捻挫とは、関節部に外力が加わり、非生理的な運動を強制された時に生じる関節包(膜)や靱帯などの関節支持組織の損傷と定義されています。
関節支持組織の断裂などの損傷が生じますが、関節面の相互関係は正常に保たれている、すなわち骨は問題ありません。
一般に可動域の少ない関節ほど捻挫しやすく、可動域の多い関節は脱臼を起こしやすいです。
痛んだ組織に微弱電気を流すと組織の回復が早くなりますので、捻挫した直後は患部に鍼(針・はり)を刺して電気を流し、冷却・安静にし、腫れがひいた後、マッサージ・灸治療を行います。

トップページへ戻る



東京都新宿区西新宿7-10-17 原田整体院(マッサージ・鍼・灸・吸玉)