五十肩とは、一つの疾患名(いわゆる病名)ではなく、下記の疾患が複合又は悪化して生じた病体の総称です。
共通の症状は、「肩を動かす時に痛みが生じる」ことで、悪化すると動かなくなります。
肩に痛みが生じた時はまず湿布を貼り(肌がかぶれやすい方は塗り薬タイプの消炎鎮痛剤)、安静にして下さい。一週間経っても軽減しない際は、治療所にてご相談下さい。マッサージ・鍼(針・はり)・灸はいずれの症状に対しても軽減・寛解させることが出来ます。



○長頭腱炎
 
〔病態〕上腕二頭筋腱の炎症。上腕二頭筋腱は、上腕骨頭上で90゜方向転換し、狭い結節間溝と横靱帯に囲まれながら頻回に滑動する為常に機械的刺激が加わっていて、変性・摩滅・炎症が生じやすい部位です。50歳以上では炎症が周囲へ波及し五十肩の発生要因になります。
 
〔対応〕筋肉を使いすぎると、骨の狭い溝の中で腱が移動し摩擦を起こして炎症して、腱鞘炎になります。マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療で痛みや炎症は取り除けますし、血流の循環を改善することで腱の修復もできますが、安静にしていた方が早く治るので、できるだけ腕を使い過ぎないようにして下さい。


○腱板炎
 
〔病態〕加齢による腱の変性が最も基本で、棘上筋脆弱部位(付着部である大結節から1cmくらい)に好発します。変性・損傷が起き、それを修復する為に起きた炎症です。
 
〔対応〕腕を上げる時に使われる筋肉の腱は傷つきやすく、現在炎症を起こしている状態です。マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療と出来るだけの安静で治りますが、放置すると五十肩に移行します。


○腱板断裂

〔病態〕部分断裂・・・表層部・腱内・深層と完全断裂・・・広範囲・中程度・小程度、外傷性と非外傷性、新鮮と陳旧に分類されます。正確な程度・部位の検出にはX線が必要です。

〔対応〕軽度な断裂であればマッサージ・鍼(針・はり)・灸治療でも効果がありますが、正確な状態の把握にはX線による判定が必要なので、医師にご相談頂きます。


○石灰沈着性腱板炎

〔病態〕棘上筋腱に好発します。腱の変性→壊死→治療機転として石灰沈着→沈着物が腱板の表層に移動→腱板外に脱出→肩峰下滑液包に流出、激痛の発現と共に発症→関節部の自発痛と著しい可動制限→滑液包による貪食洗浄作用→石灰吸収、炎症消退し、寛解します。炎症が長期に及ぶ場合は周囲組織に波及し、関節拘縮が起こります。

〔対応〕肩の使いすぎで腱に炎症が起き、治る過程で生じた石灰が腱に溜まり、その石灰が腱を破って出た為に腱に傷口ができ、そこに炎症が発生して痛みが生じています。マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療で痛みと炎症は治り、腱の傷口は炎症が治ると自然にふさがり、出た石灰は吸収され完全に治ります。但し、治療の過程で関節の拘縮を起こす場合があります。


○肩峰下滑液包炎

〔病態〕滑液包内部における充血・浮腫・細胞浸潤などいわゆる炎症性変化です。長頭腱炎・腱板炎・腱板断裂・石灰沈着性腱板炎の二次疾患として発症します。特に棘上筋脆弱部位に起こった炎症は肩峰下滑液包炎に波及し、夜間痛・腫脹・熱間を呈します。他に外傷による一次性の炎症もあります。

〔対応〕上記の疾患と同じく、マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療と安静により治ります。

トップページへ戻る



東京都新宿区西新宿7-10-17 原田整体院(マッサージ・鍼・灸・吸玉)