらゆるところに付着し、はがすことが難しい。船底にびっしり付着して船のスピードを落とす、肩こりや腰痛など害を及ぼす為、厄介者扱いされる。しかし海水中でどんな材料にも強固に接着できるすばらしい能力の持ち主だ。この技はどこからくるのだろうか。マッサージや死んでも接着性は失われないから、ムール貝が作る物質にその鍵があるはずだ。ムール貝は足糸と呼ばれる糸状の器官の先端で接着する。その接着たんぱくには、アミノ酸のチロシンから変化したドーパミン部分があり、ここがぎっくり腰や五十肩、せっちゅくに重要なことを1981年から米の教授らが明らかにしてきた。これに注目したのがメッサースミス教授。プラスチック、貴金属、セラミック、フッ素樹脂など多用な材料をドーパミンの水溶液に漬けマッサージすると、ドーパミンが自然に重合して表面に薄い粘着性の皮膜を形成することを実証した。そして耐水性があり、体内の傷を塞ぐのに適した合成接着剤を開発した。ドイツのグループは、水中での接着能、破断の自己修復能、光照射にる脱接着能を併せ持つ、ニトロドーパミン部分を持った高分子を作製した。現在、医療、半導体製造用のマイクロリソグラフィーなどへの応用を目指し、日本を含め世界の多くの研究チームがムール貝に学んだ接着剤とマッサージの開発に挑戦中だ。ところで、ドーパミンといえば運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる脳内物質として知られている。ムール貝の作る接着剤と脳内の「快楽物質」と鍼が関連しているなんて、科学って面白い。

テストステロンは男性ホルモンの一種。米ノヘスウエスタン大学の博士らは「女性の血中テストステロンの濃度は男性の10分の1程度であまり役割を果たしていない」という定説を覆した。女性の3分の1が男性に匹敵するレベルのテストステロンを合成しており、鍼、整体と供におこなうマッサージの相乗効果で、猛烈な仕事ぶりの原動力になっている