※PC用のページの為、
スマホではレイアウトが
崩れます。現在スマホ用
のページを作成中です。

《「鍼」の素朴な疑問》

「痛くないの?」

使用する鍼は太さ約0,2mm。注射のような「ブスッ」という痛みはありません。
鍼を体内に入れていき、筋肉の層に当たった時に「ズン」と響く感じがあります。鍼が好きな方はこの感覚が好きです。逆に鍼が嫌いな方はこの感覚が嫌いですが、ほとんどの方は「気持ちいいとは思わないけど、そんなに嫌ではない。」ようです。
「受けた方の主観によるので、実際に受けてみないとわかりません。」というのが実際のところです。


「危なくないの?」

当院では使い捨ての鍼を使用していますので、感染の危険はありません。又、金属疲労から生じる折鍼(鍼が体内で折れること)もありません。
因みに以下の状態の時には鍼は危険です。
@妊娠3ケ月以内又は分娩3ケ月前(医師の許可が必要)
A悪性腫瘍(但し腫瘍局所への刺鍼ではなく、病態に伴う腰痛・神経痛には可)
B出血性疾患(出血箇所以外は可)
C飲酒酩酊時
D伝染病罹患時
E高熱時(38度以上)
F病名不明で重篤時
G精神異常・錯乱時


「効くの?」

一概には言えません。万人万病に効くわけではないからです。
通常は、筋肉・腱・靱帯の損傷で、マッサージで改善される症状に対してはより早く、より効きます。又、マッサージでは効かない症状に対しても鍼なら効果があることが多々あります。特にぎっくり腰直後は患部を直に揉むことはできませんが、鍼なら患部への直接施術が可能です。患者様の容態から効くか効かないかを判断し、効果が望める際は鍼をお勧めします。
もちろん患者様に拒否権はありますので、充分ご納得の上、鍼をお受け下さい。


「どうして痛みがとれるの?」

体表上に感じた感覚は、神経を通って脳に運ばれ、脳が必要に応じた反応を体内に起こさせます。鍼の場合は刺された刺激を感じると、この刺激を痛みと感じ、この感覚を除去させる為に化学的な鎮痛物質を出します。この鎮痛物質が、腰痛・神経痛などの元の痛みの脳への伝導を遮断します。この効果は数日間続きます。詳しい仕組みは以下の通りです。(難しいので興味の無い方は青文字をとばして下さい。)尚、下記の文中にでてくる鍼鎮痛とは、「鍼を刺し、その鍼に一定の連続した刺激を与えると、特定領域の痛覚閾値が上昇する」という定義で、つまり鍼の刺激により痛みを感じる感覚が鈍くなる=痛みを感じにくくなるということです。これをいわゆる鍼麻酔といいます。

キーワードは軸索反射
求心性神経線維終末の受容器を鍼で刺激 
          ↓
軸索の枝分れ部位からインパルスが逆行して末梢に伝わる 
          ↓    
神経末端から神経伝達物質(サブスタンスP、GGRP、カルシトニン)が遊離 
          ↓
血管拡張神経に作用、血管拡張(フレア)と血漿蛋白の漏出(膨疹=浮腫)が生じ血行が盛んになる。これは神経性炎症(※)で、生理活性物質が盛んに出る。ポリモダール受容器が効果器の働きをする。
要約:刺鍼による軸索反射が血流を促進し、疼痛物質を排除する。

鍼灸治療は刺激により施術局所に一過性の小炎症を起こす。この炎症が免疫=生体の防衛能力亢進に繋がる。特に灸の場合は火傷により高度の炎症を引き起こし、LPF(下記参照)などの働きで白血球増多による消炎効果も著しく、又、異種蛋白の血中吸収も加わり、鍼灸による生体防衛能力亢進・白血球増多・消炎作用をもたらすとされている。
※炎症:刺激による生体の防衛反応。刺激により強い細胞障害が起きると、局所の血管・リンパ管・組織細胞が反応を起こし、有害な刺激物を炎症局所に固定し、最終的に生体から排除させる。炎症の生化学的な特質は、傷害された細胞からリコウタキシン(炎症拡散因子。炎症時、毛細血管の透過性を高め、白血球を血管外に送り出す。)・LPF(非拡散性・骨髄性白血球増多因子。)・ネクロシン(炎症拡散抑制因子。血管内皮を破壊し血管内に繊維性血栓を、又リンパ管閉塞を起こし、炎症部の組織を傷害する。)・パイレキシン(炎症の際の発熱因子。)など発育促進物質が遊離されることである。尚、炎症反応を起こす化学伝達物質はオータコイド(ギリシア語で「自分自身を調節する物質」の意)類に分類され、PG(プロスタグランジン)・ブラジキニン・ヒスタミン・セロトニン・サイトカインなどがある。炎症で起こる発赤はPGの作用で細動脈が拡張される為で、腫張はブラジキニン・ヒスタミンが血管内皮細胞を収縮、細胞間隙を拡大させ血漿が漏出することにより起こる。疼痛はブラジキニンが痛覚受容体付近でPGを生成し、そのPGが痛覚受容体の感覚閾値を下げ痛みを発生させ、熱感は血管拡張により高温の血液が局所を循環する為に起こる。ところでPGはアラキドン酸から生成されるが、わずかの構造変化で気管支、胃腸管、子宮などの平滑筋を収縮もしくは弛緩させるという相反する作用を起こす。つまり細胞単位で生成物にわずかの構造変化を起こさせ、薬理効果の異なる最適のPGを作り出しているのである。鍼・灸・マッサージの治療についても、同じ経穴を用いて機能亢進又は減弱という相反する作用を起こさせる(※)ことについて、刺激により分泌された化学伝達物質についての分析がなされることを希望する。疾患とは情報伝達系統の乱れから生じ、これを鍼・灸・マッサージの生体に対する作用によって適正に調節することが治療目的になる。
※ 何故同じ経穴を用いて相反する作用をもたらせることができるのか。それは生体のフィードバック機能によるものとされている。生物は内外の環境変化(内はウイルスや細菌の侵入、感情の起伏等、外は気候、振動、騒音等)により生体内の環境が変化する。それは悪寒・吐き気・発汗・痛覚・疲労感・発熱等、いわゆる体調不良や風邪の症状として表れたりする。この変化に対し、身体を元に戻そうとする機構が自律神経の中枢である視床下部にあり、内外の刺激を受け、興奮又は抑制・ホルモンの分泌等により恒常性を保っている。鍼灸は、疾病により異常な生体機構の原因箇所に働きかけ正常な状態に戻す、フィードバックの賦活を目的とする治療法であり、神経系に対しては痛覚・熱覚により、体液系に対しては炎症の出現により、フィードバックの過不足により起こる異常機転を矯正する。

生体の状態と現象
生体の特定領域の痛覚閾値が上昇(痛みが感じにくくなる)⇒痛覚鈍麻−鍼刺激により内因性鎮痛機構が賦活(活性)

1)炎症組織ではマクロファージやリンパ球からオピオイドペプチドが産生・放出 → オピオイド(※)は侵害受容器に発現したオピオイド受容器と結合し、受容器の興奮を低下させ、鎮痛発現をもたらす。
※鍼灸刺激によるオピオイドの発見:局所炎症と痛みに関連して興味深い事実がある。実験的に炎症を起こさせた組織では、βエンドルフィンやメチオニンエンケファリンなどの内因性オピオイドが種々の免疫細胞(BT細胞、単球、マクロファージ)で産生されていることが明らかにされている。これらの末梢組織で産生されるオピオイドが局所の鎮痛効果に関与していることが実験的に実証。この局所の鎮痛効果は免疫細胞で産生された内因性オピオイドが侵害受容器に発現したオピオイド受容体に結合しその興奮性を低下させた結果と考えられている。又、炎症組織の免疫細胞からオピオイドを放出する因子としてCRF(コルチコトロピン放出因子)やIL−1(インターロイキン1)が知られており、生体でのCRFやある種のサイトカインが炎症に対し鎮痛効果をもつのは、その一部に局所のオピオイド放出によるものと考えられている。これはマッサージで起こるとは考えられない。
2)オピオイド受容体(神経伝達物質の受容体)−内因性モルヒネ様物質(=麻薬様作用物質)の受容体
 エンケファリン(脊髄において抑制作用)は脊髄後角に存在するδ受 容体と結合
  ダイノルフィン(後角ニューロンに対し抑制と興奮作用)は後角に存在するκ受容体と結合
  エンドルフィン(ほとんど存在しない)はμ受容体と結合
 上記の拮抗物質はナロキソン。前投与すると鍼鎮痛は起こらない。オピオイド受容体は中枢神経(脳・脊髄)・消化管などに存在する

鍼鎮痛と内因性モルヒネ様物質の関連については、
@鍼鎮痛の出現に10〜30分かかる
A鍼刺激を中止しても鍼鎮痛が20〜30分持続する
Bナロキソン投与により鍼鎮痛が出現しない
上記によりその関連が示唆される。(証明されたとはいえない。)
※ 脊髄クモ膜下腔内への抗メチオニンエンケファリン血清の投与により鍼鎮痛出現せず。∴脊髄内求心路にメチオニンエンケファリンが関わっている。

ドーパミンの放出
鍼刺激 → 弓状核中央部 → (2方向に別れ)一つはドーパミンニューロンを活動。もう一つは下垂体からβエンドルフィンを遊離、活動しているドーパミンニューロン終末に作用 → ドーパミン放出

痛覚抑制
鍼刺激 → 中脳中心灰白質背側部 → 視床下部 → 弓状核中央部にてドーパミンニューロンの介在により弓状核後部へ下行性痛覚抑制系を作動。(2方向に別れ)一つは縫線核系を経て脊髄を下行するセロトニン系の下行性抑制系。もう一つは傍巨大神経細胞核を通るノルアドレナリン系の下行性抑制系 → 両抑制系は脊髄後側索を下行し、脊髄後角で末梢から入力された痛覚情報を脊髄全体に渡って遮断する。

効果の有無
ラットによる実験では効果の有る群と無い群の比は3,6:1。無効群にD−フェニルアラニン(エンケファリン分解酵素の阻害剤)を前投与すると効果出現。∴脊髄内のメチオニンエンケファリンの分解酵素活性が弱いと鎮痛効果が出現しやすい。


負傷電流の効果
体内では常に電流が流れており、刺激・興奮が電流の負・正を変化させ、細胞レベルでの身体の活動を起こす。筋肉や神経を傷つけた時に起こる電流を負傷電流というが、刺鍼により局所に負傷電流が起き、数日間に渡って持続する間、炎症が起こった結果による白血球の集合が鍼の消炎効果を発現させる。さらに刺鍼した部位の周囲には電気緊張が起こり、被刺激性及び興奮の伝導は阻害される。筋繊維では適当な間隔で三箇所に刺鍼することで、伝導が遮断されることがある。これが鍼の鎮痛鎮痙効果のひとつである。この現象はマッサージやいわゆる整体では起こらない。

《トップページ》はこちら
《地図》はこちら
《料金表》はこちら
《治療の流れ》はこちら
《保険が使えるとき》はこちら
《施術者紹介》はこちら

東京都新宿区西新宿7-10-17 原田整体院(マッサージ・鍼・灸・吸玉)

《鍼の種類》はこちら