《鍼の種類》




院内で用意している鍼です。左から、

皮内鍼(置鍼)
和鍼(日本鍼)2本
中国鍼6本
鋒鍼(山稜鍼)
ひ鍼

この中で常用しているのは左の3本と右から4本目です。
右の2本は医師法に抵触する可能性があり、使用しません。
又、右3本目は通常使用する鍼よりかなり太く、未だかつて使用したことはありません。




通常はこちらの鍼を使用します。上の鍼は太さが0,2mm、下の鍼は0,18mmです。
※ 上の写真の上にマウスポインターを乗せると、鍼を刺している画像に変わります。



和鍼と縫い針(真中)の太さの比較です。



“院内で用意している鍼”右から3本目と縫い針と和鍼の太さの比較です。



上の写真のアップです。
一番上の中国鍼の太さは1mmです。1mmというと数字の上では太くないように思われますが、
縫い針より太く、実物を見るとかなり迫力があります。



最太の中国鍼と通常使用する和鍼です。
通常は下の鍼を使用します。ご安心下さい。




一番上の鍼は長過ぎる為、“院内で用意している鍼”では紹介していません。



上の写真のアップです。
上から順に、15cm、6cm、4cmです。
15cmの鍼は太さ1mmの中国鍼同様、未だに使用したことはありません。



これは提鍼といい、刺すのではなく、押し当てて刺激を与えます。
鍼が嫌な方で、痛みのピンポイントが指先より小さい場合や、
私は鍼を打つ(刺す)場所のマーキングをする際にも使用します。

《トップページ》へ戻る
《鍼の素朴な疑問》へ戻る

東京都新宿区西新宿7-10-17 原田整体院(マッサージ・鍼・灸・吸玉)