神経痛とは、特定の末梢神経の領域において、その神経の走行に沿って生じる疼痛発作と定義されています。
刺激性の因子が末梢神経に加わり、このため反射性に疼痛をきたすと考えられていますが、病理学的には明確な異常所見は見られず、真の病態は不明です。原因は神経の拘扼、感染症の後遺症、神経の炎症、筋・血管等の圧迫など様々で、それぞれの原因に合わせた治療が必要です。マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療は、鎮痛効果はもとより消炎効果もありますので、これらの疾患に対しても効果があります


【坐骨神経痛】


○椎間板ヘルニア性

〔病態〕線維輪断裂→髄核中の物質が後方に脱出→馬尾神経・神経根圧迫→種々の症状出現

〔対応〕椎間板が神経を圧迫し、圧迫により神経根が炎症を起こし痛みが生じます。マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療は炎症を抑え、鎮痛効果があります。椎間板の飛び出した部分は自然に縮小します。


○変形性脊椎症

〔病態〕(加齢による椎体周辺の変性に起因する複合障害)
椎間板の加齢変性→弾力性低下→椎間腔狭窄→線維輪突出→後縦靱帯圧迫・神経根絞扼。同時に椎体辺縁部の骨膜に刺激、増殖→骨棘形成→馬尾神経・神経根絞扼
※ 肥厚性変形性関節症
1)上記+靱帯肥厚・椎間関節炎・周囲組織浮腫→神経根炎→痛み
2)椎間関節変性→辺縁の骨増殖→黄色靱帯圧迫→椎間孔狭小

〔対応〕坐骨神経の根元にある靱帯(後縦・黄色)がこると神経を圧迫し→神経炎→神経痛が生じます。変形した骨を元に戻すことは出来ませんが、マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療は炎症を抑え、鎮痛効果により日常の慢性的な痛みが減少・消失します。


〇椎間関節症

〔病態〕加齢による関節軟骨の摩耗・消失、辺縁部における骨増殖、関節包の非生理的緊張や肥厚、骨膜の炎症が椎間関節包に分布する腰神経後枝内側枝・関節軟骨部の知覚神経終末を刺激し、腰痛が発生。一つの神経の特定部位に病的変化→神経の支配領域の末梢に放散痛。

〔対応〕背骨の関節が疲労や過荷重により、血行障害が悪くなったり関節炎を起こした結果、腰に痛みが生じます。変形した骨を元に戻すことは出来ませんが、マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療は炎症を抑え、鎮痛効果により日常の慢性的な痛みが減少・消失します。


〇脊椎すべり症

〔病態〕1)分離・すべり症・・・「成長期未成熟の下部腰椎関節突起間部に対する、スポーツなどによる負荷の累積によって起こった疲労骨折」で、第五腰椎に多発。15歳以降の成長停止後には稀発する程度。棘突起が離断し椎体が後方に棘突起を残したまま前方に移動した状態。
     2)仮性すべり症・・・椎間関節の関節症性変化により生じる。第四・第五腰椎椎間部に多発。50歳以下<50歳以上。男:女=1:4〜5。

〔対応〕医師の精査及び病態により医師による治療が必要です。その後、痛みの有無により必要に応じて鎮痛目的のマッサージ・鍼(針・はり)・灸治療を行います。


〇脊柱管狭窄症

〔病態〕先天性のみならず後天的な加齢に基ずく退行性変化によって、脊柱管周辺の骨組織・軟部組織の肥厚による狭小化の為、馬尾神経や神経根の圧迫症状を呈する一群の病態。

〔対応〕脊椎の関節が疲労や過荷重により炎症を起こして腫れ、周囲の血管や神経根を圧迫し痛みが出ます。歩いて痛みが出るのは血行障害が原因です。前かがみの姿勢で痛みがとれるのは関節と神経の間が広がるからです。変形した骨を元に戻すことは出来ませんが、マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療は炎症を抑え、鎮痛効果により日常の慢性的な痛みが減少・消失します。


〇梨状筋症候群

〔病態〕梨上筋の筋膜炎、筋痙縮、肥厚→坐骨神経絞扼、刺激→神経痛(例:歩行中に捻る、物を持ち上げる時に下肢を無理に外転させる、不自然な姿勢で長時間立っている等)

〔対応〕坐骨神経はお尻にある梨状筋という筋肉で覆われているので、この筋肉が疲労等で硬くなると坐骨神経を絞めつけたり、筋肉の炎症が神経を刺激して痛みが生じます。マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療は筋肉をほぐし、神経の締めつけを解消します。

トップページへ戻る



東京都新宿区西新宿7-10-17 原田整体院(マッサージ・鍼・灸・吸玉)