《アロエの花》

御存知無い方もいますが

アロエにも花が咲きます。

大きく育つ環境があれば、手を掛けなくても咲きます。

当家は全く何もしていません。

無添加、無肥料、無農薬、無手入れ。100%天然です。


現在平成22年12月上旬です。
平成11年に1鉢¥700で購入した物を
地面に植え替えただけであとは放っておいたのですが
自己増殖を繰り返しました。


視点を変えました。
ここまでくると手が付けられません。


つぼみのアップです。


開きかけているつぼみです。
時々刻々、形態の変化の画像を更新していく予定です。


開いてきております。
ピントの合っていない後の花も眼に見えて開いてきております。
画像を見た患者さんから
「日当たりのいい庭ですね。」
と言われましたが、当家の庭ではなく、市の土地を園芸用に借りています。


下の方が垂れ下がってきました。
上の方はびくともしていません。
上の方まで完全に開ききるのに何日かかるのでしょう。




久しぶりに全体像です。
実はこの左奥にも株分けしたアロエがあります。
近々お披露目致します。


上の方までほぐれてきました。

前回とは視点を変えた全体像です。

前回お話しした株分けした一群です。
実は、株分けして自生させようとしたわけではなく、
本体があまりにすごくなってきたので一部を処分の為伐採し、ここに放置したところ、
いつのまにか自己増殖していました。
これだけでも購入した物の10倍はあります。
生命力の強さ。


景気よく開いてきました。


平成23年1月です。
開花しました。
花として面白いとは言えますが、キレイと言えるのかどうかは・・・

全体像です。
いつもモデルになっているのは、右から2つめの物です。
皆咲き誇っている中で、右下の物だけがかたくなにつぼみのままです。
彼の人生や如何に?

観察後記:平成23年2月、ほとんどが枯れてしまいました。(忍びないので画像はありません。)
右下のつぼみは遂に開くことなく終わってしまいました。


アロエの効用

筋肉・関節疾患:筋肉痛、肩こり、打撲、捻挫、椎間板ヘルニア、変形性関節症、神経痛 など

皮膚の疾患:切り傷、擦り傷、やけど、虫刺され、水虫、ひび、あかぎれ、しもやけ、いぼ、たこ、にきび など

消化器系疾患:神経性胃炎、胃酸過多症、胃酸欠乏症、急性胃炎、急性・慢性・神経性腸炎、胃・十二指腸潰瘍、肝臓病、慢性便秘、痔 など

循環器系疾患:心臓病、高血圧、動脈硬化、低血圧、貧血、脳卒中 など

呼吸器系疾患:風邪、慢性気管支炎、気管支喘息 など

腎臓・泌尿器系疾患:慢性腎炎、膀胱炎、尿道炎 など

代謝疾患・膠原病:糖尿病、痛風、慢性関節リウマチ など

耳鼻咽喉疾患:中耳炎、鼻炎、鼻アレルギー、蓄膿症、口内炎、咽喉炎、扁桃腺炎、歯痛 など

その他:抜け毛、フケ、円形性脱毛症、二日酔い、乗り物酔い、冷え性 など


詳しい活用方法は本などをご覧下さい。

(参考)『ぜったい効く!アロエとアロエベラ』主婦の友社 ¥980+消費税


各疾患・症状に対してはまず医師の診察を受け、その指導のもとで治療を行い、アロエはあくまで補助としてご利用下さい。過信すると大変危険です。又、アレルギーが出る場合がありますので少量ずつお試し下さい。


《メインページ》へ戻る



東京都新宿区西新宿7-10-17(新宿駅西口) 原田整体院(マッサージ・鍼・灸・吸玉)