骨折・脱臼の際は、

レントゲンにて怪我の状態を正確に把握し、きちんと整復できる柔道整復師(接骨院・整骨院)を受診して下さい。



打撲の際は、

@アイシングを行います。
※ ビニール袋に、患部を完全に覆える量の氷と、凍傷防止に少量の水を入れる。
  氷をできるだけ平らに並べ、冷却効果を上げるために袋の口から空気を吸い込み、ビニール袋内の空気を抜く。
  患部に当て包帯、タオル等で巻きつける。
  痛さ・冷たさを感じなくなったらはずす(10〜20分間)。
A氷をはずし、患部を圧迫する為に綿花を当て包帯で巻きます。但し強く巻き過ぎないようにして下さい。
Bできるだけ動かさないように安静にして下さい。
※ 切り傷等外傷がある場合は、傷をよく消毒し、絆創膏を貼った上で冷却・包帯をして下さい。

C念の為、医師の診察をお受け下さい。
※ 医師の診察を受けない場合は、上記のアイシングを24〜36時間おこなって下さい。又、アイシングは捻挫や急性の筋肉痛にもおこなって下さい。

 

トップページへ戻る

 


東京都新宿区西新宿7−10−17 原田整体院(マッサージ・鍼・灸・吸玉)