○椎間関節性腰痛

〔病態〕関節包が過伸展し、炎症・出血・部分断裂して急性の腰痛を発したもので、ぎっくり腰の代表的な病態。

〔対応〕急性の場合は、背骨の関節が捻挫を起こし、関節を包む膜が強く伸ばされ傷を生じ、炎症が起きている状態です。慢性の場合は、関節の血流が悪く関節の滑らかさがなくなっていると同時に、関節を包む膜に炎症が起きていたり、靱帯が硬くなっていたりします。
急性・慢性いずれの場合もマッサージ・鍼(針・はり)・灸の治療が効果的ですが、急性期には絶対安静が必要です。


○筋・筋膜性腰痛

〔病態〕最長筋・腸肋筋及び回旋筋・多裂筋を主とした筋群が過伸展→部分断裂→炎症により発痛。慢性化すると局所の炎症により循環障害が起こり、結合組織の増殖・筋膜の肥厚が生じる。又、背筋がオーバーワークになると筋緊張・れん縮が起こり、循環障害・酸素欠乏・疲労物質の蓄積により慢性の筋肉痛が現れる。

〔対応〕急性期には安静、慢性期には痛みの生じない範囲での運動をおこないます。急性・慢性いずれの場合もマッサージ・鍼(針・はり)・灸の治療が効果的です。


○棘間・棘上靱帯の損傷

〔病態〕棘間・棘上靱帯及び棘間筋の過伸展→部分断裂による炎症。

〔対応〕背骨をつないでいる靱帯に強い力がかかり起きた炎症で、マッサージ・鍼(針・はり)・灸の治療が効果的です。


姿勢性腰痛

〔病態〕日常生活における不良姿勢の習慣化→凹円背の固定化→腰部の前彎増強→脊柱起立筋が拘縮→筋の疲労。
又は、脊柱起立筋の過緊張持続→腰椎の前彎増強及び血流循環減少→代謝悪化→筋疲労→筋拘縮を惹起、悪循環の形成。

〔対応〕筋肉の血流が悪く、筋肉がこわばりコリが生じています。マッサージ・鍼(針・はり)・灸の治療の他、姿勢の改善・運動により痛みが軽減・消失します。


変形性脊椎症

〔病態〕加齢による脊椎・周辺組織の病変の総括。(椎間板の変性、椎体の変形・循環障害、椎間関節の関節症性変化、靱帯の肥厚・緊張、傍脊椎筋の疲労等が重なる複合障害)

〔対応〕X線による医師の診察を受け、正確な場所・状態の把握が必要です。手術の必要がない時はマッサージ・鍼(針・はり)・灸治療にて痛みを抑え、医師の指導のもと運動をおこないます。


脊椎すべり症

〔病態〕椎骨が正常の位置から前方に移行している状態。骨格の未発達な成長期(10〜15歳)に起こる疲労骨折が原因によるものを分離すべり症、加齢による腰椎の変性により関節突起間の離断なしに前方にすべるものを仮性すべり症という。(50歳以上の女性に好発)

〔対応〕X線による医師の診察を受け、正確な場所・状態の把握が必要です。マッサージ・鍼(針・はり)・灸治療は痛みを取り除くのに効果的です。


椎体圧迫骨折

〔病態〕転落・交通事故・重量物落下など外傷性のものの他、骨粗鬆症の場合は前屈(爪を切る、靴下を履く)又は尻もちをついて骨折。単純圧迫骨折・粉砕骨折・脱臼骨折に分けられる。

〔対応〕腰が痛く、上記に心当たりがある場合は医師の診察をうけて下さい。マッサージ・鍼(針・はり)・灸は手術後(又は医師が手術の必要はないと判断した場合)に鎮痛目的でおこないます。

トップページへ戻る



東京都新宿区西新宿7-10-17 原田整体院(マッサージ・鍼・灸・吸玉)